立原道造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
立原 道造
(たちはら みちぞう)
誕生 1914年7月30日
死没 (1939-03-29) 1939年3月29日(満24歳没)
職業 詩人建築家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
ジャンル
文学活動 四季派
代表作 『萱草に寄す』
『曉と夕の詩』
主な受賞歴 辰野金吾賞(建築設計)、中原中也賞
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

立原 道造(たちはら みちぞう、1914年大正3年)7月30日 - 1939年昭和14年)3月29日)は、昭和初期に活動し24歳で急逝した詩人。また建築家としても足跡を残している。父は立原貞次郎(婿養子)、母は立原登免(通称 光子)。次男として生まれる。先祖には立原翠軒立原杏所などがいる。学歴東京帝国大学工学部建築学科卒業。学位(当時は称号)は工学士(東京帝国大学)。戒名は温恭院紫雲道範清信士。東京都谷中の多宝院。賞歴は、辰野賞3年連続受賞、中原中也賞受賞。

生涯[編集]

23歳の立原道造

1914年(大正3年)、立原貞次郎、とめ夫妻の長男として日本橋区橘町(現:中央区東日本橋)に生まれる。家系桓武平氏の一家系 常陸平氏 大掾氏一門 鹿島氏庶流 立原氏。近い祖先には水戸藩の儒家で『大日本史』を編纂した立原翠軒、画家立原杏所がいるという。1927年(昭和2年)、13歳の折、北原白秋を訪問するなど、既に詩作への造詣を持っていた。同年、口語自由律短歌を『學友會誌』に発表、自選の歌集である『葛飾集』『両國閑吟集』、詩集『水晶簾』をまとめるなど13歳にして歌集を作り才能を発揮していた。東京府立第三中学(現東京都立両国高等学校)から第一高等学校理科甲類に天文学を志して進学した[1]1931年(昭和6年)、短歌の倶楽部に入部した道造は『詩歌』に投稿するなど高校時代を通じて詩作を続け、『校友會雜誌』に物語「あひみてののちの」を掲載した。翌1932年(昭和7年)、自らの詩集である『こかげ』を創刊する一方、四行詩集『さふらん』編纂も手がけた。高校最後の年を迎えた1933年(昭和8年)、詩集『日曜日』『散歩詩集』を製作、翌年には東京帝国大学工学部建築学科に入学した。建築学科では1934年(昭和9年)から1937年(昭和12年)まで岸田日出刀の研究室に所属。丹下健三浜口隆一が1学年下、生田勉が2学年下に在籍した。一高同期でもあった生田とは、特に親しく交わった[2]。帝大在学中に建築の奨励賞である辰野賞を3度受賞した。大学卒業年次を迎えた1936年(昭和11年)、テオドール・シュトルム短篇集『林檎みのる頃』を訳出した。

1937年(昭和12年)、石本建築事務所[3]に入所した道造は「豊田氏山荘」を設計。詩作の方面では物語「鮎の歌」を『文藝』に掲載し、詩集『ゆふすげびとの歌』を編んだ他、詩集『萱草に寄す』、『曉と夕の詩』と立て続けに出版、発表し建築と詩作の双方で才能を見せた。1939年(昭和14年)、第1回中原中也賞(現在の同名の賞とは異なる)を受賞したが、同年3月29日午前2時20分、結核のため24歳で没した。

詩以外に短歌・俳句・物語・パステル画・スケッチ・建築設計図などを残した。道造の優しい詩風には今日でも共鳴する人は多く、文庫本の詩集もいくつか刊行されている。また存命中に今井慶明が立原の2つの詩を歌曲にして以来、柴田南雄高木東六高田三郎別宮貞雄三善晃などが作曲している。[4]

立原道造全集[編集]

最初の全集は、1941年(昭和16年)から1943年(昭和18年)にかけて、山本書店から刊行。戦後は角川書店から3度刊行している(1950-51年、1957-59年、1971-73年)。決定版全集が2006年平成18年)より2010年(平成22年)にかけ、筑摩書房全5巻(順に詩Ⅰ・詩Ⅱ・手記・建築図面・書簡)で刊行された。

