ウィリアム・ワーズワース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
詩人ウィリアム・ワーズワス(壮年期の肖像画)

ウィリアム・ワーズワス(Sir William Wordsworth, 1770年4月7日 - 1850年4月23日)は、イギリスの代表的なロマン派詩人である。湖水地方をこよなく愛し、純朴であると共に情熱を秘めた自然讃美の詩を書いた。同じくロマン派の詩人であるサミュエル・テイラー・コールリッジは親友で、最初の作品集はコールリッジとの共著であった。多くの英国ロマン主義詩人が夭折したのに対し、彼は長命で、1843年に73歳で桂冠詩人となり、1850年に亡くなった。

生涯[編集]

ワーズワスは1770年、北西イングランドの「湖水地方」と呼ばれる風光明媚なコッカマスに、5人兄弟の第2子として誕生した。1778年、母の死去と共に、ワーズワスの父は彼を学校へと送るが、法律家であった父もまた1783年に世を去る。ワーズワスは孤独な少年時代を送るが、自然の美しさが彼の心の慰めとなった。

1787年ケンブリッジ大学セント・ジョンズ・カレッジに入学する。1790年、フランスに渡り、フランス革命の熱狂のなかで革命を支持したが、「革命」の名のもとに民衆が行った蛮行(九月虐殺)の惨状を見て、後年は保守的に傾いていった。また、フランス人医師の娘であるアネット・ヴァロンと恋に落ち、彼女はワーズワスの娘を1792年に出産するが、彼はその前に経済的理由などからイギリスへと一人で帰国する。翌1793年始めにルイ16世の処刑と英仏間開戦があり、ワーズワスは渡仏も結婚もできなくなる。彼らはその後10年間会うことはなかった。

1795年、彼はサミュエル・テイラー・コールリッジと出逢い、二人は意気投合して親友となる。1797年、妹ドロシーと共にコールリッジの住居のすぐ近くに転居する。1798年、ワーズワスとコールリッジは『抒情民謡集Lyrical Ballads)』を共同で著し、出版する。英国ロマン主義運動において、画期となる作品集であった。

1798年から1799年にかけての冬、ワーズワスはコールリッジ、ドロシーと共にドイツに旅行する。兄妹は間もなくコールリッジとは別れる。ワーズワスは精神の圧迫にもかかわらず、後に『序曲(The Prelude)』と題される自伝的作品を書き始め、また『ルーシー詩篇』を含む多数の代表的な詩を書く。

イギリスに帰国したワーズワスは、1799年12月に湖水地方のグラスミア湖近くに居を構える。後にダヴ・コテージ英語: Dove Cottage[1]と呼ばれる現存の住宅である。翌年S. T. コールリッジとロバート・サウジーもすぐ近くに転居してくる。三人は「湖水詩人」として知られるようになる。しかしこの時期、ワーズワスが書いた詩の主題は、自然を愛でたものだけではなく、時事的なもののほか別離、忍耐や悲しみに関するものも多くあった。

1802年、アネットと娘カロリーヌに会うため、ワーズワスは妹ドロシーと共にフランスに旅行する。この年の後半、ワーズワスは幼なじみであったメアリー・ハチンソンと結婚し、翌年、メアリーは第一子ジョンを出産する。ドロシーは、兄とその妻のもとで同居を続けた。

1813年、ロンズデール伯爵ウィリアム・ラウザー英語版より印紙販売官に任じられ、年収400ポンドの官職を得、終生の地となるライダル湖畔の丘にあるライダルマウントの広大な土地に邸宅を構え、移住した[2][3]。ワーズワスの父は先代のロンズデール伯爵英語版の事務弁護士を長年務めていたが報酬が未払いとなったまま両者とも死去していた。こちらの負債問題も解決しワーズワスは経済的に安定した。若手ロマン派詩人のパーシー・ビッシュ・シェリーらは、体制派のジェントルマン階級となり邸宅暮しをしたワーズワスを堕落したとして批判した[3]

ワーズワスのロマン主義[編集]

郭公の詩人[編集]

英国ロマン派の詩には、鳥を主題とした作品が多く佳作が多い。例えば、パーシー・シェリーは「雲雀」(Skylark)の声に魅惑され、ひばりを主題とした詩を書いている。またジョン・キーツは、「夜鶯」(Nightingale) の神秘的な声に魅惑され、夜の闇に響くその歌声を主題に詩を書いている。

ワーズワスにとって、「郭公」(Cuckoo) は詩の霊感をもたらし、彼に生きることの喜びを教えてくれる鳥でもあった。ワーズワスは、「郭公に献げる辞」として、次のような詩をうたった(全8スタンザのなか、前半4スタンザ)。







TO THE CUCKOO
    

O BLITHE New-comer! I have heard,

I hear thee and rejoice.

