多田英次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

多田 英次(ただ えいじ、1908年 - 1996年1月)は、日本の英文学者、神戸大学京都橘女子大学名誉教授。 1933年京都帝国大学英文科卒。神戸大学教授、1972年、定年退官、名誉教授。橘女子大学教授。

論文[編集]

  • 生命力と英文学 - 『Kobe miscellany 1』神戸大学英米文学会[編](1959年) P87-P96
  • ソ連・ルーマニヤの旅 - 『近代 34』神戸大学[編](1963年5月)P82-P90
  • M. Arnold 再考 - 『Kobe miscellany 6』神戸大学英米文学会[編](1972年) P105-P117

著書[編集]

  • 文学と教養 法律文化社 1980.6
  • 文学の回帰 山口書店 1985.12

翻訳[編集]

参考[編集]

  • 「世界の大思想」訳者紹介、新聞の死亡記事