スタンガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スタンガン英語: stun gun)は、広義では、非殺傷性個人携行兵器の総称。非殺傷性のゴム弾などを発射する場合、通常の銃火器などでもスタンガンと呼称される場合もある。

狭義では、暴漢などの相手に電気ショックを与える器具(護身用具)。本項ではこれについて述べる。電撃銃ということもある。

スタン (stun) とは、英語で(打撃によって)気絶させる、呆然とさせるなどの意味で、これにを意味する gun を付けてスタンガン(呆然とさせる銃)と呼ばれる。アメリカで開発された。

概要[ソースを編集]

スタンガンは大別すると、携帯型のハンディータイプと警備用の大型警棒タイプ、それに含まれない物(ワイヤー針タイプなど)に分けられ、ただし日本国内では、主にハンディタイプの物と一部警棒タイプの物が見られるのみで、数メートルの射程を持つワイヤー針タイプの物は現在では見られない。

護身用として販売されている為に、日本国内では通常型のスタンガンの購入・所持・携帯及び実際の使用についての特別な許可や届け出等は一切必要ない。このため一般の商店や通信販売などによっても購入可能となっている。しかし、国外・国内問わず航空機などへの持込などは禁止されている場合があり、その他公共交通機関によりそれぞれ違うため注意が必要である。また、迷惑防止条例で公共の場所で公衆に不安を覚えさせるような方法でスタンガンを携帯する行為に刑事罰を規定していたり、青少年保護育成条例で18歳未満へのスタンガン販売を規制している例が一部の自治体である。

スタンガンは、内部電源回路で高電圧を発生させ、電極部に相手を接触させることにより、暴漢などの相手の神経網を強烈に刺激して、電流が流れた瞬間から体の制御が利かなくなり行動不能にさせる。その隙に危険から退避する十分な時間を確保することができる。放電電極が空中にある場合、電極間で放電(スパーク)が起こり閃光を発し「バチバチ」と音がするため、実際に使用しなくても威嚇効果や戦意を喪失させることが期待できる。

仕様[ソースを編集]

電圧・電流[ソースを編集]

電圧は、一般的なものは5万 - 100万ボルト。電圧は非常に高いが、電流は数ミリアンペアと非常に低く抑えられていて電気抵抗が高い(一瞬だけ感電させるので大電流の必要がない)為、殺傷能力はない。高電圧のモデル(110万ボルトのものもある)や、超小型のより低電圧のモデルが存在する。30万ボルト以上のものになると、厚手の服の上からでも効果があり、50万ボルト以上になると皮製のジャンパーや厚手の毛皮コートの上からでも効果があるとされる。

電源[ソースを編集]

電源には、大部分の物が9ボルトのアルカリ電池を使用している。これは充電器が必要ないこと、つまり電池切れになった際にすぐに購入できて交換できることが最大のメリットとされている。

形状・機能[ソースを編集]

近年になって一般化しつつある物では、伸縮式の警棒の中に仕込まれているものや、携帯電話に偽装したモデルも存在する。警棒型は、主に店舗などの防犯用として置かれることが多い。また催涙スプレーと組み合わせた複合的なモデルも存在する。

威力[ソースを編集]

押し当てられれば筋肉は強制的に収縮させられ、本人の意思に関係なく体の自由が利かなくなる。そのため、麻薬中毒者など痛みによってひるまないような相手にも有効である。フィクションなどではスタンガンで人を簡単に気絶させる描写があるが、現実では市販のスタンガンで気絶することはほとんどなく、身動きを止めるのみに留まる。ただし痛みを原因としたショックや心臓発作など、電気の直接的な作用ではない要因により気絶する可能性はある。また不正に出力を改造された物であれば感電死の可能性がある。何らかの疾患を持つものに行使した場合や、首や頭部、皮膚の敏感な所に過度に使用した場合には、何らかの健康被害を受けたり、後遺症や火傷の跡が残る場合もあるという。カナダでは2001年以降[いつ?]テーザー銃[1]によって400人が死亡しているとの報道がある。

電圧ではなく特殊なパルス信号によるものも存在する。マイオトロン[2]の商標名で知られるモデルがこの方式としては著名だが、電圧式の中にもパルス信号を複合的に取り入れたモデルが存在する。

どのタイプでも電気エネルギーを使うため、金属箔や金属繊維を編込んだ防護服[3]を用いれば脅威ではないが、下記のワイヤー針タイプなどは、距離や服の厚みによっては針が貫通するため完全とはいえない。

各タイプのスタンガン[ソースを編集]

ワイヤー針タイプ[ソースを編集]

