ドラえもん (ファミコン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドラえもん
ジャンル アクションアドベンチャー&
横スクロールシューティング
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 ハドソン開発本部
発売元 ハドソン
プロデューサー 大里幸夫
ディレクター 野沢勝広
デザイナー 山本次行
岡本敏郎
菊田昌昭
松浦浩司
奥村恵
シナリオ 野沢勝広
プログラマー 野沢勝広
中本伸一
菊田昌昭
奥野仁
板垣史彦
音楽 竹間淳
美術 山本次行
岡本敏郎
人数 1人
メディア 1.25メガビットロムカセット
発売日 日本 198612121986年12月12日
売上本数 約115万本
その他 型式:HFC-DO
テンプレートを表示

ドラえもん』は、ハドソン(現・コナミデジタルエンタテイメント)から発売されたファミリーコンピュータゲームソフト。漫画『ドラえもん』(1969年 - 1996年)を題材としたキャラクターゲーム

概要[編集]

大長編ドラえもんおよびアニメーション映画の『ドラえもん のび太の宇宙開拓史』(1981年)、『ドラえもん のび太の大魔境』(1982年)、『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』(1983年)の3作品をモチーフとしている。

当時ファミコンブームに乗じて多数のキャラクターゲームが発売されたものの、原作とゲーム内容との不適合やゲーム内容の練り込み不足などの理由により、万人の支持を集めた作品は少数であった。そんな中、本作は人気キャラクターであるドラえもんの採用に加え、ゲーム上における世界観再現の成功や変化に富んだゲーム内容で、ファミリーコンピュータ初期から中期を代表する人気作品の1つとなった。

しかしバランスの取れた優良ゲームであると同時に、「ランダム性のあるワープ」など分かりづらい点も多く、クリアに要する技量レベルも、同じファミコンアクションゲームの代表作である『スーパーマリオブラザーズ』シリーズと比べると遥かに高かった。

カセットの色から「白ドラ」、メーカー名から「ハドソンのドラえもん」と呼ばれることがある。これは原作となる漫画やアニメの他、後にエポック社から同じくファミコンで発売されたゲーム『ドラえもん ギガゾンビの逆襲』などと区別する目的で与えられた俗称とされる。2000年まで徳間書店インターメディアから発行していた家庭用ゲームソフト及び裏技の事典「大技林」シリーズ、同年より毎日コミュニケーションズがそれを引き継ぎ発行している「広技苑」シリーズでは『ドラえもん(ハドソン版)』と表記。先述の『ギガゾンビの逆襲』については、『ドラえもん(エポック社版)』として区別している(同書籍からデータ提供を受けている毎日新聞社公式サイト「毎日.jp」内「まんたんウェブ」内「ゲームクエスト」でも同様のタイトル表記となっている[1])。

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

このゲームは各作品を舞台とした3つのワールドに別れているが、ワールドごとにシステムがまったく異なり、各ワールドがそれぞれひとつの独立したゲームのようになっている。この形式は、翌年同社が発売したゲーム『ミッキーマウス 不思議の国の大冒険』でも採り入れている。

プレイヤーは、全てのワールドにおいてドラえもんを操作する。各ワールドを順に攻略し、仲間を救出することがゲームの目的となる。

ライフ制残機制を採用している。ライフが0になると1ミスとなって残り人数が減少し、残り人数が0のときにミスするとゲームオーバーになる。通常はゲームオーバーになると最初からやり直しになるが、裏技によるコンティニューが可能で、ゲームオーバーになった所から再開する。ライフはドラえもんの好物である「ドラやき」を取得することで回復する。

通常はワールド1から順に進行するが、裏技によりワールド2や3からスタートさせることも可能である。裏技を使わずワールド1からスタートし、ゲームクリアを達成した場合、エンディングでスタッフロールを見ることができる。

ステージ構成[編集]

ワールド1 開拓編[編集]

トップビュー方式サイドビュー方式の面から構成されるアクション面。「ガルタイト鉱業」に囚われたのび太を救出するのが目的。ボスキャラクターは「ブルロボット」。

メインマップは大きく分けて「トカイトカイ星」と「コーヤコーヤ星」の2つ。マップ中の数箇所にあるマンホールに入るとサイドビュー方式のマップに切り替わってジャンプアクションとなり、その中ではアイテムを入手できたり、通路を抜けて別のマンホールに移動できたりする。またメインマップには数箇所に「どこでもドア」があり、それを使うとワープすることができる。

