マイティボンジャック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マイティボンジャック
ジャンル アクションアドベンチャー
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 テクモ企画開発部
発売元 テクモ
音楽 増子司
蓮谷通治
シリーズ ボンジャックシリーズ
人数 1人
メディア ロムカセット
発売日 日本 198604241986年4月24日
アメリカ合衆国 1987071987年7月
ヨーロッパ 1988年
対象年齢 日本 CEROA(全年齢対象)
アメリカ合衆国 ESRBE(6歳以上)
ヨーロッパ PEGI3
その他 型式:日本 TCF-MB
アメリカ合衆国 NES-BJ-USA
テンプレートを表示

マイティボンジャック』(Mighty BombJack)は、1986年4月24日テクモ(現・コーエーテクモゲームス)が発売した同社のファミコン参入第1弾ソフトであるアクションアドベンチャーゲーム[1]

概要[編集]

1984年業務用で稼動した『ボンジャック』(当時の社名はテーカン)の続編。

主人公ジャックを操作し、アイテムやジャンプを駆使してクリアを目指す。各通路面の最後には「王家の間」があり、その王家の間へ入ると固定画面になる。エンディングは途中のプレイ内容により変化する。プレイヤーの腕前を数値で評価するゲーム偏差値がある。

ピラミッドは全256画面[2]で構成されており、それらを繋げるとピラミッドのような構成となる。

2007年2月6日からWiiバーチャルコンソールで、2012年9月26日からニンテンドー3DSのバーチャルコンソールで、2014年2月5日からWii Uのバーチャルコンソールでそれぞれ配信されている。

フジテレビのホームページにあるゲームコーナーではこのゲームをアレンジした「お台場ボンジャック」がプレイできる。TVアニメ『Rio RainbowGate!』に本作主人公の子孫が登場する。

また、『痛快テレビゲーム! ファミン子全員集合』というテレビ番組が収録された際、スタジオ観覧に訪れた子供へ『マイティ文珍ジャック』と称したソフトがごく少数配布された。ソフトにはラベルは貼られておらず、収納ケースも説明書もない文字通り裸のままだった。内容は爆弾が桂文珍の顔を模している他に通常のソフトと変わりはない。

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

十字キーとAボタン(ジャンプ)、Bボタン(マイティパワー)で操作。王家の部屋と拷問部屋ではBボタンでもジャンプできる。上に押しながらジャンプすることで地面から天井まで届くほど高くなり、逆に下に押しながらジャンプすると高度は小さくなる。また左右下への制御もできる。攻撃手段はほとんど無く、敵や障害物を回避しながら進む。

ジャンプすると10点が得点に加算される。王家の部屋でボーナスコインをすぐに出すための点数調整や、中盤で水晶玉を取るための通路に行くために得点の10の位を特定の数字にする必要があるなど、完全クリアに欠かせない要素でもある。

各ラウンドは基本的に一本道であるが、いくつかのラウンドでは上でジャンプすると消える床・隠しドアがあったり、途中で分岐があったり、先のラウンド(あるいは前のラウンド)にワープする通路が用意されている[1]。閉じているドアは後述のスフィンクスで出現・開放させることができるが、中にはスフィンクスが無く特殊な条件下で出現・開放するドアもある。拷問部屋送りにされるドアもある。

大量に襲い掛かる回避しづらい敵、隠し要素の多さなどから、ゲーム難易度は高い[1]

マイティパワー[編集]

主人公「ジャック」は通路面に落ちている「マイティコイン」を拾い、Bボタンで使用することでパワーアップする。Aボタンを押す回数(ジャンプの回数ではない)により1段階ずつ戻っていく。王家の部屋ではマイティパワーは使えない。マイティコインのストックが10になると拷問部屋に移動する。

1枚
全身が青色になり、通常状態では開けられない橙色の宝箱を、ジャンプして開けられる。Aボタンを20回押すと元に戻る。
2枚
オレンジ色になり、宝箱を横から触れるだけで開けられる。Aボタンを10回押すと青色に戻る。
3枚
緑色になり、上の能力に加え、なった瞬間に画面上の敵を5秒間コインに変える。ただし、後述のパワーボールポイントがリセットされる。それ以外にもシークレットコインを取ったり、特定の部屋・通路に入ったりできる。Aボタンを5回押すとオレンジ色に戻る。
拷問部屋
マイティコインの取りすぎや制限時間の増やしすぎ、特定の扉の通過により拷問部屋に移動する。拷問部屋に移動させられると、所持していたマイティコインは全て没収され、50回ジャンプしないと脱出ができない。

アイテム[編集]

