元祖大四畳半大物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

元祖大四畳半大物語』(がんそだいよじょうはんだいものがたり)は、松本零士による日本漫画。1室が四畳半下宿である「第三下宿荘」に住む主人公、足立太(あだち ふとし)と周辺の人物の生活を描いた作品である。「別冊漫画アクション」(双葉社)誌上で1970年6月27日号から1974年2月9日号まで連載され、1980年にはこれを原作とした実写映画も公開された。

作品解説[編集]

「別冊漫画アクション」でこの作品以前に連載していたSF漫画『マシンナーズ』[1]の終了の後を受ける形で掲載された。初版コミックスの前書きによれば、『男おいどん』などに代表される「大四畳半シリーズ」のルーツであるこの作品において同作ではあえて欠落させていた「下宿」の生活を描いたとのことである。他の四畳半シリーズと違い青年誌への連載であったため、当時においては非常に過激なセックス描写なども頻繁に描かれた。

物語の舞台は1970年代本郷である。主人公・足立太の住む第三下宿荘は年配の大家夫婦が経営する二階建てのボロアパートであり、部屋は風呂・トイレ共同の四畳半一間。太の部屋は以前の住人が強盗犯人であったり部屋で首吊り自殺をした女性や心中した学生、踏み切りに飛び込んだ女性がいたりと何かといわくつきの部屋である。

あらすじ[編集]

青雲の志を抱いて九州から上京してきた青年、足立太は安アパート「第三下宿荘」に住みつつ、いつか大物になるという志を実現するために日夜奮闘するも報われず無為な毎日を過ごしている。無芸大食人畜無害を標榜する彼の周りには一癖ある人々がまとわりつき、毎日騒動が起こるのであった。

登場人物[編集]

第三下宿荘の住人[編集]

足立太(あだち ふとし)
本作の主人公。九州出身の19歳。性格は善良にして単純、怒りっぽいが喧嘩には弱い。無芸大食人畜無害。就職のために上京するが初出勤の日に勤務先が倒産。以後無職であるがラーメン屋のアルバイト等で食いつなぎつつ予備校に通い大学進学を目指している。好物はラーメンライス。サルマタ[2]愛好家である。冴えない風貌の貧弱な男ではあるが作劇の都合上女性とのかかわりは多く、様々な女性と関係を持つ。しかしほとんどは一方的なものである。
ジュリー
太の部屋の向かい側に入居している中年のヤクザ。本名不詳。いつもダボに腹巻姿で胸と背中に刺青がある。組では主に風俗関連のシノギを行う中堅幹部である。手下の若い者もいるようだが、稼ぎは大したことがないようで実質はジュンのヒモである。下宿には鍵がないため、太にしばしばジュンとの情事を覗かれ喧嘩になるが、太とは「インキンタムシを分け合った兄弟分」なのでそこそこ友好的である。本人の自称では新潟県出身(佐渡が島の山奥)のようである。
ジュン
名前は「ジュン子」、姓不詳。ジュリーの情婦で後に入籍する。女子高生の頃に家出しジュリーの組に拾われて眠らされたまま強姦され、ポルノ写真を撮られたが不憫に思ったジュリーに救われたことをきっかけに情婦となった。キャッチバーの「ボルドー」の店員や、時にはジュリーの借金のカタに売春をしているようである。太の童貞喪失の相手であり、度々関係を持つことになる。
オバさん
大家夫人。世話好きな老婦人だが酒豪で女傑である。太に食事を与えたり何やかやと世話を焼く。ジュリーを助けるためにヤクザの組事務所に突撃したこともある。
オジさん
オバさんの夫。下戸で褌を愛好している。
由木田まさみ、底力夫婦
太の隣人たち。
まさみはバイセクシャルのオカマ、底力夫婦は太がアルバイトをしていた現場の監督とジュンの勤めるバーの女性のカップルである。

足立と関係を持った女性[編集]

※ ここでは、ジュン以外の女性を挙げる。

大場早苗
太の部屋で自殺した女性の姉。妹を遊び捨て、自殺させた男に復讐するため足立に近づいた。復讐を果たせた「お礼」に一夜を共にする。
由木圭子
太に瓜二つの資産家の婚約者が自殺したので替え玉にしようとした。太を同伴喫茶で篭絡する。
太がアルバイトしていた家の令嬢
親が決めた結婚の前夜に足立のアパートに押しかける。眠っていた太と関係を持つ。
足立由紀
太の姪。結婚する前の記念にと東京に押し掛けてくる。
ジュンの友人の女社長
ニンフォマニア。太を一方的に襲う。
家出人の女
昏睡泥棒。一夜を供にしながら太に睡眠薬入りの酒を飲ませて窃盗を働いた。
中川
太がラブホテルの裏方のアルバイトをしていた時の相棒。初めて太が自らホテルに引き込んだ。

映画[編集]

元祖大四畳半大物語
監督 松本零士曽根中生
脚本 熊谷禄朗、曽根中生
製作 三浦朗
出演者 山口洋司
前川清
篠ひろ子
音楽 大野真澄
主題歌 加藤登紀子
配給 株式会社にっかつ
公開 日本の旗 1980年8月16日
上映時間 97分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

にっかつで実写映画化され、1980年8月16日に公開。宣伝ポスターのキャッチコピーは「夢と希望と野心に燃えて おいどん青春、十九歳!」。同時上映は『鉄騎兵、跳んだ』。性描写のある本作の映像化にあたり、原作者の松本と日活ロマンポルノ作品の監督を多数務めた曽根中生による共同監督となっている。足立太役の山口洋司は一般のオーディションで選ばれ、その後1982年公開の『胸さわぎの放課後』にも出演した。2002年8月23日にDVDがリリースされた。

スタッフ
  • 原作:松本零士
  • 企画:佐々木志郎、進藤貴美男
  • プロデューサー:三浦朗
  • 脚本:熊谷禄朗、曽根中生
  • 撮影:森勝
  • 美術:柳生一夫
  • 照明:木村誠作
  • 音楽:大野真澄
  • 録音:小野寺修
  • 編集:山田真司
  • 助監督:堀内靖博
  • 監督:曽根中生、松本零士
  • 配給:にっかつ
キャスト
主題歌

他作品での登場[編集]

銀河鉄道999』の1エピソード「大四畳半惑星の幻想」において、本作のキャラクターが登場する。『999』では昭和30年代の日本の町並みそっくりの景観を持つ惑星「明日の星」の住民という設定である。また、掲載誌が「少年キング」という少年誌ということもあり、過激な性描写はない。

この惑星でパスをなくした星野鉄郎メーテルは足立太の隣室に間借りすることとなった。TV版では太の声を千葉繁が担当している。売れない漫画家という設定で、飛び去って行く999号を下宿の窓から目撃したことで「生涯最高傑作」のテーマ(「銀河鉄道999」のこと)を思いつく。

このほか、松本が関わったロボットアニメ『惑星ロボ ダンガードA』にも、足立太という名前で本作の主人公と同名な上に、容姿もそのままなキャラクターが登場している。声は緒方賢一が担当。

脚注[編集]

  1. ^ 『機械化人都市』(マシンナーズ・シティ)のこと。サンコミックス版でのタイトル表記は『マシンナーズ』[1]
  2. ^ 作中ではこう表記されているが、原義としての肌に密着するボクサーブリーフ状のそれではなく、トランクス型の下着

外部リンク[編集]