ボスの撃破や隠れているマンホール、およびどこでもドアを出現させるには、探し出した武器を使う必要がある。武器は「ショックガン」→「空気砲」→「強力うちわ」の3段階にパワーアップする。空気砲、強力うちわはそれぞれショックガンの2倍、3倍の攻撃力を持つ。連射性能は初期状態では1発だけだが、「連射ドリンク」を取ると連射性能が向上する。

プレイヤーおよび敵ともに攻撃を受けた直後に無敵時間があり、この間はダメージを受けない。ドラえもんの体力が0になってミスした場合の再開地点はミスした地点からになる(サイドビュー面では入り口からのやり直しだが、ガルタイト鉱業内部でミスした場合に限り、コーヤコーヤ星の最初に戻る)。

ワールド2 魔境編[編集]

強制スクロールのシューティング面。ワールド2は大きく3つのエリアに分かれており、各エリアの最後にエリアボスが待ち受けている(第1エリアはオロロン岩、第2エリアはビッグロボシップ(コス博士)、第3エリアはケンタウルス(ダブランダー大臣))。本世界ではボスを倒し巨神像の心(ハート型の鍵)を動かすことが目的。

スクロールは曲がり角に到達すると方向が変化するため、右スクロールを基本に上下方向にもめまぐるしく変化する。両側にある壁や障害物に触れるとダメージを受ける。数箇所にある隠し部屋では、スネ夫ジャイアンの救出、アイテムの入手が可能。第2エリア以降は無限ループも存在し、正しいルートを選ばないと先に進めない(ループの回数によるペナルティはないが、隠し部屋が途中にある場合は1度だけの利用になる)。またこのワールドでは、アイテム入手による得点の加算が一切ない。

初期状態の武器はショックガン(4連射が可能)だが「スモールライト」を入手すると広範囲で敵への攻撃が可能となり、しかもボス以外なら一撃で倒すことができる(スモールライトは開拓編でも入手可能で、その場合は魔境編のスタート時の装備がスモールライトになる)。またスネ夫やジャイアンを助けると彼らはドラえもんと共に行動し、スネ夫はショックガンで、ジャイアンは投石で援護攻撃をする(攻撃の強さはドラえもんの所持武器に準ずる)。

このワールドでの被ダメージ時の無敵時間はドラえもんのみ。ダメージ判定は受けた瞬間で、ライフが減るのは無敵時間終了後のため、無敵時間中に回復アイテムを取得すると終了後にライフが減ることになる。ドラえもんが4回ダメージを受ける(壁の接触も含む)とスネ夫とジャイアンが離脱したり、アイテムを失ったりする。ドラえもんの体力が0になってミスになった場合は、各エリアの開始地点からの再開となる。どれだけ進んでも各エリアのボスを倒していない場合は、クリアしていないエリアのスタート地点に戻る。

隠し部屋でのアイテムや仲間を一通り取得すると、以降は10万点ボーナスが獲得できる(最大3回まで)。 第3エリアのボスを倒した時点でジャイアンとスネ夫がいない場合は、その直後に加入する。なお、ジャイアンがいるときにファミコンの2コントローラーにあるマイクを使用することで、一度だけ画面上の敵を全滅させる裏技があり、これは当時の雑誌『月刊コロコロコミック』にて読者公募によって採用されたもの。

ワールド3 海底編[編集]

サイドビュー方式かつ画面切替方式のアクション面。これまでに助けたのび太(水泳が苦手なので浮き輪を付けている)、スネ夫、ジャイアンが再び囚われ、その3人を救出しなければならなくなる。救出した3人で鬼岩城の門を開け、鬼岩城のボスであるポセイドンからしずかを救出することが目的。

武器は水圧砲で、2連射が可能。また方向キーの操作で水面からジャンプすることもでき、下から勢いをつけることで高く跳ぶことができる。画面が切り替わっても勢いは蓄積されており、後述の宝箱の中には一画面下の位置から上り続けて、高くジャンプしなければ届かない場所もある。

とりよせバッグ」「通りぬけフープ」「」「お守り」などのアイテムが登場し、ドラえもんはこれらのアイテムを手でつかんで持ち運ぶ。宝箱から助けた3人の仲間もアイテム扱いとなり、1画面内には、仲間救出直後を除き3つまでのアイテムおよび仲間を配置できる。とりよせバッグを持っていると、他のアイテムおよび仲間を2つまで一緒に運ぶことが可能。前述の4大アイテムの場所は固定であるが、アイテムの種類はランダムである。

