ぼくドラえもん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ぼくドラえもん
大山のぶ代(ドラえもん)、こおろぎ'73楽曲
リリース1979年8月
規格シングルレコード
ジャンル子供向け楽曲
アニメソング
レーベル日本コロムビア
作詞者藤子不二雄藤子・F・不二雄
作曲者菊池俊輔
その他収録アルバム
チャート順位
収録曲
  1. 「ドラえもん音頭」
  2. ぼくドラえもん

ぼくドラえもん」は、テレビ朝日系アニメ『ドラえもん』のテーマ曲である。

1979年8月発売の大山のぶ代こおろぎ'73の両A面シングル(EP)『ドラえもん音頭/ぼくドラえもん』に収録され発売された。

アレンジ版の『ぼくドラえもん2112』は、1995年3月1日に『2112年 ドラえもん誕生』のテーマソングとしてシングル発売された後、同年6月21日発売の山野さと子のシングルCD『ドラえもんのうた』のカップリングに収録され発売された。

バリエーション[編集]

ぼくドラえもん
1979年から1981年に放映されていた『ドラえもん』の10分番組(もともとは関東ローカル)のオープニング主題歌として、スタート半年後の1979年10月1日から1981年9月26日まで使用された。ただし、1980年から数年間続いた『ドラえもん』正月特番では、オープニング主題歌は「ドラえもんのうた」でなくこちらが採用されたため、放映エリア全域で聴けた。
劇場版では、長編第1作『ドラえもん のび太の恐竜』(1980年)と第2作『ドラえもん のび太の宇宙開拓史』(1981年)でオープニング主題歌として使用されたほか、第3作『ドラえもん のび太の大魔境』の予告でも使用されていた。また、第5作『ドラえもん のび太の魔界大冒険』では、劇中でジャイアンが「おれはジャイアンさまだ」と平行して歌っている。それ以外では、中編映画『ドラえもん ぼく、桃太郎のなんなのさ』(1981年)において予告とオープニングで使用されている。
バラエティ番組『パオパオチャンネル(月曜日)』の再放送版にも使用されていたが、冒頭部分に若干編集が加えられていた。
ぼくドラえもん2112
1995年の劇場版併映作品『2112年 ドラえもん誕生』のエンディング主題歌としてアレンジされたバージョン。伴奏は新たに編曲・演奏されたものだが、ボーカルコーラスはオリジナル版音源からの流用であり、完全な新録音ではない。ただし、編集によって大サビが加えられている。伴奏はオリジナルから一新したアレンジとなっており、ドラムによるリズムセクションが強く出たものとなっている。シリーズ中最も長く使われたエンディング曲でもある。
テレビアニメでも上記映画の約1ヶ月後の1995年4月14日から2002年9月20日までエンディング主題歌として使用された。
本編劇場版では『ドラえもん のび太と銀河超特急』(1996年)での中生代の星の場面と、『ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記』(1997年)でのねじ巻き星の森を探検する場面で、挿入歌として流れている。
ぼくドラえもん 40th
アニメ放送40周年を記念し、第2期ドラえもんを演じる水田わさびがカバーしたバージョン。2019年5月10日放送分のエンディング主題歌として初めて放送された。「ぼくドラえもん2112」以来、約17年ぶりの主題歌としての使用であり、2005年のリニューアル後としては初となる。
「2112」と同じく曲の締めの繰り返しがあるが、繰り返す範囲は若干異なる。伴奏はオリジナル版のものをベースとしつつ、イントロ・間奏部分に第1期でかつて使用されていたBGM・効果音のフレーズをいくつか交えたものとなっている。

カバー[編集]

  • 大和田りつこ、ピーカブー - CBS・ソニー(ソニー・ミュージックレコーズ)版カバー。編曲:淡海悟郎。『主題歌ヒットソング大行進'81』(20AH-1329、1981年)などに収録。
  • ジ・アニメルズ - シングル『アニメドレー 臨時増刊号』(1983年)。メドレー曲「ときめきアニメ コレクション1983」の1曲としてカバー。
  • 東京プリン - 曲名は「ぼくドラえもん2112」(2002年)。シングル「ドラえもんのうた」のカップリングに収録。
  • カバーソング・ドールズ - アルバム『COVER SONG DOLLS 3 -カバドル・アニソン-』(2008年)。
  • Coro I Nostri Figli di Nora Orlandi(ノラ・オルランディイタリア語版児童合唱団) - 曲名は「La canzone di Doraemon(ドラえもんの歌)」。イタリア放映版『ドラえもん』のエンディング主題歌として使用された。シングル「it:Il gatto Doraemon/La canzone di Doraemon」に収録。

発車メロディとしての使用[編集]

神奈川県川崎市にある藤子・F・不二雄ミュージアムの開館5周年を記念して、2016年9月3日より東日本旅客鉄道(JR東日本)南武線登戸駅の1番線において発車メロディとして使用されている[2]。編曲は塩塚博が手掛けた[3]

脚注[編集]

  1. ^ 『オリコン年鑑 1982年版』、67頁。
  2. ^ 藤子Fアニメ5曲を発車メロディーに一挙導入 南武線2駅で9月3日から” (日本語). 乗りものニュース. 2020年4月7日閲覧。
  3. ^ 南武線登戸,宿河原駅発車メロディ「ドラえもんのうた」など5曲制作” (日本語). 株式会社スイッチオフィシャルサイト. 株式会社スイッチ. 2020年4月7日閲覧。

関連項目[編集]