曽根中生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

曽根 中生(そね ちゅうせい、1937年10月1日[1] - 2014年8月26日[2])は、日本の映画監督脚本家。本名は曽根義忠(よしただ)[2]

人物・来歴[編集]

群馬県北群馬郡子持村(現在の渋川市)出身。群馬県立渋川高等学校東北大学文学部を卒業した1962年日活に入社。

若松孝二監督の問題作『壁の中の秘事』の脚本を担当して注目を集める。

また脚本家集団具流八郎の中心的メンバーとして、鈴木清順監督の日活最後の作品『殺しの烙印』の脚本を手がける。

その後、監督デビューと時を同じくして日活がロマンポルノ路線に転じたため、多くのロマンポルノ作品を監督することとなった。

嗚呼!!花の応援団』シリーズの監督としても知られる。

東映映画『唐獅子株式会社』での仕事ぶりは原作者・小林信彦の『天才伝説横山やすし』に好意的に描かれている(映画自体は主に脚本が原因で失敗作としているが、小林は映画公開時には丹波哲郎の演技を褒めただけで批判的コメントを自制していた)。

横山には信頼を受けて、その後、横山の御用監督となり、横山製作主演映画『フライング・飛翔』(1988年 東映=東映クラシックフィルム)のメガホンも撮ったが、某競艇選手2名(四国と関西の選手)と原田芳雄から「あんたは競艇を勉強しないで監督しよったな!!!!!!(怒)」と別々に言われ、以来メガホンとっていなかった。

1990年頃に映画業界を忽然と去り、公の場に姿を現していなかった。消息不明ゆえに、好ましくない極道絡みの噂がまことしやかに囁かれ、キネマ旬報や映画監督協会、かつての主演俳優たち、同僚監督や脚本家たちが消息を追っていたが、杳として知られる事はついになかった。

しかしその後、第36回湯布院映画祭2011年8月26日のゲストとして健在ぶりを示した。『嗚呼!!花の応援団』DVDに収録の映像特典のインタビューによると、商業目的化しそれに迎合せざるを得ない状況で出来上がった作品への自己嫌悪に耐え切れず、監督業をやめたのだという。

そのことを事前に報じる新聞[3]によれば、監督引退後、知人の紹介で大分県臼杵市内でヒラメの養殖事業に従事し、現在は同所で環境配慮型燃料製造装置の研究開発に会社役員の立場で取り組み、「磁粉体製造装置」[4]と「エマルジョン燃料装置」の2つの特許を取得していたという。

2014年8月26日、肺炎のため大分県臼杵市の病院で死去[2]。76歳没。

略年譜[編集]

  • 1962年 日活撮影所入社
  • 1971年 『色暦女浮世絵師』で監督デビュー
  • 1976年 『嗚呼!!花の応援団』がヒット
以後日活ロマンポルノを終焉まで見送ったり、松竹に貸し出されたりテレビも手堅く演出する職人監督として知られた。
  • 1980年 ヨコハマ映画祭監督賞受賞

主な監督作品[編集]

  • 色暦女浮世絵師 (1972年)
  • 性盗ねずみ小僧 (1972年)
  • らしゃめんお万 雨のオランダ坂 (1972年)
  • らしゃめんお万 彼岸花は散った (1972年)
  • 性談牡丹燈籠 (1972年)
  • (秘)女郎市場 (1972年)
  • 色情姉妹 (1972年)助監督:相米慎二
  • 熟れすぎた乳房 人妻 (1973年)
  • 実録白川和子 裸の履歴書 (1973年)
  • 不良少女 野良猫の性春 (1973年)
  • 昭和おんなみち 裸性門 (1973年)
  • (秘)極楽紅弁天 (1973年)
  • ためいき (1973年)
  • 実録エロ事師たち (1974年)
  • 続ためいき (1974年)助監督:相米慎二
  • くノ一淫法 百花卍がらみ (1974年)助監督:相米慎二
  • 現代娼婦考 制服の下のうずき (1974年)助監督:相米慎二
  • 大人のオモチャ ダッチワイフ・レポート (1975年)助監督:相米慎二
  • 続・レスビアンの世界 -愛撫- (1975年)助監督:相米慎二
  • 女高生100人 (秘)モーテル白書 (1975年)助監督:相米慎二
  • ホステス情報 潮ふき三姉妹 (1975年)助監督:相米慎二
  • わたしのSEX白書 絶頂度 (1976年)
  • 淫絶未亡人 (1976年)
  • 嗚呼!!花の応援団 (1976年)
  • 嗚呼!!花の応援団 役者やのォー (1976年)
  • 不連続殺人事件 (1977年)
  • 嗚呼!!花の応援団 男涙の親衛隊 (1977年)
  • 新宿乱れ街 いくまで待って (1977年)
  • 性愛占星術 SEX味くらべ (1978年)
  • 教師 女鹿 (1978年)
  • 女高生 天使のはらわた (1978年)
  • 博多っ子純情 (1978年)
  • 天使のはらわた 赤い教室 (1979年)
  • スーパーGUNレディ ワニ分署 (1979年)
  • 赤い暴行 (1980年)
  • 元祖大四畳半大物語 (1980年)
  • 太陽のきずあと (1981年)
  • 悪魔の部屋 (1982年)
  • 夜をぶっとばせ (1983年)
  • 唐獅子株式会社 (1983年)
  • 夕ぐれ族 (1984年)
  • 刺青 IREZUMI (1984年)
  • 白昼の女狩り (1984年※公開は2012年)
  • 不倫 (1986年)
  • フライング飛翔 (1988年)

著書[編集]

  • 曽根中生自伝 人は名のみの罪の深さよ(2014年、文遊社

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]