ドラえもん 夢どろぼうと7人のゴザンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドラえもん
夢どろぼうと7人のゴザンス
ジャンル 横スクロールアクション
対応機種 メガドライブ
開発元 G-SAT
ネクサスインターラクト
ウインズ
発売元 セガ
プロデューサー 渡部雅人
ディレクター 石井達也
デザイナー 久礼深雪
プログラマー 小野寺正
音楽 島村孝一
美術 林宏樹
高梨誠
渡辺明美
高橋章
斉藤智晴
延東史郎
人数 1人
メディア 4メガビットロムカセット[1]
発売日
  • 日本 1993年3月26日 (1993-03-26)
その他 型式:G-4094
テンプレートを表示

ドラえもん 夢どろぼうと7人のゴザンス』は、セガ1993年3月26日に発売したメガドライブ用ゲームソフト。

漫画『ドラえもん』(1969年 - 1996年)を題材とした作品である。

概要[編集]

ドラえもんを操作するアクションゲーム。じゃんけんなどのミニゲーム要素がある。

ドラえもんのコンピュータゲームで唯一のメガドライブ用ソフト。

「SEGA」ロゴの画面でドラえもんが音声合成で「セーガー」とボイスを発するのが特徴である。

特製のカンペンケース、鉛筆、消しゴムが入った文具セットが付属していた。

ゲーム内容[編集]

ステージ構成[編集]

  • のび太の町
  • 空き地
  • 宇宙

キャラクター[編集]

  • ドラえもん
  • のび太
  • ジャイアン
  • スネ夫
  • しずか
  • ゴザンス
    • ゴザンストット
    • ゴザンストド
    • ゴザンスサーイ
    • ゴザンスピョン
    • ゴザンスガバ
    • ゴザンスチュータ
    • ゴザンスイタコ
  • ワンダラス

スタッフ[編集]

  • ディレクション:石井達也
  • ゲーム・デザイン:久礼深雪
  • メイン・プログラム:小野寺正
  • サブ・プログラム:U.C
  • グラフィック・デザイン
    • ドラえもん:林宏樹
    • エネミー:高梨誠(ネクサスインターラクト)
    • デモ:林宏樹、渡辺明美
    • ステージ:高橋章、斉藤智晴(ウインズ)、延東史郎(ウインズ)
  • サウンド:島村孝一
  • サウンド・アシスト:鎌谷千佳子、しぶやじゅんこ
  • マニュアル:渡辺貴生 (DEZAIRA)、さかいはじめ
  • サンクス:大岡良樹
  • プロデュース:渡部雅人

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
ファミ通 25/40点[2]
メガドライブFAN 20.6/30点[3]
メガドライブ大全 否定的[4]
  • ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では7・7・6・5の合計25点(満40点)となっている[2]
  • ゲーム誌『メガドライブFAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、20.6点(満30点)となっている[3]
項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 4.0 3.2 3.4 3.4 3.0 3.5 20.6
  • ゲーム本『メガドライブ大全』(2004年太田出版)では、「キャラもの=子供向け=『何回ミスしてもゲームオーバーにならなきゃいい』と思考回路がショートしたのか(中略)何をしても増殖する残りドラ」、「放出したタマは取り返すのがセガの掟とばかりに、地面は穴ぼこだらけ、空中の足場は渡りにくく、嫌なところに必ず配置されてるザコ。(中略)対ボス戦は『あっちむいてホイ』や『イス取りゲーム』だけど、ほのぼのできねえ」と評している[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「7月号特別付録 メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」、『メガドライブFAN』第5巻第7号、徳間書店1993年7月15日、 24頁。
  2. ^ a b ドラえもん 夢どろぼうと7人のゴザンス まとめ [メガドライブ]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2016年3月6日閲覧。
  3. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」、『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 866頁、 ISBN 雑誌26556-4/15
  4. ^ a b 「Chapter 02 1989年」『メガドライブ大全(企画・編集:CONTINUE)』 太田出版2004年9月29日、160頁。ISBN 9784872338805