井上赳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井上 赳(いのうえ たけし、1889年7月23日 - 1965年7月20日)は、島根県出身の文部官僚。1930年代国語読本である『小学国語読本』(サクラ読本)の編集の中心となった。

生涯[編集]

戦前[編集]

県立松江中学校、第一高等学校(同期に近衛文麿山本有三土屋文明)、東京帝国大学文科大学国文学科を卒業した。1921年鹿児島県第七高等学校造士館教授の時、大学の先輩である高木市之助に誘われ、文部省図書監修官となる。以後20年にわたって国定教科書の編集に関わる。

1925年から教科書研究のため1年間欧米に留学する。

1931年から『小学国語読本』の編纂に着手する。従来巻一の冒頭に単語から教えていたが井上は「サイタ サイタ サクラガ サイタ」に象徴されるように文から習うように改めた。また、『源氏物語』、『東海道中膝栗毛』などを教材に取り入れるなど文学教育の要素を強くした。この読本は1933年から実施された。

1941年国民学校への移行に際して『ヨミカタ』、『初等科国語』(通称アサヒ読本)を石森延男らと編集する。アサヒ読本は軍部からの圧力に屈せず児童中心主義を守り通した。

1944年、図書局廃止に抗議して辞職。

戦後[編集]

1946年から1947年まで衆議院議員を務め、日本国憲法などの審議に参加する。その際、26条2項の正文中、「children」の訳語に「子女」を提言したのは井上である。

1951年から1956年まで東京文科大学(現二松学舎大学)、1958年から死去まで共立薬科大学の教授を務める。

作詞した唱歌[編集]

当時の唱歌の教科書は国語読本と密接な関係にあったので井上は文部省唱歌の作詞も手がけた。

著書[編集]

  • 『祖国を出でて 印象紀行』明治図書 1931
  • 『太郎花子国語の本編修解説』日本書籍 1950
  • 『国定教科書編集二十五年』古田東朔編 武蔵野書院 1984

共編著[編集]

記念文集[編集]

  • 『井上赳先生国語読本編修二十年功労志』井上赳先生国語読本編修二十年記念会編 1943

関連項目[編集]