生野幸吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

生野 幸吉(しょうの こうきち、1924年5月13日 - 1991年3月31日)は、日本ドイツ文学者詩人小説家東京大学名誉教授

経歴[編集]

東京・高円寺生まれ、1947年、東京帝国大学法学部政治科卒業、1951年、東京大学独文科卒、助手となる。

1954年、東京水産大学講師、1954年から 1955年にかけて、ドイツ学術交流会の奨学金によりミュンヘン大学に留学[1]、1961年、東京大学教養学部講師、1964年、東京大学文学部助教授、1973年、教授。1985年定年退官。

その後、大阪経済法科大学教授、1986年、千葉大学教授[2]。1991年3月31日死去[3]

詩人として「歴程」同人、1966年、「生野幸吉詩集」で高村光太郎賞受賞。詩集に「浸礼」。また小説集「私たち神のまま子は」「徒刑地」がある。

詩集・小説[編集]

  • 『飢火』河出書房 1954
  • 『生野幸吉詩集』思潮社 1966
  • 『生野幸吉詩集』思潮社(現代詩文庫), 1969
  • 『私たち神のまま子は』新潮社 1970
  • 『徒刑地』中央公論社 1971
  • 『氷期』文学書林, 1975
  • 『杜絶』詩学社, 1988

評論[編集]

翻訳[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Dierk Stuckenschmidt (Hrsg.), DAAD: 50 Jahre - 30 Jahre Austausch mit Japan. Erinnerungen japanischer Wissenschaftler und Künstler an ihre Studienzeit in Deutschland. ドイツ学術交流会(DAAD)Tokyo 1985. S. 71-72. - 濱川祥枝『續ひとくぎり』私家版 1994、「追悼 I 生野幸吉君のこと」89-97頁中の89-90頁。
  2. ^ 濱川祥枝『續ひとくぎり』私家版 1994、「追悼 I 生野幸吉君のこと」89-97頁。
  3. ^ 追悼文として濱川祥枝『續ひとくぎり』私家版 1994、「追悼 I 生野幸吉君のこと」89-97頁。- 三光長治「稀有の人――生野幸吉のこと――」近藤久寿治編『ラテルネ』69号 同学社 1993、1(近藤孝夫編『ラテルネ記念綜輯号(III)――61号~90号――』同学社 2004年10月、162-163頁)- 神品芳夫「さあれひかりは熱し――生野幸吉氏追悼――」『図書新聞』平成3年4月20日号(転載:近藤久寿治編『ラテルネ』66号 同学社 1991、9;近藤孝夫編『ラテルネ記念綜輯号(III)――61号~90号――』同学社 2004年10月、118-119頁)- 檜山哲彦「鶴の形――生野先生の思い出――」近藤久寿治編『ラテルネ』66号 同学社 1991、9(近藤孝夫編『ラテルネ記念綜輯号(III)――61号~90号――』同学社 2004年10月、119-120頁)。