ショックガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドラえもん > ひみつ道具 > ショックガン

ショックガン(衝撃銃、衝撃砲)は、複数のSF漫画やアニメなどに登場する架空の道具。光線銃や熱線銃などの一種とされているが殺傷力はなく、相手にショックを与えて一時的に気絶させる用途が主である。作品によっては光線銃や熱線銃でも、低出力で撃つことによりショックガンとしても使えるものもある(『コブラ』のサイコガンなど)。

本項では藤子・F・不二雄のSF漫画『ドラえもん』、ならびにそれを原作とするアニメなどに登場するショックガンについて解説する。

概要[編集]

光線銃の一種だが、相手を気絶させるのみで、殺傷能力はない。『のび太の大魔境』をはじめとしてドラえもん映画作品で武器として多用される道具の一つで、銃の名手であるのび太の他、静香スネ夫も使用している。ゲーム作品でも武器として頻繁に登場する。また、「ザ・ドラえもんズ スペシャル」ではドラえもんが頻繁に使用している。

のび太と鉄人兵団』では、ロボットに対しても効果を発揮している。ただし生物の殺傷能力がないのと同様、ロボットに対しても致命的なダメージを与えることはできない。ちなみに、本作ではのび太のみ他のキャラと異なるモデルを使用している。また、対人攻撃でも、防護服程度の装備があればあっさり防がれてしまう(『のび太とアニマル惑星』)。一方『のび太の新魔界大冒険』では迫り来る隕石を一撃で消滅させる威力があり、生物以外の物体に対しては相当な威力を発揮している。

形は異なるが、「空き地のジョーズ」で使用された銃(光と音で威嚇する)にも「ショックガン」という名が付いている(テレビアニメ第2作第1期「空き地のジョーズ」)。この銃に気絶させるほどの攻撃力はなく、サメや人間に軽いショックを与えたり、自動車のタイヤに穴を開ける程度。

のび太と翼の勇者たち』では、作中では「ショックガン」と呼ばれているものの、公式サイトでは「シビレガン」と呼ばれている。

空気ピストル」に対して大型版の「空気砲」があるのと同様、ショックガンの大型版に「ショック砲」があり、『のび太と翼の勇者たち』で鳥野博士のタイムマシンに装備されている。

また、ドラえもんの道具ではないが『のび太の宇宙開拓史』でロップルの持つ銃もショックガンと呼ばれている。やはり殺傷能力はなく、相手を気絶させるのみ。

関連項目[編集]