マシュー・アーノルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マシュー・アーノルド

マシュー・アーノルドMatthew Arnold, 1822年12月24日 - 1888年4月15日)は、イギリス詩人批評家。 

概説[編集]

イングランドサリー州北部スペルソーンリールハムにうまれる。父は名門のラグビー校で規律を重んじる革命を行った校長として有名な聖職者トーマス・アーノルドである。1837年にはラグビー校に入学し、1847年に奨学金を得てオックスフォード大学ベリオール・カレッジに進学した。1845年には同大学のオリオル・カレッジのフェローに選任された。

イギリスの耽美派詩人の代表であり、文明批評家でもある。

ヴィクトリア朝時代における信仰の危機をうたった絶唱の「ドーヴァー・ビーチ」が有名である。

著作[編集]

  • Culture and Anarchy
    • 『教養と無秩序』(多田英次訳 岩波文庫
  • マシュー・アーノルド詩集
    • 『詩集 二つの世界の間に』(村松真一訳、英宝社 1990年)
    • 『詩集 続編』(村松真一訳、リーベル出版 2001年)
    • 『エトナ山上のエンペドクレス他』(西原洋子訳、国文社 1983年)