メーテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
銀河鉄道999 > メーテル
大泉アニメゲートに設置されているキャラクターモニュメント。

メーテル(Maetel)は、松本零士作・原作の漫画及びアニメ作品『銀河鉄道999』(以下『999』)などの作品に登場する架空の人物。アニメのオリジナルキャストは池田昌子

キャラクター概要[編集]

星野鉄郎を銀河超特急999号での旅へと導き、共に旅をする謎の美女。母親は、機械帝国の女王プロメシューム。父親は、反機械化世界を目指している ドクター・バン。母プロメシュームの命により「機械化惑星を強化する部品とすべく、鉄郎を始めとする数多くの意思強固な青少年たちを集める」という役目を担っていた[1]。だが、それは同時に父親のバンによる「機械化惑星を破壊すべく、多数の同志をその中心部へ送り込む」という作戦のための行動でもあった。この相反する2つの目的を同時に背負いながら鉄郎と旅をしている。

劇場映画第2作『さよなら銀河鉄道999』において、出身が惑星ラーメタルであることが判明した。数万年に近い寿命を持つラーメタル人だが、その肉体は冥王星の氷の下に封印されているとみられる(後述)。

性格・人物[編集]

「落ち着いた大人」「妖艶でミステリアス」「理知的で物静か」な雰囲気を纏う女性だが、虚勢を張りながら真の勇気を持たぬ者、傲慢な者、生命を軽んじる者には怒りを表し、時には激情にかられる描写もある[2]。 プロメシュームにとっては母親思いのよき娘であった。テレビ版の描写では、宇宙を支配しようと考える者であれば誰でもその名を知っているとされる[3]車掌からは「特別なお客様」と明言されている。その影響力は各星系により変動があるようで、一般客同然にパスの再発行を冷たく断られたりすることもあれば、ダイヤ絶対主義の999が、メーテル一人のために発車を遅らせることすらある。太陽系を離れアンドロメダに近づくほど影響力は強まる傾向にある。

本人曰く「私はヘマはやらないわ」(単行本第1巻より)とのことだが、999号のパスのセキュリティには無頓着なところもあり、様々な惑星でパスの盗難や紛失のトラブルに見舞われている。

また、ぼやき屋の一面もあり、鉄郎や車掌にも結構キツイ調子で小言や文句を言う場面がある[4]

容姿・服装[編集]

松本零士の作品に登場する美女たちに共通する、長い睫毛に切れ長の目、瞳の色はブラウン。腰まで伸びた金髪(光沢のある亜麻色)が特徴。作中では、憂いを帯びた表情や寂しげな微笑みを浮かべていることが多い。細身の肢体の肌には目立つような傷や黒子はない。膝下丈の長袖ワンピース、首周り・袖口・裾に毛皮#ファーをあしらったケープ付きコート、ロングブーツ、アストラハン帽子を身にまとう。いずれもカラーは黒で統一されるが、これは彼女の弁によれば「喪服」としての意味合いを持つためである。

メーテルレジェンド』や『ニーベルングの指環』などの幼少期を描いた作品では表情に陰りは見えない。当時は白いファーを着用していたが、その後、「母が機械化により心を失う」「機械帝国崩壊のために身を捧げた少年たちの運命を背負う」といった出来事を体験するにつれ、その色も青(『コスモウォーリアー零』)や赤(『宇宙交響詩メーテル』)、黒へと変わっていった。

ホテルなどでくつろぐ際にはロング丈のワンピース、高温の惑星では黒ビキニを着用することが多い。下着に関しては原作最終回における鉄郎との別離の際の発言から、「カモフラージュランジェリー」なるものを普段は着用していたようである。

容姿や服装など、原型と見られるキャラクターには『999』連載開始の1977年から9年前となる1968年に松本が少女漫画雑誌に執筆した短編『ナターシャ』(講談社『なかよし』1968年1月増刊号掲載)のヒロイン・ナターシャと『火の森のコーシカ』のヒロイン・コーシカ(小学館『少女コミック』1968年12月号増刊号掲載)が挙げられる[2]

能力・技能など[編集]

