鳥山喜一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鳥山 喜一
人物情報
生誕 (1887-07-07) 1887年7月7日
日本の旗 日本東京府
死没 1959年2月19日(1959-02-19)(71歳)
学問
研究分野 東洋史(渤海史)
研究機関 京城帝国大学金沢大学富山大学
テンプレートを表示

鳥山 喜一(とりやま きいち、1887年7月17日 - 1959年2月19日)は、日本の歴史学者

経歴[編集]

東京府本郷区に生まれる[1]東京帝国大学卒業。東洋史渤海史を専門とし、著書である中国通史「黄河の水」が有名である。1928年から1945年まで京城帝国大学教授を務め、渤海国の遺跡を求めて満州(現中国東北部)を精力的に踏査した[2]戦後、日本に引揚げてからは第四高等学校校長(第13代)、金沢大学教授、富山大学学長などを務めた。

主な著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鳥山喜一 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」コトバンク 2018年8月5日閲覧。
  2. ^ 富山大学50年史 第Ⅱ部 部局編 人文学部 各コースの沿革と現在 p.19/100 (PDF)