平田次三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平田 次三郎(ひらた じさぶろう、1917年10月30日 - 1985年10月28日)は、日本の評論家、ドイツ文学者。

福島県生まれ。1941年東京帝国大学文学部独文科卒。在学中、山下肇堤重久小島輝正らと同人誌『新思潮』を刊行。卒業後、逓信省内務省嘱託・明治大学講師などを経て、中央大学教授。戦後から文芸評論活動を始め、1947年春『近代文学』同人となり、編集者としても働く。荒正人とともに夏目漱石論などを書いた。中大在職中に死去。

著書[編集]

  • 『夏目漱石』近代文学社 1948
  • 『三つのソ聯紀行』河出書房 1948
  • 『青春と頽廃 文藝評論集』東西文庫 1948
共著

翻訳[編集]