惑星「ヤミヤミ」で人工太陽を打ち上げようとしていた女性・レランは、メーテルの頭脳が持つ能力を「そう宇宙にない」と高く評価。自分の家に監禁したメーテルの頭脳とコンピューターを連結させ、打ち上げを成功させた(「ヤミヤミの姉妹」)。また、メーテルは999のコンピューターと自分の頭脳を連動させ、惑星「好奇心」の子供である二つの月を自滅させている(「好奇心という名の星」)[5]

武器の扱いに長けており、重力サーベルを取れば女海賊エメラルダスと互角に戦い、鞭を取れば宇宙一といわれるほどの達人である。射撃の腕前にも優れ、早撃ちのプロフェッショナルの機械化人と行った早撃ち対決で勝利している(「プロフェッショナル魂」)。

酒豪。本人曰く「いろんなお酒を飲んだ経験がある」とのこと。水瓶いっぱいに入った「宇宙で一番強い酒」といわれる惑星サイレンのラム酒をこともなげに飲み干し、マントで素顔を隠したハーロックに感嘆の声を上げさせている(「時間城の海賊」)。

「C62の反乱」における999車内でのレクリエーション大会の際にはフラメンコギターでフラメンコを弾いた。テレビ版の最終回では、鉄郎と別れる際に日本語でしたためた達筆の手紙を残している。

身体能力にも優れ、TV版「停時空間のかじられ星」では空中で宙返りを繰り返しながら警備兵のレーザーを全て避け、エターナル編冒頭では鉄郎を繋いでいた特殊合金製の鎖を「素手で引き千切った」模様である[6]

武装・所持品[編集]

ペンダント
父であるドクター・バンの魂を封じ込めたカプセルが付いたペンダントで、メーテルに指示を下す謎の声の正体。機械化惑星を破壊する威力を持つ。
テレビ版では終着駅・惑星プロメシューム都心部から離れた巨大なクリスタルの結晶が無数にそそり立つ場所があり、それを模した建物の一室にペンダントが安置されている。また、デザインも異なる。
トランク
着替えや列車の運行表など、旅に必要なものが入っている。トランクの中身をゆっくり見たことのない鉄郎に、メーテルは「旅が終わったら見せてあげる」と語ったが、原作・テレビ共にその約束は果たされなかった。基本的に荷物は身に付けているものだけであり、“大旅行に出るのに持ち物は身辺のものだけ”と不審がる鉄郎に対しては「プロの旅人(トラベラー)はそれでいい」と発言している。
原作の最終回において、通信装置としての機能を持ち、プロメシュームとの会話に使用されていたことが判明した。「フライング・クロ」(テレビ版では96・97話)にて、トランクの中を覗いた機械化人の高官が自殺しており、この原因について宝島社『銀河鉄道999 PERFECT BOOK』には「プロメシューム関連と推測される」と記述されている。この回では、特殊な方法で施錠されていた。
なお、「プレーテッドシティの魔女」を映像化したテレビ版34話では、鉄郎はトランクが開いた際にバンの声を聞き、通信機能があると推測していた。また、「かげろう星の文豪」では、生体レーダーの機能を備えているのが確認できる。
電撃鞭
壁を破壊できるほどの威力を持ち、収納時は30cmほどになる。物語序盤の冥王星でシャドウの魔の手から鉄郎を救うのに使用したほか、テレビ版80話でのニセハーロックとの戦いでは形状が剣に変化するタイプも使用している。
指輪
強力なビームを放つ指輪で、相手に拳を向けて使用する。テレビ版の放映が始まる前の1978年7月に掲載されたエピソード「沈黙の聖地」で使用。テレビ版では下記のビームガンよりも使用頻度が高く、鞭と併用して使われることが多かった。ただし、999号で鉄郎と穏やかに対峙したり食事をしている場面などでは、指輪を着用している描写はほぼ見受けられない。
小型銃
十四年式拳銃に似たデザインのビームガン。早打ちのガンマンとの対決で使用したほか、水着姿でも携帯している。
次元反動銃
未来的なデザインをした大型銃で、「装甲惑星」で使用。劇中で戦士の銃よりも破壊力のある銃と設定されたが、その後は登場していない。
重力サーベル
クイーン・エメラルダス号内でエメラルダスの代理を務めていたアンドロイドや、原作におけるニセハーロックとの対決で使用。『宇宙交響詩-』でもエメラルダスやプロメシュームとの対決で使用している。