O Cuckoo! shall I call thee Bird,

Or but a wandering Voice?


While I am lying on the grass

Thy twofold shout I hear,

From hill to hill it seems to pass,

At once far off, and near.


Though babbling only to the Vale,

Of sunshine and of flowers,

Thou bringest unto me a tale

Of visionary hours.


Thrice welcome, darling of the Spring!  

Even yet thou art to me

No bird, but an invisible thing,

A voice, a mystery;

    

おお、陽気な訪問者よ! 確かに汝だ

汝の歌を聞き、わたしは喜びにみたされる

おお、郭公よ! 汝が鳥であろうはずはない  

彷徨える聖なる声ではないのか?


みどりなす草のうえに横たわって

二重のさけび声をわたしは聞く

丘から丘へとその歌は通り過ぎる

ひとたびは遠く、ひとたびは近く


ただ谷間へとあどけなくも呼びかけるが

太陽の光にみち、花々のかおりにみち

汝はわたしに、かの秘密の物語をかたる

地上を離れた想像の時をもたらす


みたび歓迎の言葉を、春の寵児よ!

わたしにとって、汝はまさに

鳥ではなく、不可視の存在である

その霊妙な声は神秘の精髄である

ロマン主義の理想[編集]

この詩の表現から分かる通り、ワーズワスは実在の郭公の声を聞いて、そこからヴィジョンやイメージやミステリ(神秘)を感応している。郭公という具体的な「鳥」の彼方に、魂に共鳴するヴィジョンを感受し、自然の崇高な奥深さにワーズワスは忘我の境地にある自己をうたうのである。

ロマン主義は、どこにもない、しかしどこかにある理想の世界や、境地を絶えず求めてやまない心情の発露として形象化される。『水仙に献げる詩』や『霊魂不滅のうた(Intimation of Immortality)』においても、ワーズワスは具体的な水仙や、森や野をうたいつつ、実はその彼方にある神秘的な心情の陶酔、どこにもないが、まさに「魂の深奥」に存在する「共感の歓喜」を讃美しているのである。

日本語訳一覧[編集]

  • ウォルヅヲォスの詩 浦瀬白雨訳 隆文館, 1919
  • ワーヅワース詩集 木内打魚訳 聚英閣, 1926 泰西詩人叢書
  • ワアヅワス詩集 幡谷正雄訳 旧新潮文庫, 1935
  • ワーズワース詩抄 佐藤清訳 新月社, 1948 英米名著叢書
  • ワーヅワス詩選 小川二郎訳 創元社, 1948 泰西詩選
  • ワアヅワアス詩集 浅野晃訳 酣燈社, 1950 詩人全書
  • 『ワーズワース詩集』田部重治訳 岩波文庫, 1950
  • 『ワーズワース詩集』彌生書房 前川俊一訳, 1966 世界の詩
  • ワーズワス・序曲 詩人の魂の成長 岡三郎訳 国文社, 1968
  • ワーズワス詩集 加納秀夫訳 (世界詩人全集 第4)新潮社, 1969
  • W.ワーズワス 高橋康也訳(世界名詩集:世界文学全集 カラー版 別巻1)河出書房新社, 1969
  • ワーヅワース詩抄 豊田実訳 北星堂書店, 1969
  • ワーズワス詩抄 武井亮吉訳 池上書店, 1971
  • ワーズワース/コールリッジ『抒情歌謡集―リリカル・バラッズ』宮下忠二大修館書店, 1984.5
  • ワーズワスのダドン川ソネット集・他 水と人の風景画 五十嵐美智訳 晃学出版, 1987.11
  • 『ワーズワス 逍遥』田中宏訳 成美堂, 1989.11
  • 旅をゆくワーズワス スコットランド、ヨーロッパ大陸、イタリア周遊旅行の思い出 五十嵐美智訳 晃学出版, 1989.2
  • 旅をゆき、季節は流れて ワーズワス1833年の夏の旅と墓碑銘集 五十嵐美智訳 晃学出版, 1990.6
  • ワーズワス、ロマン派の霊気に吹かれて 『夕べの散策』と『叙述的描景』 五十嵐美智訳 晃学出版, 1991.5
  • ワーズワスの物語詩 詩と絵画のシンフォニー 訳と研究 五十嵐美智訳 晃学出版, 1994.9
  • ワーズワスの物語詩 訳と研究. 2 ドゥエンデの中のヒロインたち 五十嵐美智訳 晃学出版, 1995.4
  • ワーズワス雑録詩篇・その他 老いゆく歳月の中で 五十嵐美智訳 晃学出版, 1996.8
  • ワーズワスの物語詩 訳と研究. 3 愛と光のファンタジア 五十嵐美智訳 晃学出版, 1996.1
  • ワーズワス空想の詩篇・その他 回想の時間 五十嵐美智訳 晃学出版, 1997.4
  • ワーズワス情感と内省の詩篇 追憶の日々 五十嵐美智訳 晃学出版, 1998.3
  • 『対訳 ワーズワス詩集』山内久明訳(岩波文庫、1998年)
  • 『湖水地方案内』小田友弥訳(叢書ウニベルシタス・法政大学出版局、2010年、新装版2021年)
  • 『序曲 詩人の心の成長 詩集』佐藤健治訳(砂子屋書房、2015年)
  • 『教会ソネット集』杉野徹訳(国文社、2020年)