太字のものはスクロールさせて画面外に出すと消えるもの。敵や敵が変化した金貨も同様。

  • 爆弾
    • パワーボールポイントが上昇する他、王家の部屋では全て集めると扉が開く。火のついていない物は100点、ついた物は200点で取得音が異なる。
    • 通路の爆弾に火はつかないが、200点となる順番は王家の部屋同様決まっている。ただし、王家の部屋での順番はループしているのでどこから取っても特に問題はない(ボンジャックと同様のルール)が、通路の場合は途中から取ってしまうとそれ以前の爆弾は全て100点になってしまう。また、爆弾の入っている宝箱を開けてしまうと順番が一部変わってしまう。また、通路では最初から最後まで順番どおりに、つまり最初の1個以外全て200点の爆弾を取ると、最後の爆弾を取った時10,000点のボーナスが獲得できる。この瞬間、爆発音がしてBGMが消えてしまう。
    • パワーボールポイントは、100点の爆弾を取ると1ポイント、200点の爆弾を取ると2ポイント加算され、20ポイント以上になるとチャイムが鳴り、その後宝箱を開けるか隠し宝箱を出現させると、その真上にパワーボールが出現する。王家の部屋では、20ポイントになった瞬間に画面中央に出現、斜めに移動し壁や床に当たると反射する。
  • パワーボール
    • 5秒間、敵が金貨になる。金貨のスコアは100点、200点、300点、500点、800点と取るごとに1個あたりのスコアが上昇していく。
  • 宝箱 - 赤い宝箱は宝箱の上で1回ジャンプすると開くが、オレンジの宝箱はマイティパワーが必要
  • ボーナスバッグ - 書いてある数字に応じて100、300、1,000点のボーナス
  • 金貨 - 後述のエクストラコインの出現に関連し、宝箱に入っているものは500点
  • ボーナスコイン
    • 王家の部屋で得点の1000の位が5または0になると出現。ボーナスコイン自体の得点以外の全ての得点の倍率が2〜5倍にアップする。1,000点。また、このときに金貨を取得した枚数が40枚以上ならばボーナスコインの代わりにエクストラコインが出現する。
  • エクストラコイン - 1UP。宝箱に入っているものは、取った後ミスなどの再スタート後、再び同じ宝箱を開けるとマイティコインに変わっている。
  • 風船 - 出現と同時に真上に飛んでいき、10,000点
  • マイティコイン - マイティパワーが使えるようになる。ただし、9個持っているときに10個目を取ってしまうと拷問部屋に移動する。1,000点。
  • マイティドリンク - 制限時間タイマーのカウントを10プラスする。ただし、カウントが100を越えてしまうと拷問部屋に突き落とされる。1,000点。
  • 奴隷 - 囚われている奴隷、2,000点
  • ジャックの兄 - 囚われているジャックの兄たち。1UP。兄を助けた後、ミスなどの再スタート後、再び同じ部屋に入ると兄のいた場所には奴隷がいる。
  • スフィンクス - 隠しドアが出現・開放され、10,000点。
  • シークレットコイン - マイティパワー3の時のみ取得可能。集めることである条件が満たされる。50,000点。
  • 水晶玉 - 取るとある条件が満たされる
  • 王女、王妃、王様 - 最終ラウンドで救出すると、それぞれの部屋の出口が開放される。
  • テクモプレート - ラウンド5のみに出現し、500,000点と1UP

ワープ[編集]

王家の間で火のついた爆弾を最後に取ると、王家の間からさらに王家の間へとワープし、間の通路面を飛ばせる。しかし、ミスした場合の再開地点は最後に王家の間を通常どおりクリアしたステージとなる。

王家の間では、火のついた爆弾を取った個数によりスペシャルボーナスが入るため、ワープする場合はスペシャルボーナスを得られない。

  • ノーミス(23個):50,000点
  • 1個ミス(22個):30,000点
  • 2個ミス(21個):20,000点
  • 3個ミス(20個):10,000点
  • 4個以上ミス:ボーナスなし

ゲーム偏差値[編集]

クリアも含めゲームオーバーになった際には以下の値を考慮した偏差値が表示される。

  • スコア
  • ラウンド数
  • 1UP数
  • シークレットコイン取得数
  • 水晶玉取得数
  • 最終画面到達

ストーリー[編集]

かつて地球には「パメラ王」と呼ばれる世界を平和に治めている王様がいた。しかし、地上世界に破滅をもたらそうとする魔王ベルゼブルに王族達はさらわれ、魔の巨大ピラミッドの中に閉じ込められる。王族を救うためマイティ一族が立ち上がるが、一族は次々とベルゼブルに敗れ、残すは気弱な末弟であるジャックを残すだけとなる。ジャックは王族達を救い世界に平和を取り戻すことができるのか。

キャラクター[編集]

敵キャラクター[編集]

敵出現を表すマークが出現するとまずミイラが出現。ミイラは宝箱から出現することもある。一定時間経つと別のモンスターが出現する。変化するモンスターはAボタンを押した回数で決定。ゲーム開始からAボタンを押した合計の回数を6で割った余りが以下のキャラの頭についている数字と対応している。ミイラは地面を移動し、足場がなくなると落下する。