立原道造記念館[編集]

1997年(平成9年)、文京区弥生に立原道造記念館が設立された。記念館は、2011年2月20日に閉館。

2011年2月、信濃デッサン館内に「立原道造記念展示室」を新設。

ヒアシンスハウス[編集]

立原が構想した図面に基づき、2004年に「ヒアシンスハウス」がさいたま市別所沼公園に竣工された[5]

主な作品[編集]

  • 『優しき歌 I』『優しき歌 II』は、詩人の没後に複数人によって編纂されたもの。『I』は『II』の後に編まれたことに注意。
  • 『優しき歌 II』は角川書店から1947年に『優しき歌』として出版された。詩人の生前の構想を、中村真一郎の証言によって堀辰雄が復元したものである。『優しき歌 I』は、第三次角川書店版全集(1971-73年)にあたって復元されたものである。『II』の出版後に発見された立原のメモに基づいている。
  • 筑摩書房版『立原道造全集』(全5巻)では、「立原の死の時点で彼の作品が残されていた状態をなるべく正確に再現するように」(第一巻、p.582)という目的から、2種の『優しき歌』は採用されていない。

『萱草に寄す』[編集]

「わすれぐさによす」と読む。

  • SONATINE NO.1
  1. はじめてのものに
  2. またある夜に
  3. わかれる昼に
  4. のちのおもひに
  • 夏花の歌
  1. その一
  2. その二
  • SONATINE NO.2
  1. 虹とひとと
  2. 夏の弔ひ
  3. 忘れてしまつて

『暁と夕の詩』[編集]

  1. I 或る風に寄せて
  2. II やがて秋‥‥
  3. III 小譚詩
  4. IV 眠りの誘ひ
  5. V 真冬の夜の雨に
  6. VI 失はれた夜に
  7. VII 溢れひたす闇に
  8. VIII 眠りのほとりに
  9. IX さまよひ
  10. X 朝やけ

『優しき歌 I』[編集]

  • 燕の歌
  • うたふやうにゆつくりと‥‥薊の花のすきな子に
  1. I 憩らひ
  2. II 虹の輪
  3. III 窓下楽
  4. IV 薄 明
  5. V 民 謡
  • 鳥啼くときに
  • 甘たるく感傷的な歌ひとり林に‥‥
  1. I ひとり林に‥‥
  2. II 真冬のかたみに‥‥
  • 浅き春に寄せて

『優しき歌 II』[編集]

  • 序の歌
  1. I 爽やかな五月に
  2. II 落葉林で
  3. III さびしき野辺
  4. IV 夢のあと
  5. V また落葉林で
  6. VI 朝に
  7. VII また昼に
  8. VIII 午後に
  9. IX 樹木の影に
  10. X 夢見たものは……

備考[編集]

  • 立原道造が生前、東京府立第三中学校(現在の東京都立両国高等学校)時代に東京市電(現在の東京都電車)の切符収集の趣味を持っており、自らコレクションした東京市電切符3,000枚が現存している。その切符などが「立原道造記念館」で、2010年3月から9月までの特別展覧会にて一般公開された[6]
  • 立原道造をモデルとした青年を登場させた小説『菜穂子』を堀辰雄が執筆している[7]

関連人物[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 神保光太郎「立原道造の生涯ー覚え書として」(『四季』立原道造追悼號(1939年7月))
  2. ^ 『立原道造と生田勉―建築へのメッセージ』 立原道造記念館(1998年3月)
  3. ^ 岸田日出刀「立原道造君のことども」(『四季』立原道造追悼號(1939年7月))によれば、石本より「設計の堪能な人」を求められ、岸田が立原を推薦した。
  4. ^ 『国文学解釈と鑑賞』別冊立原道造特集(2001年5月)掲載「立原道造の詩による作曲一覧」
  5. ^ ヒアシンスハウス ヒアシンスハウスの会
  6. ^ 夭逝の詩人・立原道造 元祖“乙女系男子”は元祖鉄道オタク!? 産経新聞 2010年5月12日閲覧
  7. ^ 『新潮日本文学アルバム17 堀辰雄』(新潮社、1984年)

外部リンク[編集]