一定時間、同じ画面に留まると「ユーレイ」が出現し、画面内にあるアイテム(とりよせバッグ除く)・仲間や敵の中から1つをどこかの別の画面へと持ち去ってしまう。

8個ある宝箱のうち、仲間が入った3個以外には敵キャラ「ドラゴン(説明書では海ヘビ)」が配置されている。この敵は画面を切り替えても消滅せず、時間の経過と共に他の画面へ移動し続けるため、早期に倒さなければ非常に厄介な存在となる。通常攻撃では倒せず、撃破には「お守り」が必須となる。宝箱のほか、鬼岩城内部にはドラゴンが配置された部屋が3カ所ある(このエリアでは倒しても画面切り替えで復活するが、他の画面へ移動してこない)。

深海及び通り抜けフープで開けられる先の隠し部屋に入るとBGMが変化する。

このワールドは、プレイヤーおよび敵ともにダメージ後の無敵時間が存在しない。ダメージを受けた隙に敵の間を潜り抜けるということもできない(そのような仕組みのため、場所によっては、いわゆる「ハマり」状態になることもある)。大ダコのように、ダメージを受けながら攻撃しないとまず倒せない敵もいる。

ダイヤおよび金塊を累計20個取ると、ガイコツとドラヤキが乱れ飛ぶ拷問部屋(『マイティボンジャック』に類似のイベントがある)に飛ばされる。ドラヤキを20個(ライフは回復しない)を入手するか60秒間経過すると脱出できるほか、1ミスしても脱出できる。ダイヤおよび金塊の取得数は、宝箱の仲間を救出するとリセットされる(開発中の説明書には一定時間仲間を助けないと連れて行かれるとある)。

通りぬけフープはマップ内の壁の一部を消滅させることができる。この壁はマップを移動すると再び塞がってしまい、壁の外側に通りぬけフープを置いたまま部屋の中に入ると閉じ込められてしまう可能性があるため、海底編では体力がなくなり1ミスすると、復活する場所は通りぬけフープのある場所からとなっている。

アイテム[編集]

本作に登場する主要なアイテムを挙げる。括弧内の「開拓」「魔境」「海底」は、それぞれ登場するワールドを示す。武器については#ワールドを参照。

消費系アイテム[編集]

開拓編および海底編で敵を4匹倒すごとに現れるアイテム。ドラやきのみ全ワールドで登場する。

ドラやき(開拓・魔境・海底)
ライフを回復する。開拓・魔境編では全快するが、海底編では一定値のみ回復する。魔境編ではライフが少ない場合に隠し部屋で取得できるほか、敵キャラのタッコンを4匹連続で倒すことでも取得できる。開拓編では2000点、海底編では500点加算される。
タンマウォッチ(開拓・海底)
敵の動きを5秒間止める。この間に敵や弾に当たってもダメージを受けない。重複して入手が可能で、そこから更に5秒間延長される。ただし、開拓編ではマンホールやどこでもドアを使って移動した場合に、海底編では隣のエリアに移動した場合に、その場で効果が切れる。開拓編では2000点、海底編では200点加算される。
ダイヤ(開拓・海底)
開拓編では単に得点加算のみだが、海底編では画面内の敵をすべて消し去る効果を持つ(一定数の割合でアイテムにも変化し、その後のアイテム発生にも影響する)。また、アイテムを持ち去ってしまうユーレイを消し去ることが出来る唯一の手段でもある。ただし、海底編では金塊と合わせて20個取ると拷問部屋に飛ばされる。開拓編・海底編共に2000点が加算される。
金塊(開拓・海底)
得点が1000点加算されるのみ。海底編では、ダイヤと合わせて20個取ると拷問部屋に飛ばされる。

攻撃補助・防御系アイテム[編集]

連射ドリンク(開拓)
開拓編で登場する武器の連射が可能になる。1つ取るごとに連射可能数が1発ずつ増え、最大4発の連射が可能となる。なお、魔境編のショックガンや海底編の水圧砲の連射数に影響を与えることはなく、開拓編でまったく取らなかった場合や裏技で途中から始めた場合でも規定数の連射が可能。
ヒラリマント(魔境)
攻撃を回避し、ダメージをやり過ごすことができる。5回まで有効。なお使用時には無敵時間が発生しない。