0. ハネゾー
魔王ベルゼブルのペット。壁に当たると90度反転して跳ね返る。
1. ゲジ将軍
虫のような敵キャラクター。ジャックを追ってくる。
2. ガーメイド
亀の甲羅の形をした敵キャラクター。ジェット噴射で高速移動し、壁に当たるとジャックに突進してくる。ジャックに当たるまでの時間は一定のため、時に高速でジャックを襲ってくる。
3. ドクロン
頭ガイコツの形をした敵。ジャックを追ってくるが、上下には追尾せず移動する。
4. デス・ファ
火の玉。ジャックを追ってくるが、左右には追尾せず移動する。
デス・ファはデス・ファイヤの略である。
5. ホルス
鳥。ジャックを追ってくるが、斜めに移動する事はない。スピードは遅いものの、壁や床をすり抜けるため厄介な敵。

他機種版[編集]

No.タイトル発売日対応機種開発元発売元メディア型式売上本数
1VSマイティボンジャック
任天堂VS.システム
日本 1986年
アーケードテクモテクモ業務用基板--
2Mighty Bombjack
アメリカ合衆国 1990年
ヨーロッパ 1990年
Amiga
Atari ST
コモドール64
PC/AT互換機
Elite SystemsElite Systemsフロッピーディスク--
3マイティボンジャック決定版
日本 200403172004年3月17日
ボーダフォンライブ
Vアプリ
テクモテクモダウンロード--
4マイティボンジャック
日本 2006年
BREW
EZアプリ
テクモテクモダウンロード--
5マイティボンジャック
バーチャルコンソール
日本 200702062007年2月6日
アメリカ合衆国 200705072007年5月7日
Wiiテクモテクモダウンロード--
6マイティボンジャック
バーチャルコンソール
日本 201209262012年9月26日
アメリカ合衆国 201212062012年12月6日
ニンテンドー3DSテクモコーエーテクモダウンロード--
7テクモゲームパック
日本 201306202013年6月20日
Androidコーエーテクモコーエーテクモダウンロード--
8マイティボンジャック
バーチャルコンソール
アメリカ合衆国 201401232014年1月23日
日本 201402052014年2月5日
Wii Uテクモコーエーテクモダウンロード--

音楽[編集]

サウンドトラック
  • 『ファミコン 20TH アニバーサリー オリジナル・サウンド・トラックス VOL.3』
    2004年4月21日、サイトロン・デジタルコンテンツより発売されたCD内の一作品として収録されている。

スタッフ[編集]

  • 音楽:増子司、蓮谷通治
  • データ作成、効果音:増子司
  • サウンド・ドライバー:猪瀬祥希

評価[編集]

評価
集計結果
媒体結果
GameRankings47.00%[12]
レビュー結果
媒体結果
AllGame3.5/5stars(FC)[3]
Computer and Video Games59/100点(Amiga)[4]
Eurogamer7/10点(Wii)[6]
GameSpot3.8/10点(Wii)[5]
IGN4/10点(Wii)[7]
NintendoLife4/10点(Wii)[8]
5/10点(3DS VC)
6/10点(Wii U)
ファミリーコンピュータMagazine20.70/30点(FC)[9]
ASM8.8/12点(Amiga)[4]
9/12点(ST)[10]
7.6/12点(C64)[11]
Raze78/100点(ST)[10]
ファミリーコンピュータ版

ゲーム誌『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、20.70点(満30点)となっている[9] 。また、同雑誌1991年5月10日号特別付録の「ファミコンロムカセット オールカタログ」では、「まさに労働基準法違反的なアクションゲーム」、「このゲームは縦横につながった256もの面が複雑にからみあって構成されている。隠し通路などもあり、アクション好きにはたまらないゲーム」と紹介されている[9]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.67 3.46 3.32 3.41 3.24 3.60 20.70

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c マイウェイ出版『死ぬ前にクリアしたい200の無理ゲー ファミコン&スーファミ』 (ISBN 9784865119855)、16ページ
  2. ^ 実際のゲームプレイでは255画面であるうえに、入る方法がない隠し部屋も幾つかある(NES版ではスフィンクスを取って入れるように改良されている。)。
  3. ^ Mighty Bombjack for NES (1986) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2017年3月20日閲覧。
  4. ^ a b Mighty Bombjack for Amiga (1990) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2017年3月20日閲覧。
  5. ^ Provo, Frank (2007年5月18日). “Mighty Bomb Jack Review”. GameSpot. 2017年3月20日閲覧。
  6. ^ Whitehead, Dan (2007年6月15日). “Virtual Console Roundup”. Eurogamer. p. 2. 2014年12月17日閲覧。
  7. ^ Mighty Bombjack for Wii (2007) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2017年3月20日閲覧。
  8. ^ Calvert, Darren (2007年4月24日). “Review”. Nintendo Life. 2014年12月17日閲覧。
  9. ^ a b c 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店1991年5月10日、 58頁。
  10. ^ a b Mighty Bombjack for Atari ST (1990) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2017年3月20日閲覧。
  11. ^ Mighty Bombjack for Commodore 64 (1990) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2017年3月20日閲覧。
  12. ^ Mighty Bomb Jack”. Gamerankings.com. 2017年3月20日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]