単発型ワイヤー針スタンガン、Taser M-26

ワイヤー針タイプの物は、1970年代末~1980年代初頭に開発された。1990年代より米国で裁判所に採用され、判決に怒った裁判当事者が、裁判所関係者に危害を加える危険があった時に、使用されるようになった。相手に近づけない場合に、銃のように間合いを取って使用出来る。

人体に突き刺すための針、本体と繋ぐためのワイヤー、発射用のガスなどをまとめた射出カートリッジを一発のみ装填する単発型と、複数のカートリッジを装填可能な連発型が存在する。単発型は一度発射したらワイヤー針のカートリッジを交換する必要があるため連続して使用できないが、拳銃と同程度のサイズのため広く普及している。連発型は実用的なモデルが市販されてから日が浅く、それなりにサイズがあるため、普及は限定的なものに留まっている。それぞれワイヤーの長さが違う複数のカートリッジが用意されており、使用環境に合わせて変更が可能である。

アメリカでは銃撃戦の巻き添えによる被害者と遺族からの訴訟対策として、警察官が拳銃と併せて単発型を携行し、銃が使えない場合(犯人が興奮して暴れているが周囲に多数の人間がいるなど)に使用するのが一般的である[4]

テイザー社 (Taser) の製品が著名であるため、アメリカではテイザー銃、あるいは単にテイザーと俗称されることも多い。同社の製品は開発初期のモデルなどに例外はあるものの、現在普及しているモデルは発射時に「カートリッジ固有のID番号」を印刷した「紙製のチップ」を撒き散らすことで、犯罪に使用された場合に追跡を容易にする工夫が為されている。さらに近年のモデルでは本体に発射した日時などを記録するメカニズムも搭載されるなど、その機能は強化されている。またテイザー社のオンラインショップで購入する場合は犯罪歴を警察に照会するとしている。

テイザー社では日付の記録・管理機能を備えた法執行機関向けのモデルも販売しており、拳銃型以外にも暴徒対策用として表面に多数のワイヤー針発射機構を備えた「バリケード型のスタンガン」も存在する。

日本においては、このタイプのスタンガンは市販されておらず、一般に認知されることも少ない。これは発射される針が人体に確実に突き刺さる威力を持つ必要があり、針の発射機構も液化炭酸ガスや圧縮した窒素などの高圧ガス、あるいは小量の火薬を使用するものであるため、日本国内では銃刀法により実銃として扱われるためである[5]。なお、問題となるのはあくまでも「針の発射機構」のみであり、スタンガン本体については日本国内でも合法であるが、警察の判断によっては摘発される可能性もあるためか、販売は行われていない[6]

テイザーによる事件[ソースを編集]

2007年10月14日カナダバンクーバー国際空港で、カナダ在住の母と同居するためにカナダに入国した40歳のポーランド人男性ロバート・ジーカンスキーが、さまざまな手違いから10時間も窓口で待たされた挙句に暴れだした。これに対し複数のRCMPの警官がテイザー銃を5度にわたり発射、そのうち2度は同時に発射されていた。初めに撃たれた際ジーカンスキーは悲鳴を上げ地面に倒れた。しかしその後もRCMPはテイザーを撃ち続け、ジーカンスキーは数分後に心肺停止に陥り、死亡した。

この事件の一部始終が撮影されていたことから、ポーランド大使もこの件について抗議するなど政治問題になりつつある[7]

既に最初のテイザーのショックで地面に倒れている被疑者に対し、警察官が何度も繰り返して電気ショックを与え続けるという事例は何件かあり、これらは『事故』ではなく武器の過剰使用、警察官による暴行罪、傷害罪などの『事件』である。

テイザーによる事故[ソースを編集]

Taser X-26

カリフォルニア州オークランドで警察官が地下鉄で黒人青年を射殺してしまった例 (BART Police shooting of Oscar Grant) などが挙げられるが、他にも泥酔者や電柱に登っている麻薬常用者を警察官がテイザーを抜くつもりで拳銃を抜いて撃ってしまった例などが各地の警察で起きている。それらの『事故』を踏まえて、ロサンゼルス市警察や多くの警察機構は、内規で拳銃は利き腕側、テイザーは逆(警棒、無線機、懐中電灯、キーホルダーなど他の装備がある)側に装着するように指導している。またテイザー社でも、左側用のホルスターや一目で区別できるように本体色を明るい黄色や透明に変更したモデルを取り扱っている。

普及度[ソースを編集]