このほか、惑星アレイで鉄郎の戦士の銃を借り、ショックガンのように使って相手を気絶させたことがある。また、「二重惑星のラーラ」ではトランクに大小様々な銃を収納しているのが確認できる。


※ 以下はアニメで登場したもの。

ドリームセンサー
眠っている人間の夢を見る道具で、劇場版第1作冒頭において鉄郎の夢を見るのに使用された。二つ折りの四角いシガレットケースのような形状をしている。開くと右側には使用する対象の夢を映し出すモニターが、左側には多数の操作ボタンが配置されている。中に収納している小指の先ほどの小さなシートを相手の額に付けて使用する。
イヤリング
テレビ版第1話および劇場版第1作の冒頭などで使用。耳から外して相手に投げつけると強烈な光と煙を放ち、閃光弾として用いる。「化石の戦士」(テレビ版第13話)では“いよいよのときに使うように”と鉄郎に1つ渡している。
通信機
テレビ版105話で使用された手の平サイズの通信機。バンとの会話に使用。テレビ版では終着駅に着くまでベンダントを所持していないため、このほかにも「アンドロメダの雪女」を映像化した90話では通信室を使用して会話を行うなど、原作にはないバンとの会話シーンが追加されている。

メーテルの体について[編集]

体に関しては謎も多く、生身の人間なのか、機械化人なのか、原作およびテレビ版や映画において様々な描写がされており、明確にはなっていない。

盗賊アンタレスから、生身の人間であることの証明に骨格のレントゲン映像を撮られているが、原作のアンドロメダ編最終話では下着にカモフラージュ機能があることが明かされた。劇場版第1作の藤川桂介によるノベライズ版(朝日ソノラマ版)では、ドクター・バンのペンダントが持つ特殊な力によってレントゲンに骨格を映し出したとされている。

「迷いの星の影(シャドウ)」では、冥王星にて本当の自分の身体と思しきものを見て涙している[7]。メーテルに恋慕し、彼女から「本当の姿」として裸体を見せられた相手の恋心が一瞬にして醒める場面がある。鉄郎にも別離の際に見せようとしたが彼はそれを拒んだ。

劇場版第1作では「母プロメシュームから「宇宙一美しい体」として鉄郎の母・星野加奈江の若い頃のそれを与えられた」とされ、鉄郎の母のクローンである可能性を示唆するものとなっている。そのため、メーテルがクローンなのか、鉄郎の母とどういう関係にあるのかなど、ファンから電話で問い合わせがあったという[8]。また、「母から貰った体が年をとれば別の体をうつしかえて、果てしない時間の中を旅して来た」とも語っており、以前から老化に応じて肉体を交換してきたことを明かしている。なお、彼女が鉄郎の母に生き写しであることについては、原作及びテレビ版では謎とされていた。

劇場版1作目では分身として惑星メーテルがあり、原作では巨大な機械の生首となっている母・プロメシュームの背面にメーテルの顔が配置されている。原作でメーテルはこのプロメシュームの背面にある顔を「分身」と呼び、分身のメーテルは「かよいあう同じひとつの心をもったふたつの存在」と語っていることから、生身の体と機械の体双方で人格を共有していることが判明している。背面にあるメーテルの分身を介してメーテルの考えや行動がプロメシュームに伝わっていた。

劇場版1作目のラストで鉄郎と別れる際に、冥王星にあると思しき元の体に戻ることを示唆し、たとえ再会して鉄郎の傍にいても彼が気づくことはないだろうとする旨を語ったが、続編である映画2作目では変わらぬ姿で登場した。作中で元の体に戻らなかった理由については語られていない。

劇場版第1作の公開から1年後、原作者の松本はインタビューで「メーテルは“人間”です」と答えている[9]。それを裏付けるように、映画2作目終盤に登場する「機械化人を含めたあらゆる機械が持つ機械エネルギー」に対して吸引力が作用する大暗黒彗星サイレンの魔女の影響を受けていない。こうしたことから少なくとも映画では生身の人間であるとされているものの、前述のように原作ではそれだけでないように描かれており、依然として謎は残っている。