持ち運びアイテム[編集]

海底編で登場する、持ち運んで活用するアイテム。すべて、ドラえもんの体と同じくらいの大きさ。また、とりよせバッグ以外は、ユーレイによって別のエリアに持ち去られてしまうことがある。

とりよせバッグ(海底)
下記の3つのアイテムと救出した仲間を、2つまで同時に運べる。ユーレイに持ち去られることもない。
カギ(海底)
点在する宝箱を開けるためのカギ。
お守り(海底)
宝箱や鬼岩城に登場するウミヘビ(ドラゴン)を倒すアイテム。触れれば一撃で粉砕する。
通りぬけフープ(魔境・海底)
一部の壁を通り抜けることができる。また、ミス後はこのアイテムが置いてある場所からの再開となる。魔境編の隠し部屋で取っていた場合、魔境編では特に効果はないが、海底編に進んだ際、スタート時から所持した状態となる。魔境編で被ダメージにより失われることはない。

その他[編集]

1UPどら焼き(開拓)
開拓編で1カ所隠されている特殊などら焼き。とっても回復しない代わりに1UPする。
元気キャンディー(開拓・魔境・海底)
ライフを全快させると共に、ライフの最大値を上昇させる。各ワールドに2つずつあるが、魔境編では仲間や他のアイテムの出現が優先されるためダメージの受け具合によっては1つも取れない場合もある。魔境編を除き5000点が加算される。
チャミー(開拓)
特定の順序でザコ敵を倒すと現れる。取得すると一定時間無敵になり、敵に触れた場合は瞬殺できる。
開発スタッフ(開拓)
特定の行為をすると現れる。80000点加算される。
ドラミ(海底)
特定の行為をすると現れる。4つのアイテム(とりよせバッグ・通りぬけフープ・鍵・お守り)をすべて1か所に集めてくれる。ちなみにオープニング画面の後にも、しばらく経つとアイテム紹介にドラミちゃんが登場する。

敵キャラクター[編集]

開拓編の敵キャラクター[編集]

※コーヤコーヤ星では、スネラーを除く全ての敵が弾を放ってくる。

  • コブーン:帽子をかぶった赤い敵。上下左右に移動。
  • ナーメ:ナメクジの形をしており、左右に往復しながら弾を放つ。
  • メカノッソ:ロボットの形状をしており、上下左右に移動。
  • ユーボウ:UFOの形をしていて、ドラえもんをしつこく追いかける。
  • ドバック:頭が開いて多数の弾を放ってくる。
  • ゴズラ:耐久力・攻撃力ともに高く、地下・コーヤコーヤ星では多量の弾を放つ。
  • ネズミ:ドラえもんの天敵。地下に出現し、すばやく左右に移動したりジャンプしたりする。
  • ヘリメダ:目玉のついたヘリコプター。上下に飛行しながら前進する。
  • ギラーミン:黒服の殺し屋。原作にも登場。ゴズラなみの耐久力を持ち、移動しながら弾を放つ。
  • スネラー:コーヤコーヤ星に出現。ヘビのように素早くしつこく体当たりしてくる。
  • ブルロボ:開拓編のボス。原作にも登場する機関車の形状をした敵。多量の弾をばら撒きながら歩き、時おりジャンプする。

魔境編の敵キャラクター[編集]

  • アンコドリ:アンコウが合わさったような鳥。横スクロール地帯のみに出現。集団で現れ、直線に飛ぶ。
  • タッコン:タコの形状をし、その場で動かず弾を放つ。
  • ミドロン:緑色のアメーバのような生物。直線に体当たりしてくる。
  • テンコウモリ:ドクロに羽が生えた生物。波状に激しく動く。
  • ゼンマイウオ:ゼンマイネジのついた魚。水面から飛び出してくる。
  • グリンコ:緑色のコウモリ。上下に揺れながら前進。
  • トッシン:テンコウモリが横向きになったようなキャラ。直角に攻めてくる。
  • ガンガン:岩のような敵。上スクロール地帯のみに出現する。直線と螺旋状(耐久力が高い)に動くタイプの2種類がある。
  • ジョキ:耐久力は少し高め。ミドロンと同じ動き。
  • ポッタ:地底湖にいるしずくのような物体。
  • ジュラ:手裏剣の形をした物体。耐久力はかなり高い。
  • キョン:カエルに似た形状の生物。縦スクロール地帯のみに出現。左右に素早く移動。
  • ロボシップ:小型の飛空艇。ビッグロボシップ戦でのみ出現。ドラえもんめがけて直進する。
  • ボルッカ:火山の火口に扮し、多くの弾を放つ。
  • ブラン:ツタのような物体で、先端から弾を放つ。耐久力はかなり高い。
  • オロロン岩:第1エリアのボス。原作にも登場。目からジュラのような弾(こちらは1発で消せる)を放ってくる。
  • ビッグロボシップ:第2エリアのボス。高速に円運動をし、ロボシップを放ってくる。
  • ケンタウルス:第3エリアのボスにして、魔境編のボス。大臣の顔をしており、8の字を描きながらテンコウモリを差し向ける。

