野村道子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
のむら みちこ
野村 道子
プロフィール
本名 内海 道子
(うつみ みちこ)
性別 女性
出生地 日本の旗 日本神奈川県横浜市
生年月日 (1938-03-31) 1938年3月31日(78歳)
血液型 A型
身長 150 cm
職業 声優
事務所 賢プロダクション
配偶者 内海賢二(声優、2013年死別)
著名な家族 内海賢太郎(長男)
活動
活動期間 1950年代 -
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

野村 道子(のむら みちこ、1938年3月31日 - )は、日本女性声優女優

神奈川県横浜市出身。身長150cm。賢プロダクション所属および同プロダクション相談役。

来歴[編集]

声優になるまで[編集]

幼い頃からラジオドラマが好きで、中学・高校時代は演劇部に所属していた。

高校3年の時、東京アナウンスアカデミーが設立した劇団に応募。未成年であったため断られたものの、役者の養成部門を勧められ、休日に養成所に通い始める。

養成所を卒業後は、講師を務めていたプロデューサーの番組に出演。20代前半の時、フジテレビの天気キャスターオーディションに合格し、初代お天気お姉さんとして活動するが、天気予報は毎朝行われていたので朝から始まるドラマの撮影に参加できなくなり、次第にアフレコの仕事が増えていった。アニメの初レギュラーは『ドラ・チュウ助探偵』のチュウ助役である。

国民的アニメへの出演[編集]

1976年4月より山本嘉子の後任として『サザエさん』の磯野ワカメ役を担当。1979年4月にはテレビ朝日系列で放送がスタートした『ドラえもん』の源静香役に抜擢される。この二つの役はいずれも国民的アニメの主要キャラクターであり、野村の声が広く知られるようになった。

私生活では、テレビアニメマッハGoGoGo』で知り合った内海賢二と結婚。2013年に死別。

1984年6月に内海が賢プロダクションを設立すると、運営を手助けするため同社へ移籍。

2005年3月には『ドラえもん』の新キャスト移行に伴い源静香役を降板。同時期に、プロダクション業務に専念するためとして『サザエさん』からも降板した。源静香としての出演期間は26年、磯野ワカメとしての出演期間は29年に及んだ。静香の後任はかかずゆみ、ワカメの後任は津村まこと

現在まで[編集]

2005年、第14回日本映画批評家大賞で、『ドラえもん』(テレビ朝日版)の第1期レギュラー陣4人(大山のぶ代小原乃梨子肝付兼太たてかべ和也)とともに田山力哉賞を受賞。さらに2006年11月、第11回アニメーション神戸で、上記4人とともに特別賞を受賞。2007年3月にも東京国際アニメフェア2007で、上記4人とともに第3回功労賞を受賞した。

2009年10月、アニメ『けんぷファー』ハラキリトラ役で4年ぶりの出演となる。また、第11話では内海と久々に夫婦共演を果たしており、次回予告では掛け合いを演じたこともある。

2016年、第十回声優アワードで、千々松幸子中村正とともに功労賞を受賞[1]

人物・エピソード[編集]

  • 夫は同じく声優で賢プロダクション代表取締役の内海賢二(2013年6月13日に死別)、長男は同プロダクション社長の内海賢太郎[2]である。
  • 過去には劇団三王近代劇場東京俳優生活協同組合T・A・P青二プロダクションに所属していた。
  • しずかを演じていた時は、「アニメのしずかちゃんの声が老けないように、若くいよう、という緊張感をもらっていた」という。なお原作において、しずかののび太の呼び方は「あんた」「のびちゃん」「のび太君」と一定していなかったが、野村が一貫して「のび太さん」と呼ぶようになり、原作でもアニメから逆輸入される形で「のび太さん」に統一された[3]
  • 夫の内海は当初は男友達の一人であり、結婚する気など全くなく、当時内海が働いていたバー「突風」(柴田秀勝が経営)に別の男性を連れて行っていた程であった。しかし、内海から熱心なアプローチを受けるうちに交際するようになり、結婚に至った[4]
  • 阪神タイガースのファンである。『けんぷファー』のアフレコインタビューで、ハラキリトラの役で本作への出演オファーがあった際、阪神ファンなので「やるぞー」と思った、と語っている[5]
  • 趣味はダンス太極拳[6]

出演作品[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1963年

1965年

1966年

1967年

1968年

1969年

1970年

1971年

1972年

1973年

1974年

1975年

1976年

1978年

1979年

1980年

1982年

1983年

1989年

2009年

2011年

2012年

OVA[編集]

1994年

劇場アニメ[編集]

1969年

1971年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

ゲーム[編集]

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

2000年

2001年

2003年

吹き替え[編集]

テレビドラマ[編集]

その他[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『第十回 声優アワード』受賞者 先行発表!”. //声優アワード//Seiyu Awards// (2016年2月16日). 2016年2月17日閲覧。
  2. ^ スワッチのアニメ日記 2007年10月16日
  3. ^ ただし、野村はアニメ放送開始から一貫して「のび太さん」と呼んでいたわけではない。劇場版のケースとして、第1作『ドラえもん のび太の恐竜』から第3作『ドラえもん のび太の大魔境』までの3作品で「のび太君」と呼んでいる(ジャイアンは「武君」、スネ夫は「スネ夫君」と呼んでいた。)。劇場版でしずかが「のび太さん」と呼ぶようになったのは、第4作『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』からである。
  4. ^ 「声優アニメディア」2009年11月号『極 声魂』
  5. ^ もしいきなり性別が変わったら?!『けんぷファー』アフレコインタビュー! プレセペ 2010年4月27日閲覧
  6. ^ 松岡清治「第3章 しずかの章 53 マドンナの声の主は? 野村道子さん紹介」『ドラえもん 秘密のポケット』文化創作出版、1993年8月5日、ISBN 4-89387-067-X、105頁。
  7. ^ パーマン”. メディア芸術データベース. 2016年10月10日閲覧。
  8. ^ キックの鬼”. 東映アニメーション. 2016年6月4日閲覧。
  9. ^ さるとびエッちゃん”. 東映アニメーション. 2016年6月15日閲覧。
  10. ^ バビル2世”. 東映アニメーション. 2016年6月16日閲覧。
  11. ^ カリメロ”. 東映アニメーション. 2016年8月3日閲覧。
  12. ^ シリウスの伝説”. メディア芸術データベース. 2016年10月5日閲覧。
  13. ^ ドラえもん のび太と竜の騎士”. メディア芸術データベース. 2016年9月20日閲覧。
  14. ^ ドラえもん のび太と翼の勇者たち”. メディア芸術データベース. 2016年8月12日閲覧。
  15. ^ ドラえもん のび太とロボット王国”. メディア芸術データベース. 2016年10月30日閲覧。
  16. ^ ドラえもん のび太とふしぎ風使い”. メディア芸術データベース. 2016年10月2日閲覧。

外部リンク[編集]