面白半分

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

面白半分』(おもしろはんぶん)は、佐藤嘉尚が1971年に興した株式会社面白半分が発行した月刊誌。初代の編集長に吉行淳之介を迎え、同年12月に創刊(1972年1月号)した。編集長は人気作家が(原則)半年毎に交代していた。1980年に倒産して廃刊となった。

経緯[編集]

吉行淳之介が『朝日新聞』に掲載したエッセイの「『日本軽薄派』という雑誌を作ってみたい」という一文を見た佐藤が、宮武外骨の雑誌『面白半分』(1929年)[1]に倣った雑誌の出版を発案した。吉行の協力を取り付けるが、所属していた大光社が閉鎖されたため、城南洋紙の社長・青沼繁汎の援助を得て、「面白くてタメにならない雑誌」として刊行した。創刊号は96ページ、150円、3万部発行。編集長は吉行の後、野坂昭如開高健五木寛之藤本義一金子光晴井上ひさし遠藤周作田辺聖子筒井康隆半村良田村隆一一松二生が交代で務めた。

野坂編集長時代の1972年に永井荷風作と言われる春本「四畳半襖の下張」を全文掲載し、わいせつ図書で摘発された(四畳半襖の下張事件)。これについて裁判特集臨増号4冊(通巻23、35、55、60号)を発行して世論に訴えた。

大日本肥満者連盟(大ピ連)結成でも話題となった。

1980年に発行人が編集長となるが、同年7月5日に負債9200万円で倒産した。9月 - 11月号が休刊となり、「四畳半襖の下張事件」の最高裁の裁判宣告結果通知書を巻頭に掲げた12月号「臨終号」が最後となった。

各編集長時代[編集]

  • 吉行淳之介(初代)
「随筆」は原稿料が高く付くということで「随舌」と題して、創刊号では大岡昇平金子光晴開高健が登場、この連載は終刊まで続いた。「奇人外伝」「変わった人物インタビュー」など掲載。
  • 野坂昭如(2、8代)
「四畳半襖の下張」の特集で、1972年7月号が発禁。佐藤、野坂は有罪判決となる。しかし、1976年の一審から丸谷才一五木寛之、井上ひさしなどの反論もあり、雑誌の知名度が一気に高くなり、毎号完売状態となった。
  • 開高健(3、10代)
対談「随時小酌」、コラム「トイレ探訪」「私の葬式」などを掲載。
  • 五木寛之(4代)
「日本腰巻文学大賞」を開催し、8回連載。第1回受賞は、新潮社山口瞳『酒飲みの自己弁護』。ソンコ・マージュ「ギター無宿世界放浪記」が人気となる。
  • 藤本義一(5代)
各方面から集めた「没」原稿特集(1974年2月)、竹中労「あえて美空ひばりを弁護する」、大島渚「縁起の悪い話」、阿奈井文彦「三途の川を渡る」、対談「加虐被虐是好日」などが話題となる。
  • 金子光晴(6代)
「面白半分電話対談」で第1回は北杜夫VS佐藤愛子
  • 井上ひさし(7、14代)
特集「テレビ、人間、…」「テレビお偉方身元調査」など、テレビに関する記事で特徴を出した。
  • 遠藤周作(9代)
「神父さんの好奇心座談会」、講談「四畳半年増の色張」、井上洋治神父とトルコ嬢の「激烈対談」など掲載。
  • 田辺聖子(11代)
匿名座談会「男性作家読むべからず」ただし出席者の佐藤愛子、中山あい子、田辺聖子は写真掲載していた。筒井康隆「腹立半分日記」連載開始。高橋孟「海軍めしたき物語」(1977年1月-)は単行本化されてベストセラーとなった。
  • 筒井康隆(12代)
クレージーな持ち味で人気が高まり、発行部数も増加。編集長も延期して1年間務めた。山下洋輔全冷中顛末記」、タモリハナモゲラ語の思想」連載。タモリの原稿が締め切りに間に合わず、4ページ分が何も印刷されず真っ白のまま店頭に並んだ事がある。
  • 半村良(13代)
パロディー連作「南千家流」、特集「皇居再利用計画」「次期元号は"早稲田"(法政でも可)に決定」など。
  • 一松二生(14代復活版その後無期休刊)
表見方法に苦心し動物編や親子会話編などを多用し現在ネット文学として広まる四コマ小説に繋げた。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 宮武は1923年に同名の著書も刊行している。