宇宙一とも称される美しい肉体はしばしば狙われる。「海賊船クイーン・エメラルダス」では、病に倒れたエメラルダスに代わって船の指揮を執るアンドロイドが、劇場版第2作では999号のウェイトレスを勤める機械化人・メタルメナが、それぞれメーテルの体を奪おうとした。

なお『レジェンド』において、メーテルそっくりの顔をした『新竹取物語 1000年女王』のヒロイン、雪野弥生と『999』のプロメシュームが同一人物という設定が明確にされた結果、『レジェンド』が発表された2000年以降は、機械化人になる前のプロメシュームの容姿をメーテルが受け継いだと解釈されている。

キャラクターとしてのメーテル[編集]

原作においては少年誌向けの「サービスカット」としてヌードなどを披露しているが、テレビ版及び映画版では低年齢視聴者への配慮からこうした描写が一部カットされた[10]

キャラクターの知名度を利用したPRなどが行われている。松本は映画『わが青春のアルカディア』公開前のインタビューで「1シーンだけメーテルが登場する」と発言し[11]、その続編となるテレビアニメ『わが青春のアルカディア 無限軌道SSX』放送開始前のインタビューでも「テレビでは出る可能性もある」と語っている[12]が、結局登場はなかった。ただし、『SSX』ではメーテルの登場が予定されていたため、第1話にコードナンバー「X-999」と呼ばれるメーテルらしき女性のシルエットが登場している。『1000年女王』映画版でのテレビCMにおけるキャッチコピーは「1000年女王は、メーテルなのか?」だったが、「弥生とメーテル」「『999』と『1000年女王』」それぞれの関連性は映画では明確にされなかった。

その後も企業などのPRに利用されており、2006年開港した北九州空港に案内嬢としてメーテルのロボットが設置され[13]、同年6月24日よりサントリーフーズのDAKARAのCMにも出演した。

メーテルに似た女性を応募するコンテストも行われている。アニマックスで2008年9月よりテレビ版の放送が開始された際には、「ミス銀河鉄道999 〜あなたの選ぶメーテル〜」が、パチンコ機『CRびっくりぱちんこ銀河鉄道999』が2011年8月からリリースされた際にはそれを記念して「ミス・メーテルコンテスト2011」が行われ、これらのイベントには審査員として原作者の松本も出演している。

松本が永らく居住し、名誉区民にも選定されている練馬区では、2012年8月1日から、原動機付自転車のナンバープレートに「さよなら銀河鉄道999」のイメージイラストのメーテルを描いたオリジナルプレートを製作。枚数限定で交付されている[14]

北九州市漫画ミュージアム』の開業に伴い、メーテル及び星野鉄郎、『宇宙海賊キャプテンハーロック』のハーロックのキャラクター銅像3体を製作、設置されることが明らかになった。2012年8月3日、北九州市漫画ミュージアム開業セレモニーの場において松本らの手により、銅像も除幕式が行われ披露された。

モデル[編集]

楠本高子1868年(数え17歳、満年齢16歳の時)に撮影

2006年8月に松本零士本人がゲスト出演した文化放送『くにまるワイド ごぜんさま〜』にて語るところによると、メーテルそっくりの親類(松本とは血縁関係はない)の写真が菩提寺より最近発見されたという。フランス人のクォーターで松本が生まれた1938年に亡くなっていることについて因縁めいた話をしており、それによるとメーテルのモデルは、松本の6代前の先祖が持っていた「楠本高子シーボルトの孫娘)」の写真だという[15]スターシャなど松本の描く美人に共通するモチーフになっているとも言うが、松本本人のインタビューでは高校生時代の同級生がモデルであると言っている時期がある。このほか、「メーテル」という理想の女性像にたどりつくまでは八千草薫の顔を模写した写真をお守りにしていたとも語っている[16]。 その後のテレビ放送のインタビューで松本は「メーテルのモデルは加藤登紀子」とも語っており、モデルとされる人物は時期によって異なる。

なお、松本の妻で漫画家の牧美也子がモデルではないか、との説について松本はこれを明確に否定している[17]

設定の変遷[編集]

