神保光太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
神保 光太郎
じんぼ こうたろう
誕生 1905年11月29日
山形県山形市
死没 1990年10月24日
ジャンル 詩人・ドイツ文学
文学活動 日本浪漫派
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

神保 光太郎(じんぼ こうたろう、1905年11月29日 - 1990年10月24日)は、昭和期の日本の詩人ドイツ文学者。本名はみつたろう[1](姓の読みを「じんぼう」とする文献もある)。

経歴[編集]

山形県山形市生まれ[2]山形県立山形中学校から山形高校を経て、京都帝国大学文学部独文科を卒業。在学中から同人誌に短歌を発表して新散文詩運動の一翼を担った。

1934年、埼玉県浦和市(現:さいたま市)の別所沼のほとりに家を新築し、生涯にわたって活動拠点とした[2]。この別所沼の家に、神保を兄と慕う立原道造の来訪をしばしば受けている。1935年、保田與重郎亀井勝一郎らと『日本浪曼派』に参加し[2]、詩誌『四季』などに作品を発表した[2]。その一方で、国粋主義への傾斜を強め、大東亜戦争中は占領したシンガポール(昭南市)で1942年5月1日から6ヶ月間、昭南日本学園の校長を務めた[3]。戦後の1949年からは日本大学芸術学部教授を務めた[2]

山形市生まれであることから「山形市民の歌」を作曲した[4]

詩集[編集]

  • 『鳥』(四季社) 1939年[2]
  • 『雪崩』(河出書房) 1939年[2]
  • 『冬の太郎』(山本書店) 1943年
  • 『南方詩集』(明治美術研究所) 1944年[2]
  • 『曙光の時』(弘学社) 1945年
  • 『青の童話』(薔薇科社) 1953年[2]
  • 『陳述』(薔薇科社) 1955年
  • 『神保光太郎全詩集』(審美社) 1965年
  • 『「日本浪漫派」集』(中島栄次郎伊藤佐喜雄保田与重郎緑川貢共著、新学社、近代浪漫派文庫) 2007年

その他の著書[編集]

  • 『昭南日本学園』(愛之事業社) 1943
  • 『風土と愛情 : 南方文化の培ひ』(実業之日本社) 1943
  • 『アラビヤ夜話』(家の光協会、家の光少年少女文庫) 1947
  • 『詩のあじわいかた』(要書房、要選書23) 1951
  • 『詩の本』 (竹内てるよ共著、朝日新聞社、アサヒ相談室) 1956
  • 『名詩鑑賞 立原道造』(講談社、講談社学術文庫) 1979

翻訳[編集]

編集・編纂[編集]

  • 『近代絶唱詩集』(中島健蔵共編、日本読書組合) 1948
  • 『薄田泣菫詩集』(薄田泣菫、角川文庫)1959
  • 『与謝野晶子詩歌集』(与謝野晶子、白凰社) 1969
  • 『立原道造詩集』(立原道造、白凰社、青春の詩集 日本篇6)
  • 『三好達治詩集』(三好達治、白凰社、青春の詩集 日本篇8)
  • 『与謝野晶子詩歌集』(与謝野晶子、白凰社、青春の詩集 日本篇11)
  • 『大手拓次詩集』(大手拓次、白凰社、青春の詩集 日本篇12)
  • 『津村信夫詩集』(津村信夫、白凰社、青春の詩集 日本篇13)
  • 『ドイツ詩集』(編、白凰社、青春の詩集 外国篇10) 1984
    『ドイツ詩集』(編、白凰社) 1975:愛蔵版

校歌の作詞[編集]

山形県内の学校の校歌には、神保の作詞によるものが多い。山形の名勝(蔵王山最上川鳥海山など)が学校の所在地に合わせて書かれている。その他山形県外の学校の作詞に携わっている。

企業社歌の作詞[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]