桂田利吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

桂田 利吉(かつらだ りきち、1901年10月5日 - 1992年2月6日)は、日本英文学者、法政大学名誉教授、元実践女子大学学長。

人物・来歴[編集]

宮城県生まれ。1929年東北帝国大学文学部英文科卒。1960年「コウルリッヂ研究」で法政大学文学博士。法政大学教授、1971年実践女子大学教授・学長。コールリッジを研究。

著書[編集]

  • 『コウルリッヂ』研究社英米文学評伝叢書、1934
  • 『コウルリッジ研究』法政大学出版局 1969
  • 『日本におけるコウルリッジ研究文献総覧』ジュール・土木工学社 1986.12
  • 『渓雲録』土木工学社 1987.9

翻訳[編集]

  • コールリッヂ『シェイクスピア論』岩波文庫 1939.10、のち復刊
  • コウルリッジ『文学評伝』思索社 1949。新版、法政大学出版局・りぶらりあ選書
  • ジェイムズ・ギルマン『コウルリッジの生涯』高山信雄, 岡村由美子共訳 こびあん書房 1992.3

記念論集[編集]

  • 『コウルリッジとその周辺』桂田利吉博士傘寿記念論集刊行会 法政大学出版局 1982.2

参考[編集]

  • 日本近代文学大事典