とりよせバッグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドラえもん > ひみつ道具 > とりよせバッグ

とりよせバッグ藤子・F・不二雄SF漫画ドラえもん』に登場するひみつ道具。「とりよせバッグ」(てんとう虫コミックス11巻収録)などで登場する。

概要[編集]

婦人用の肩掛けチェーン付きクラッチバッグのような形をした道具で(このためのび太はみんなに「のび子ちゃん」とからかわれる羽目になった)、ワームホールが内蔵されており、遠くの場所にある物をバッグを通じて手元に取り寄せることができる。バッグの上下を反転させれば水を取り出すこともでき、布団など収まらないような大きなものも引き出せる。どこでもドアでは行けないような遠い宇宙や異なる次元にも手が届く[1]。更に「気ままに夢見る機」などによって作られた夢世界から現実世界に存在する物を取り寄せたり、夢世界のどこかに存在する物でも自由に取り寄せることが出来る[2]。また、のび太の机の引き出しの中の時空間内なら、既にどこかの時代に移動しているタイムマシンを取り寄せることも出来る[3]。しかし取り寄せる際、手だけが向こうの場所に現れるため、もしそこに誰か人がいたらその手を見られてしまい、場合によっては手をつねられてしまう事もある。また取り寄せる側は、向こう側を見ることが出来ないので、手探りでつかまざるをえず、目的と違うものを取ってしまう事もある。また、『海底鬼岩城』では素早く動く物体を掴むことが出来ないとドラえもんが説明しているが、『南極カチコチ大冒険』では空を飛んで移動している標的に対し、ワームホールが自動的に標的の移動に合わせて追尾していた。

この道具は『海底鬼岩城』や『夢幻三剣士』等の大長編などでも複数回登場している。

なお、雑誌連載時の名称は「なんでもバッグ」だった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アニメ第2作第1期「3分間カップ旅行」
  2. ^ 夢幻三剣士
  3. ^ アニメ第2作第1期「未来の町が危ない!!」