浅野晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

浅野 晃(あさの あきら、1901年8月15日 - 1990年1月29日)は、日本の詩人国文学者立正大学文学部教授立正大学名誉教授)。石川県出身。

来歴[編集]

1919年に東京府立第一中学校(現・都立日比谷高校)、1922年第三高等学校1925年東京帝国大学法学部を卒業。

在学中大宅壮一らと第7次『新思潮』を創刊[1]1923年には新人会に入る。東大経済学部大学院を退学し、野坂参三産業労働調査所所員。1926年日本共産党に入党、福本イズムの信奉者となった。1927年秋、社会運動家伊藤千代子と結婚。1928年三・一五事件では検挙され翌年転向[2]1930年6月水野成夫らによる「日本共産党労働者派」(いわゆる解党派)の結成に参加したがほどなくしてこの運動は消滅する。

その後はショーペンハウアーフロイトに傾倒し、国粋主義に走った。評論を書き始め、皇道文学確立を主張、大東塾出版部顧問、また同塾系列の新国学協会同人。日本浪曼派に属した[1]

1955年立正大学文学部教授となり、1976年の定年まで勤める。1964年には詩集『寒色』で第十五回読売文学賞を受賞。1990年、心不全で逝去。

三島由紀夫は1967年に、浅野が大東亜戦争太平洋戦争)海戦戦没者を弔った詩集「天と海」に惚れ込み自ら朗読し、レコード録音を行っている。 1970年11月25日自決に際して、浅野は追悼回想と詩「哭三島由紀夫」を捧げている。

著書[編集]