距離を取って対象を無力化できるメリットはあるが、法執行機関向けは廉価版の本体のみですら拳銃の2倍(Glock$500、標準的なリボルバー$350、Taser X26 $1000)、一般向けも拳銃並み(TASER C2 $400)と高額であり支給出来るのは予算に余裕のある大都市の警察など限られているが、銃器使用による民事訴訟を避ける為に積極的に採用する州もある。

テイザー社では扱いに慣れるためのトレーニング用シミュレータ、裁判で適正使用であることを証明するためグリップエンドや制服の胸ポケットに取り付ける小型カメラ、ピカティニー・レールに対応させるマウントキット、タブレット端末やクラウドに対応した管理ソフトを用意するなど、大口需要が見込まれる法執行機関向けのオプションを強化している[8]

ワイヤレスタイプ[ソースを編集]

テイザー社では、発射体に電源部を内蔵してワイヤーを不要とし、通常の銃器のように使用できるモデル「TASER XREP」も開発している。これは武装した暴徒対策にアメリカの警察で広く使用されている散弾銃の12番径実包と同一形状のもので、射程距離は約30m(100フィート)である。

発射体には針の出た電極と、接地極となるむき出しの導線部があり、先端部の針が刺さると本体と先端の針が分離、ぶら下がった本体から伸びる導線を接地極として電流が流れる仕組みである。発射体に組み込まれた電源は小さく電力も限られるが、既存の銃器を流用することや、発射すると展開する羽で回転しながら高い直進性を示すため、離れた位置から正確に対象物に当てやすく、命中すれば約20秒にわたって対象の行動を阻むとしている。テイザー社では発射時や着弾時のスローモーション映像を公開している。

弾薬としての特性が実弾とはかなり異なるため、自動式散弾銃での使用は推奨されておらず、ポンプアクション方式など手動で装填するメカニズムを持つ銃での使用が薦められている。テイザー社は発射体と共に、ポンプアクション式散弾銃として広く普及しているモスバーグM500の樹脂部品を明るい黄色に置き換え、通常のショットガンと容易に区別できるようにしたカスタム品を法執行機関向けに販売している。

使用上の問題点[ソースを編集]

アメリカでは護身・防犯用品として広く知られた存在だが、日本では一般的な護身具としても「店舗用の防犯用品」としても普及してはいない。国によっては所持を規制しているところもある。

使用状況によってスタンガンの電極による機械的な人体損傷(切り傷など)や転倒によって頭部を強打した場合、テーザー銃による過度の長時間通電など過剰防衛と受け取られることもある(上記のテーザーによる事件を参照)。

防犯用途で危険を避けるために用いるには効果的な器具であるが、これを使っての強盗や傷害事件も後をたたない。使用の結果、刑法の傷害罪(204条)の構成要件に該当するとして処罰されるおそれが考えられる。

ただし、日本の警察の場合、スタンガンの携行には否定的である。これは、スタンガンが相手に奪い取られると、より危険な事態を招くためである。警察は護身具として防犯ブザーを推奨している。

2004年3月には、これを自分の長女である乳幼児に押し当てて、児童虐待を行っていた東京都渋谷区在住の男性が、「乳幼児に使用すれば心停止の危険もあった」として殺人未遂で逮捕された[9]

2008年6月には愛知県犬山市でこれを離婚調停中の妻に押し当て気絶させた上で木曽川に突き落とし殺害した疑いで中部電力関連企業の社員の男性が殺人容疑で逮捕された[10]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ http://www.cbc.ca/documentaries/doczone/2010/tasered/index.html
  2. ^ マイオトロンはアメリカで後遺症などによる複数の訴訟が起きており現在では生産されていない
  3. ^ ファラデーケージを参照
  4. ^ 2002年公開の映画コラテラル・ダメージでは、警察官が室内で暴れる主人公をテーザーで昏倒させてから取り押さえるシーンがあり、この頃は既に一般的な対応になっていたと思われる
  5. ^ 警視庁の通達による。
  6. ^ 1990年代のラジオライフにはワイヤー針タイプの販売広告が掲載されていた。
  7. ^ 一瞬のすれ違いで生じた悲劇、ポーランド人移民がカナダ警察に撃たれ死亡
  8. ^ テイザー社の公式サイトではトップに法執行機関が製品を利用する動画が流れるが、個人向け製品の情報はほとんど掲載されていない(2015年04月)。
  9. ^ AllAboutJapan - 生後3ヶ月の我が子にスタンガン使用で父親逮捕、スタンガンで殺人未遂。
  10. ^ [1] - スタンガン数カ月前購入か 逮捕の夫、パソコンに履歴

関連項目[ソースを編集]