中年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中年(ちゅうねん)とは成人として中くらいの年齢。すなわち壮年期を過ぎたころから高年期の域に入る前までを指す。35歳から64歳までを指す事が多い。ミドル[注釈 1]朱夏(しゅか)とも。

厚生労働省の一部資料(健康日本21など)では、幼年期0 - 5歳、少年期6(小学生) - 14歳、青年期15(社会人・高校生等) - 29歳、壮年期30 - 44歳、中年期45 - 64歳(?)、高年期65歳 - という区分をしたものもあり、壮年期の定義も一定いない。またNHK放送文化研究所が実施したアンケートによると中年は40歳以上[3]という一つの結果がある。

高年齢者雇用安定法における定義[編集]

「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」(略称:高年齢者雇用安定法)において、45歳以上の者を「中高年齢者」、65歳以上の者を「高年齢者」という[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ミドルを中年の意味で使う用法の語源は、英語の middle age である。ミドルから派生した語として、魅力的な中年男性を意味するナイスミドル (和製英語: nice middle)、魅力的な中年女性を意味するナイスミディ (和製英語: nice middy) がある[1]。ナイスミディは1980年代中頃に広く認知されるようになった[2]。英語では、中年の人は middle-ager、中年の人を集合的にいうときは the middle aged という。

出典[編集]

  1. ^ 坂田俊策 『NHKカタカナ英語うそ・ほんと』 日本放送出版協会1988年5月20日、59頁。ISBN 4-14-018006-4
  2. ^ Kittredge Cherry (2017). Womansword: What Japanese Words Say About Women. Stone Bridge Press. ISBN 978-1-61172-029-7. 
  3. ^ 「中年」は何歳から何歳まで? NHK放送文化研究所 2015年4月1日
  4. ^ 高年齢者等の雇用の安定等に関する法律施行規則(昭和46年労働省令第24号)

関連項目[編集]