高木市之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高木 市之助 (たかぎ いちのすけ、1888年明治21年)2月5日 - 1974年昭和49年)12月23日)は 、日本国文学者である。愛知県名古屋市出身。

来歴・人物[編集]

1906年京都府立第一中学校卒、1909年第三高等学校卒、1912年東京帝国大学文学部国文科を卒業し、1915年第五高等学校、1920年文部省図書監修官、1922年旧制浦和高等学校教授。1924年イギリスなどヨーロッパ留学を経て、1925年京城帝国大学教授、1939年九州帝国大学法文学部教授、1948年日本大学の教授を歴任する[1]愛知県立女子短期大学の学長にも就任している。日本学術会議会員、上代文学会長、昭和44年(1969年歌会始召人を務める。上代文学、とりわけ『万葉集』を中心に研究し文学論の確立に努めた。また、1951年古事記』を中心とする古代文芸学の研究に対して中日文化賞受賞[2]。『吉野の鮎』ほか著書多数。校歌の作詞も手がけ、中でも福岡県立筑紫丘高等学校の校歌は記紀万葉・変体漢文を思わせる全文が漢字のユニークなものである。また、大正期の国定国語読本尋常小学国語読本』編集の中心となった。

1954年、東京大学文学博士。論文の題は「古文芸の論」[3]

著書[編集]

  • 『日本文学の環境』(日本文学大系 第5巻 河出書房 1938年)
  • 『吉野の鮎 記紀万葉雑攷』(岩波書店 1941年)
  • 『表覧日本文芸史』第1-2 (武蔵野書院 1949年-1950年)
  • 『湖畔 ワーズワスの詩蹟を訪ねて』(東京書院 1950年 のち講談社学術文庫
  • 『万葉集』(福村書店 (国語と文学の教室) 1952年)
  • 『古文芸の論』(岩波書店 1952年)
  • 『スサノオノミコト』(麦書房 (雨の日文庫) 1958年)
  • 『詩酒おぼえ書き』(塙書房 1958年)
  • 『日本文学の歴史』(武蔵野書院 1960年)
  • 『日本文学の歩み』(武蔵野書院 1960年7月)
  • 『国文学五十年』(岩波新書 1967年)-自伝
  • 『雑草万葉』(中央公論社 1968年)
  • 大伴旅人山上憶良』(筑摩書房 (日本詩人選) 1972年)
  • 『貧窮問答歌の論』(岩波書店 1974年)
  • 『古典春秋』(毎日新聞社 1974年)
  • 『尋常小学国語読本』(中公新書 1976年)
  • 高木市之助全集』 (全10巻 講談社 1976年-1977年)
  • 『平家物語の論』 (講談社学術文庫 1977年1月)

共編著[編集]

  • 『平家物語』 (沼沢竜雄 中興館 1926年)
  • 『万葉集』 (久松潜一 中興館 1927年)
  • 『岩波小辞典日本文学 古典』(岩波書店 1955年)
  • 『上代歌謡集』(朝日新聞社 (日本古典全書) 1967年)
  • 『炎の女たち 日本の歴史を追って』(現文社 1967年)
  • 『古事記総索引』(富山民蔵 平凡社 1974年-1977年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『国文学五十年』
  2. ^ 中日文化賞:第1回-第10回受賞者”. 中日新聞. 2009年10月31日閲覧。
  3. ^ 博士論文書誌データベース

関連項目[編集]