1990年代以降の松本による設定変更などに伴い、彼女の母・プロメシュームは『1000年女王』のヒロイン・雪野弥生(ラーメタル名ラー・アンドロメダ・プロメシューム)と同一人物とされている[18]。また、かつては一人娘という設定だったが、エメラルダスが双子の姉ということになった[19]。これに伴い、『宇宙交響詩-』などの近年の作品ではエメラルダスは母に反発し、袂を分って機械化世界への抵抗を続ける宇宙海賊の一員となった、とされている。

これにより『999』映画2作目での、プロメシュームが語る「ラーメタルに城を建てて暮らしていたが、人という人に裏切られメーテルと共に宇宙船でラーメタルを脱出した後、アンドロメダ大星雲中心部付近の石ころのような惑星に辿り着いた」というメーテルの過去と、1990年代以降に発表された作品で描かれる彼女の過去とは整合性の取れないものとなっている。

声優[編集]

  • 池田昌子(『銀河鉄道999』テレビシリーズ、映画版3作品ほか)
    メーテルレジェンド』、『宇宙交響詩メーテル 銀河鉄道999外伝』では、モノローグを担当。テレビアニメが制作される際、原作者・松本零士の弁によればフランス映画『わが青春のマリアンヌ』の吹き替え版でヒロイン・マリアンヌの声を吹き替えをしていた池田の声を念頭において決定したという(池田の項も参照)。その一方で松本は田島令子を希望し、プロデューサーの横山賢二は松坂慶子を考えていたとする資料もある[20]
  • 雪野五月(OVA『メーテルレジェンド』、テレビアニメ『宇宙交響詩メーテル』)
  • 吉田理保子(キリン・ラジオ劇場版ラジオドラマ)[20]
  • 倉野章子(NHK版ラジオドラマ)

このほか、佐久間あいが『999』テレビ版の「メーテルの旅」前後編(109、110話)で、もうひとりのメーテル(クレジット表記は別のメーテル)を演じている。なお、プレイステーション用ゲーム『松本零士999 〜Story of Galaxy Express 999〜』では、二人のメーテルの声を池田が一人で担当している。また、テレビアニメ放送当時の『999』関連イベントで、会場に池田が不在だった際に、参加していた当時小学生の林原めぐみが代役を務めたこともある。

補足・その他[編集]

  • メーテルの名前の由来は、ギリシア語の「メーテール」(母)と「メーター(機械)」を掛け合わせたものとしている。ただし、これは後日になって改められた由来であり、原作執筆を始めた1978年時点においては『青い鳥』の著者モーリス・メーテルリンクから名前を取ったと松本零士は説明していた[21]
  • 「明日の星」で鉄郎とその星のアパートに下宿することになった際には、鉄郎の姉ということにして星野芽衣子(ほしの めいこ)という名前を使用している(「大四畳半惑星の幻想」)。
  • 松本作品において、メーテルをはじめとしたヒロインの多くが長い髪をしている理由について松本は、「漫画でヌードを描く場合に髪の毛で衣装のように隠すことができることと、昔からのあこがれ」とコメントしている[22]
  • メーテルを形容する言葉として “青春の幻影”や“謎の美女”というものがよく使われる。
  • ゆめーてるちゃん - 松本零士自らが新たにキャラクターをデザイン、2012年8月3日に発表された。メーテルの祖先にあたり、現代に生きる小学生という設定。「アニメと映像・銀河鉄道999の街」をキャッチコピーに掲げる大泉学園に誕生したマスコットキャラクター。キャラクターに関する版権その他は「地域活性化のためになるなら」と無償提供されている[23]
  • メーテルの両親が対立していて、娘は母親に忠実でありながら裏では父親の側に寝返っており、また主人公と親子であり恋仲でもあるという設定は、松本が大ファンであるリヒャルト・ワーグナーの楽劇『ニーベルングの指輪』と全く同じであるという指摘もある[24]
  • 2015年4月、大泉学園駅北口に直結するペデストリアンデッキに併設する「大泉アニメゲート」に練馬区ゆかりの漫画家の作品のキャラクターを模したブロンズ像が設置された。松本零士の作品からはメーテルと星野鉄郎が採用された[25]

画像リンク[編集]

メーテルレジェンド版
  • メーテルのフィギュア(一般的な黒い喪服のもの) [3]
  • 少女時代のメーテル(全身・胸像)[4][5]

