手塚富雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

手塚 富雄(てづか とみお、1903年11月29日 - 1983年2月12日)は日本のドイツ文学者

経歴[編集]

栃木県宇都宮市生まれ。旧制第一高等学校を経て、1926年東京帝国大学文学部独文科卒。旧制松本高等学校教授、1943年東京帝国大学文学部独文科助教授、1949年東京大学教授、1961年東京大学文学博士、「ゲオルゲとリルケの研究」。 1964年定年退官後は立教大学教授、共立女子大学教授を歴任。1967年日本学士院会員、1981年文化功労者

第8次『新思潮』同人時代は小説を執筆している。ドイツ文学の研究、翻訳に専念した。ゲーテヘルダーリンゲオルゲリルケなどに関する著作のほか、ゲーテ『ファウスト』(読売文学賞受賞)を初めとする訳業で知られる。弟子に生野幸吉川村二郎高橋英夫西尾幹二ら多数がいる。

著作[編集]

  • 『帰り行くひと』 育生社 1948。創作集
  • 『ドイツ近代詩人論』 生活社 1949
  • 『一青年の思想の歩み ある魂と政治と』 要書房 1951/河出文庫 1954/講談社「名著シリーズ」 1969(改訂版)
  • 『社会の橋を』 読売新聞社 1953
  • 『西欧のこころをたずねて』 河出新書 1955/燈影舎〈燈影撰書12〉 1988(重版2010)
  • 『現代知性全集 17 手塚富雄集』 日本書房 1959
  • 『ゲオルゲとリルケの研究』 岩波書店 1960、改訂版1968
  • 『ドイツ文学案内』 別冊岩波文庫 1963
  • 『いきいきと生きよ ゲーテに学ぶ』 講談社現代新書 1968/サンマーク文庫 2008
  • 『ものいわぬ日本を考える』 筑摩書房 1972
  • 『手塚富雄著作集 (全8巻)』 中央公論社 1980-81
  1. ヘルダーリン 上
  2. ヘルダーリン 下
  3. ゲオルゲとリルケの研究 上
  4. ゲオルゲとリルケの研究 下
  5. ドイツ文学論
  6. ドイツ文学あれこれ
  7. 文芸・文化評論
  8. 回想と随想
  • 『人類の知的遺産 45 ゲーテ』 講談社 1982
  • 『ヘルダーリン (上下)』 中央公論社 1985 (著作集の改訂単行判)

主な訳書[編集]

記念論集[編集]

  • 『ドイツ文学における伝統と革新 手塚富雄教授還暦記念論文集』 国松孝二ほか編、筑摩書房 1965

関連項目[編集]