ぼくドラえもん (ドリームキャスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ぼくドラえもん
ジャンル シミュレーションアドベンチャーゲーム
対応機種 ドリームキャスト
人数 1人
発売日 2001年1月25日
テンプレートを表示

ぼくドラえもん』は、2001年1月25日セガトイズから発売されたドラえもんの唯一のドリームキャスト用ゲームソフト。ジャンルはシミュレーションアドベンチャーゲーム。プレイヤーがドラえもんになりきってプレイするといったゲームである。のび太の家の中を見ることができるのも特徴。

概要[編集]

プレイヤーはドラえもんとなり、全部で150個以上あるひみつ道具を使ってのび太を助けていく。1年間、48話(1話につき1週間経過)のシナリオを進め、最終的にはのび太としずかを結婚させることが目的である。

メッセージの選択、道具の選択、キャラクターの捜索で話を進めるが、話によっては原作通りの展開[1]に進めると逆に「シナリオ失敗」になることもある。シナリオ失敗が多いと未来が変わる前のジャイ子との結婚(つまりバッドエンド)になってしまい、このゲームである意味、あの未来もドラえもん自ら作ってしまった未来であることがわかる。

登場人物[編集]

GD-ROMにも関わらずキャラクターボイスは非常に少なく、キャラクターボイスはあくまでひみつ道具を出す時など定番のセリフ以外はテキストのみで済まされており、2001年のキャラクターゲームとしては非常に陳腐な仕様となっている。

ドラやき[編集]

ドラえもんのエネルギーに相当し、これが無くなると移動やシナリオ進行ができなくなる。歩行で場所移動を行うと半分消費する。押入れで寝るか、ミニゲームをすることで回復可能。

ひみつ道具[編集]

移動に用いる。使用は1つの話につき5回まで。制限時間が設定されている場合は移動時間を50消費する(なお、徒歩の場合は100消費)。
移動に用いる。使用は1つの話につき5回まで。移動時間はかからない。

ミニゲーム[編集]

全部で3種類。クリアするとドラやきが貰える。

  • 肩たたき - ママの肩をリズミカルに叩く。
  • 草むしり - ネズミにかじられないよう注意しながら、庭の草をむしる。
  • おかたづけ - ネズミにかじられないよう注意しながら、台所で食器等を所定の場所にしまう。

[編集]

「ぼく ドラえもん」制作スタッフ[編集]

  • エグゼクティブ・プロデューサー:横関謙治 安東實 中野隆幸
  • プロデューサー:山本トモヒロ 鎌田明美 江田正
  • ディレクター:杉山勝彦
  • チーフ・デザイナー:林田和博
  • チーフ・メインプログラマー:後藤誠
  • サウンド:カエルくん
  • シナリオ:菅田一寿 芦田純之

脚注[編集]

  1. ^ のび太がイタズラや悪事をして騒動を起こす