日本語参考書[編集]

  • ワーヅワース研究 小川二郎 研究社, 1940
  • 湖畔 ワーズワスの詩蹟を訪ねて 高木市之助 東京書院, 1950、講談社学術文庫 1977 
  • ワーヅワス 加納秀夫 研究社出版, 1955 新英米文学評伝叢書
  • ワーズワス 自然と愛の詩人 岡沢武 篠崎書林, 1962
  • 長篇詩人ワーヅワス 村上至孝 創文社, 1966
  • 若きワーヅワス 詩心の成長と遍歴 前川俊一 英宝社, 1967
  • ワーズワース研究 詩魂の転変の跡を追って 原一郎 北星堂書店, 1970
  • 凝視と夢想 ワーズワス論 岡三郎 国文社, 1971
  • ワーズワスの詩の変遷 ユートピア喪失の過程 金田真澄 北星堂書店, 1972
  • 文学評伝 サミュエル・テイラー・コウルリッジ 桂田利吉訳 法政大学出版局, 1976 りぶらりあ選書
  • ワーズワス試論 五十嵐美智 千種正文館, 1976
  • ワーズワス『序曲』の研究 栗山稔 風間書房, 1981.12
  • ワーズワスのソネット試論 五十嵐美智 晃学出版, 1984.8
  • ワーヅワス点描 添田透 大阪教育図書, 1985.4
  • ワーズワースの足跡を辿って 吉見精一 開文社出版, 1985.3
  • ワーズワス『序曲』論集 岡三郎編 国文社, 1988.6
  • ドロシー・ワーズワスの日記 1798,1800~1803 メアリ・ムアマン編 藤井綏子訳 海鳥社, 1989.1
  • もう一つのものが見えた ワーズワスの物語詩が語るもの 五十嵐美智 晃学出版, 1989.7
  • 自然と幻想 ワーズワスの詩の世界 岩崎豊太郎 こびあん書房, 1992.6
  • ヴィジョンの境界 ワーズワスの世界 ジョナサン・ワーズワス 鈴木瑠璃子訳 松柏社, 1992.9
  • ワーズワスと『序曲』吉野昌昭編著 南雲堂, 1994.10
  • ワーヅワスの研究 その女性像 森一 国書刊行会, 1995.1
  • ワーズワスの「湖水案内」吉田正憲 近代文芸社, 1995.5
  • ワーズワース考 人(間)・自然・唯一者 フーガ(追復曲)のように 松下千吉 京都修学社, 1996.10
  • ワーズワスの自然神秘思想 原田俊孝 南雲堂, 1997.1
  • 自然詩人ウィリアム・ワーズワース 自然と神と人間の霊の交わり 奥田喜八郎 溪水社, 1999.11
  • ワーズワス田園への招待 出口保夫 講談社+α新書, 2001.4
  • 評伝ワーズワス 出口保夫 研究社, 2014
  • ワーズワスの『ソネット雑録』論考 自然を愛する喜びへの軌跡 五十嵐美智 晃学出版, 2003.3
  • ワーヅワス 霧に見え隠れする山々に似て 添田透 英宝社, 2004.6
  • ワーズワスと妹ドロシー 「グラスミアの我が家」への道 山田豊 音羽書房鶴見書店, 2008.10
  • ワーズワスと紀行文学 妹ドロシーと共に 山田豊 音羽書房鶴見書店, 2018.3
  • ワーズワスと湖水地方案内の伝統 小田友弥 法政大学出版局, 2021.10

[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ダヴ・コテージ (Dove Cottage)
  2. ^ ライダルマウント ライダルマウントRydal Mount世界の観光地名がわかる事典
  3. ^ a b 義憤と嘲笑 : シェリーの『ピーター・ベル三世』 原田博、山梨大学教育人間科学部紀要 14(21), 152-163, 2012

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
ロバート・サウジー
桂冠詩人
1843年 - 1850年
次代:
アルフレッド・テニスン