  • 『帝国主義論の武器を如何に把握すべきか』叢文閣 1927
  • 『マルクス的方法の形成 「哲学の貧困」に於ける問題の提起と問題の解決』叢文閣 1927
  • 『詩歌と民族』平凡社 1936
  • 『時代と運命』白水社、1938
  • 『青墓の処女』作品社 作品文庫 1938
  • 『文化日本論』作品社 作品文庫 1938
  • 岡倉天心論攷』思潮社 1939。永田書房 1989
  • 『読書と回想』赤塚書房 1939
  • 『悲劇と伝統 評論集』人文書院 1939
  • 秀衡の女 他二篇』赤塚書房 1939
  • 楠木正成』ぐろりあ・そさえて 1940
  • 『明治の精神』黄河書院、1940
  • 『国民文学論』高山書院 1941
  • 『古典の精神』黄河書院 1941
  • 『青春の再建』実業之日本社 1941
  • 『西洋二千年史』第一書房 1941
  • 『日本精神史論攷』文明社 1941
  • 『浪曼派以後』協力出版社 1941
  • 『国学綱要』大同印書館 1942
  • 『古典と純粋』小学館 1942
  • 『文芸の道』中央公論社 1942
  • 樗牛と天心』潮文閣 1943
  • 『米英思想批判』日本思想戦大系 旺文社 1943
  • 『遠征前後』日本文林社 1944
  • 『少年太閤記 地の巻』玉村吉典金鈴社 1944
  • 『ジャワ戡定余話』白水社 1944
  • 橘曙覧大日本雄弁会講談社 1944
  • 大楠公』大日本翼賛壮年団本部 1944
  • 『明治文学史考』万里閣 1944
  • 山本元帥遺詠評釈醜の御楯』金星堂 1944
  • 『快癒期の諸思想 浅野晃文芸論集』東京玄文社 1949
  • 石川啄木』祖國社、1949年
  • 『贖(あがない) 賀川豊彦の小説化』東光書房 1952
  • 『共産病患者の病理 わが体験と同志の批判』民主日本協会 1953
  • 吉田松陰 幕末の先覚者』伊藤幾久造偕成社 偉人物語文庫 1953
  • 『現代の詩』元々社 民族教養新書 1954
  • 『戦国名将伝 肚と智勇の達人』木俣清史絵 偕成社 偉人物語文庫 1954
  • 源頼朝 鎌倉文化の建設者』安以行孝絵 偕成社 偉人物語文庫 1954
  • 宮沢賢治 愛と土の詩人』高木清絵 偕成社 偉人物語文庫 1954
  • 宮本武蔵 剣聖』伊藤幾久造絵 偕成社 偉人物語文庫 1954
  • 『明治昭和文学物語 明治大正から現代まで』偕成社 新百科 1954
  • 『主義にうごく者』日本教文社 教文新書 1955
  • 『明治大正昭和史物語』偕成社 新百科 1955
  • 『現代を生きる』明徳出版社 師友選書 1957
  • 『世界近代文学物語』偕成社 新百科 1957
  • 『岡倉天心』明徳出版社 師友選書 1958
  • 「少年少女日本史談」偕成社、1958-59
1『古代の英雄たち 上代から平安朝まで』梁川剛一
2『源氏と平家 源平合戦から鎌倉時代へ』柴宗広絵 1958
3『蒙古来と南北朝 鎌倉時代から室町時代へ』柳瀬茂絵 1959
4『戦国の名将 応仁の乱から戦国時代へ』伊勢良夫絵 1959
5『信長秀吉 織田・豊臣の天下平定』佐藤広喜
6『徳川盛衰記 関が原合戦から江戸時代へ』柳瀬茂絵
7『幕末の風雲 黒船から維新へ』柳瀬茂絵
8『明治・昭和の嵐 近代日本の躍進』柳瀬茂絵
  • 「少年少女世界史談」偕成社、1960-61
1『ギリシアの英雄』梁川剛一絵 1960
2『ローマ盛衰記』石田武雄
3『アジアの嵐』村上松次郎絵 1961
4『新時代の巨人』武部本一郎絵 1961
5『自由の叫び』梁川剛一絵 1961
6『皇帝ナポレオン松田穰絵 1961
7『風雲のヨーロッパ』武部本一郎絵 1961
8『二つの世界大戦』柳瀬茂絵 1961
  • 『英雄色を好む はだか交友録』大樹書房 1961
  • 『世界の英雄』柳瀬茂絵 偕成社 少年少女ものがたり百科 1961
  • 『世界歴史のひかり』梁川剛一絵 偕成社 少年少女ものがたり百科 1962
  • 『戦国名将伝 智・情・勇の達人』加藤敏郎絵 偕成社 世界偉人伝全集 1962
  • 『雨ニモマケズ 宮沢賢治の生涯』教育新潮社 昭和仏教全集 1965
  • 『戦記物語の女性』日本教文社 日本人のための国史叢書 1965
  • 『忘却詩集』黄土社 1966
  • 『剣と美 私の岡倉天心』日本教文社 1972
  • 芥川龍之介 青春と文学』すばる書房 1977
  • 『現代を生きる』高文堂新書 1978
  • 『ものぐさ手帖』経済往来社 1982
  • 『明治・大正・昭和史 父母や祖父母が生きた日本の100年』偕成社 1984
  • 『浪曼派変転』高文堂出版社 1988
  • 『定本浅野晃全詩集』わこう出版社、1985
  • 『淺野晃詩文集』中村一仁編 鼎書房 2011

編著共著[編集]

  • 『尊皇歌人撰集 勤皇烈士篇,学者篇』竹下数馬共編 文松堂書店 1943
  • 『石川啄木詩歌集』編 白凰社 青春の詩集 1965
  • 高村光太郎詩集』編 白凰社 1965 青春の詩集 1
  • 『宮沢賢治詩集』編 白凰社 1965 青春の詩集
  • 室生犀星詩集』編 白凰社 1965 青春の詩集
  • 『フランス詩集』編 白凰社 1966 青春の詩集 外国篇
  • 『名訳詩集』西脇順三郎,神保光太郎共編 白凰社 1967 青春の詩集 外国篇
  • 『現代日本詩集』編 新学社文庫 1968
  • 不二教職員連絡会『殉国の教育者 三島精神の先駆』編 日本教文社 1971
  • 『転向-日本への回帰 日本共産党解党派の主張』影山正治対談 暁書房 1983
  • 『随聞・日本浪曼派』檜山三郎編 鳥影社 1987

翻訳[編集]

日本文学再話[編集]

監修
  • 『短歌を作る人のために』監修 鷺の宮書房 1957

脚注[編集]

  1. ^ a b 浅野晃 あさの-あきら デジタル版日本人名大辞典+Plus
  2. ^ 妻千代子も同時期に検挙されたが、浅野の転向を知らされてからも非転向を貫き、1929年病死した。
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]