※上記3点の画像は、コナミの玩具菓子『松本零士ロマンコレクション vol.1 メーテルレジェンド』に付属のフィギュアのもの。

銀河鉄道999 映画版(1作目)

参考文献[編集]

  • 完全版 銀河鉄道999 PERFECT BOOK(宝島社、2006年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ テレビ版では「機械帝国の尖兵として機械化人となる若者を集める」という設定になっている。
  2. ^ 惑星「完全機械化」ではこうした者が多かったため、「惑星と一緒に滅びてしまえばいい」と考えたこともある。また、惑星を破壊したと思しき描写もある(「二重惑星のラーラ」)。「時間城の海賊」では、ニセハーロックの非道ぶりに対して、後世からどのように酷評されようとも倒すと宣言、テレビ版では激しい怒りの形相を見せている。
  3. ^ 「ワルキューレの空間騎行」を映像化したテレビ版44話での、ワルキューレの弁による。
  4. ^ 「水の国のシャイアン」では、潜水服のデザインを「スタイルが悪い」と文句を言っており、「マカロニグラタンの崩壊」では、イビキがうるさい鉄郎に丸めたチリ紙をぶつけている。
  5. ^ 原作の描写。テレビ版では「好奇心」の爆発に巻き込まれる形で二つの月も消滅する。
  6. ^ 原作では、レーザーの類をメーテルが使用した形跡がないため
  7. ^ テレビアニメではこれを目撃した鉄郎に「この星で亡くなった友人の姿があったから」と涙の理由を説明しているが、最後に映されるその「友人」の顔はメーテルに酷似している。
  8. ^ 映画1作目の制作途中の雑誌主催の座談会での、プロデューサー・高見義雄の発言より(『アニメ画集 銀河鉄道999 PART4 週刊少年キング陽春大増刊4月22日号』少年画報社、1979年、77 - 78頁)
  9. ^ 『アニメージュ』1980年7月号、徳間書店、42頁
  10. ^ 具体例として、原作の第1話には、初対面のメーテルに機械化人なのかと問う鉄郎に対して上半身を露にするシーンがあるが、テレビ版第1話や映画版では、シャワーを浴びる後姿だけを見せるにとどめている。ただし映画版にはテレビ版でカットされた「冥王星に近づいてきた999車内であまりの寒さに震える鉄郎を着衣の中に包み込む」シーンがある。
  11. ^ 『アニメディア』1982年6月号、学習研究社、48頁
  12. ^ 『マイアニメ』1982年11月号、秋田書店
  13. ^ robot.watch(2008/02/13 00:21)「メーテルのいる空港で搬送・案内ロボット「RoboPorter」実証実験~3年後の実用化目指す
  14. ^ 練馬区公式HP「原動機付自転車のオリジナルナンバープレートについて」2014年4月2日付更新
  15. ^ 愛媛県広報「Ehimail」第12号「対談 知事と話そう―時間は夢を裏切らない」
  16. ^ 東映アニメーション研究所 特別講義・6
  17. ^ 劇画版『新竹取物語 1000年女王 PART2』117頁
  18. ^ 松本はかつて「弥生=メーテル」という発言をしていたが、近年になり『1000年女王』の雪野弥生とプロメシュームが同一人物という設定に戻された。詳細はラー・アンドロメダ・プロメシューム#設定の変遷を参照。
  19. ^ 『999』旧アンドロメダシリーズでは血の繋がりはなく、メーテルとは「ライバル」である。ただし、メーテルとエメラルダスが姉妹というアイデア自体は『999』映画1作目の時点からあった。詳細はクイーン・エメラルダス (架空の人物)#設定の変遷を参照。
  20. ^ a b 『アニメージュ』1978年12月号、徳間書店、p.12.
  21. ^ 『『アニメ画集 銀河鉄道999』少年画報社、1978年。松本零士インタビュー。
  22. ^ 2005年11月23日の宝塚造形芸術大学における講演会での発言より[1]
  23. ^ オリジナルキャラクター「ゆめーてるちゃん」発表 2012年8月31日閲覧
  24. ^ 世論時報社『宇宙戦艦ヤマトの時代』より。ただしメーテルと鉄郎は親子ではない。
  25. ^ 大泉アニメゲート”. 練馬アニメーションサイト. 2015年6月4日閲覧。