海底編の敵キャラクター[編集]

※場所によって色違いのキャラが出現するが特徴は変わらない。また、ポセイドンを除いて弾は撃たない。

  • カメ:ウミガメ。左右に移動。
  • カニ:上下左右に移動。耐久力がある。
  • ガイコツ:壁をすり抜け、斜めに動く頭蓋骨。耐久力があり、弾を当てると分裂することもある。大ダコや鬼岩城のドラゴンを倒しても出現する。鬼岩城にいるものは速度が速い。
  • ギョックン:魚の形状をしたキャラ。左右に移動。
  • オトシゴ:タツノオトシゴの形状をしている。動き・耐久力はカニと同じ。
  • バトルフィッシュ:原作にも登場する魚の形をした潜水艇。耐久力がある。
  • ガンスケ:原作に登場する鉄騎隊のようなキャラ。鬼岩城に出現。耐久力がある。
  • 火山弾:海底火山から噴出してくる。あたるとダメージが大きい。
  • 大ダコ:宝箱を守る巨大キャラ。足に捕まると離れなくなる。弱点は足先。原作ではダイオウイカ
  • ドラゴン:ハズレの宝箱を開けると出現。触れると離れなくなる。また、別の部屋へランダムに移動する。お守りがないと倒せない。鬼岩城にも登場。
  • ユーレイ:一つの部屋に長時間いると出現し、アイテムや仲間などを連れ去る。別の画面に移動するかダイヤを取ると消える。
  • ポセイドン:海底編のボスにして、本作の最終ボス。原作にも登場。4つの破片に分かれて現れ、合体したのち火山弾を放ちながら移動する。

スタッフ[編集]

  • エグゼクティブ・プロデューサー:工藤裕司、工藤浩
  • プロデューサー:大里幸夫
  • ディレクション:野沢勝広
  • スクリーンプレイ:高橋利幸
  • ストーリー:野沢勝広
  • プログラム:野沢勝広(開拓編)、中本伸一(魔境編)、菊田昌昭(海底編)、奥野仁、板垣史彦
  • ゲーム・デザイン:山本次行、NONTA、SHIN CHAN、OKKUN、岡本敏郎、KIKU(菊田昌昭)、松浦浩司、奥村恵
  • キャラクター・デザイン:YAMAMOTO SAN(山本次行)、OKAMOTO SAN(岡本敏郎)、MANGA
  • キャラクター造形:YAMAMOTO SAN(山本次行)、OKAMOTO SAN(岡本敏郎)、MANGA、桜田一郎、滝本利昭、三上哲、野中和彦
  • 音楽:竹間淳
  • 効果音:ITASAN(板垣史彦)
  • オリジナル・ストーリー:藤子・F・不二雄
  • スペシャル・サンクス:小林常務、中野忠博、川田名人Jr.(川田忠之)、YANO SAN(矢野克敏)、NAKAJI、KOUZOU、URA(浦敏治)、AKIMOTO SAN(秋元哲也)、KURODA SAN、TOSHIDA SAN、KOSAKA、JUN、MADO、安田圭吾

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
ファミ通 24/40点[2]
ファミリーコンピュータMagazine 19.05/30点[3]

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計24点(満40点)[2]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、19.05点(満30点)となっている[3]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.57 3.33 3.13 3.11 2.86 3.05 19.05

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ドラえもん(ハドソン版)ドラえもん(エポック社版)
  2. ^ a b ドラえもん まとめ [ファミコン]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2016年10月10日閲覧。
  3. ^ a b 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店1991年5月10日、 82頁。