中戸川吉二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中戸川 吉二(なかとがわ きちじ、1896年(明治29年)5月20日-1942年(昭和17年)11月19日)は、北海道釧路区(現釧路市)生まれの小説家

農場を営む素封家の次男として生まれる。幼少時に上京し、西片の誠之小学校(現文京区立誠之小学校)に通う。明治大学中退。釧路在住を経て、里見弴に師事。1923年(大正12年)雑誌「随筆」を創刊。代表作に「イボタの虫」、「兄弟とピストル泥棒」がある。1921年、里見の許に来ていた吉田富枝と恋仲になり、その処遇をめぐって里見と関係が悪化、富枝と結婚するが、その経緯を小説『北村十吉』として、里見は「おせつかい」として書いた。牧野信一の才能を評価し、牧野らとともに雑誌「随筆」を発刊。また里見、吉井勇田中純らの雑誌『人間』にも参加、第5次『新思潮』の同人でもあったが、次第に創作から手を引き、もっぱら批評家として活躍した(盛厚三『中戸川吉二ノート』、小谷野敦『里見弴伝』)。里見弴の『銀二郎の片腕』は中戸川の体験談をもとにして書かれた。

著作[編集]

  • 「団欒の前」 東京堂 1918
  • 「イボタの虫」新進作家叢書 新潮社、1919
  • 「反射する心」新潮社 1920
  • 「縁なき衆生」 聚英閣 1920
  • 「青春」1921
  • 「友情」新潮社、1921
  • 「北村十吉」 叢文閣 1922 のち本の友社より復刻
  • 「中戸川吉二選集」 渡辺新生社 1923
  • 「中戸川吉二三篇」 エディトリアルデザイン研究所 2000.5 (EDI叢書)
  • 「中戸川吉二作品集」勉誠出版 2013

外部リンク[編集]