ドラえもんのうた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドラえもんのうた
大杉久美子大山のぶ代シングル
初出アルバム『ドラえもん』
B面 ドラえもんえかきうた(初版)
青い空はポケットさ(初版)
リリース
録音 -
ジャンル 子供向け楽曲
アニメソング
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 楠部工ばばすすむ菊池俊輔
チャート最高順位
大杉久美子 年表
大杉久美子、ザ・チャープス
ビーバーちゃんいらっしゃい
1979年

大杉久美子、コロムビアゆりかご会
青いお空にひかってる
1979年
大杉久美子、大山のぶ代
ドラえもんのうた
1979年
大杉久美子、コロムビアゆりかご会
くじらのホセフィーナ
1979年

こおろぎ'73、大杉久美子
3人のうた
1979年

コロムビア・オールスターズ
青春フィーバー
1979年
テンプレートを表示

ドラえもんのうた」は、テレビ朝日系のアニメドラえもん』のオープニング主題歌として1979年に発表された曲。作詞は楠部工、補作詞はばばすすむ。作曲は菊池俊輔による。オリジナルを歌唱したのは大杉久美子

概要[編集]

楠部工作詞、菊池俊輔作曲による、日本を代表するアニメソングの一つ。リズムは4分の4拍子で、三連符を主体とする。オリジナルキーニ長調だが、同じく菊池俊輔の手による劇中音楽では本曲のモチーフをハ長調で引用してアレンジした例が多い。歌詞にはタケコプターおもちゃの兵隊どこでもドアなどひみつ道具の名称が織り込まれているほか、四次元ポケットが示唆されている。歌詞は3番まであり、Bメロとサビの間にはドラえもんの短いセリフが入る。歌詞はシンエイ動画社内で公募され、結果楠部大吉郎社長(当時)の息子・楠部工の歌詞が採用された(しかし、歌詞そのものは楠部一家で作ったと本人が語っている)。当時は中学生であり、そのことが子供向け雑誌で話題になった。

2003年の渡辺美里版では、2番のドラえもんのセリフを改変している。番組のオープニングテーマに使用されたテレビサイズ音源は、1番のBメロから3番のコーダに繋がる形式で構成されている。東京プリン版が使用された当初(2002年の10月から12月)は3番の歌詞を採用していた。

また、原作においても「空飛ぶうす手じゅうたん」(てんとう虫コミックス『ドラえもん』29巻収録)でしずかが口ずさんでいる(ドラえもんは「あの歌」と表現)。ただし、そのとき出てくる歌詞は本来のものと若干異なっている。

青函トンネルドラえもん海底列車イベントが行われている期間中には、函館駅発車メロディとして使用されていた。2006年は主題歌の変更によって夏川りみの「ハグしちゃお」に変更されたが、同年夏をもってドラえもん海底列車の運行は終了したため、現在は使われていない。

2011年9月3日から藤子・F・不二雄ミュージアム開業を記念して、小田急小田原線向ヶ丘遊園駅の3・4番ホームで接近メロディとして採用され、2016年9月3日から藤子・F・不二雄ミュージアム開業5周年を記念して、JR東日本南武線登戸駅の3番線で発車メロディとして採用された。向ヶ丘遊園駅の接近メロディはAメロの部分を使用し、登戸駅の発車メロディはサビの部分を使用している。

歴史[編集]

大杉久美子版
歌は大杉久美子、編曲はオリジナルの作曲者である菊池俊輔による。モーグ・シンセサイザーミュートトランペットのサウンドが特徴的で、仮面ライダーなどの他の菊池作品に見られるようにイントロ部、各コーラス間の間奏部、コーダ部がそれぞれ大きく形を変える。
テレビシリーズでは1979年4月2日から1992年10月2日までの13年半にわたってオープニング主題歌として使用された。(帯番組版では日曜版より前後数秒ずつがカットされている。)映画については1980年の『ドラえもん のび太の恐竜』と1981年の『ドラえもん のび太の宇宙開拓史』で挿入歌として、また1982年の『ドラえもん のび太の大魔境』から1988年の『ドラえもん のび太のパラレル西遊記』までの7本ではオープニング主題歌として使用された。
山野さと子版
歌は山野さと子による。スコアはオリジナルの大杉久美子版とほぼ同一の菊池俊輔によるアレンジだが、演奏や楽器のバランスが変わったために曲の印象は異なる。ごくわずかにテンポが遅くなり、軽快なオリジナルと比較してやや落ち着いた曲調になった。
1989年の映画『ドラえもん のび太の日本誕生』からオープニング主題歌として使用され、1992年10月9日から2002年9月20日まではテレビシリーズのオープニング主題歌としても使用された。映画では2004年の『ドラえもん のび太のワンニャン時空伝』までのうち、1998年と2000年をのぞいた14本にオープニング主題歌として使用された。
吉川ひなの版
1998年に映画『ドラえもん のび太の南海大冒険』のオープニング主題歌として使用された。編曲は同作のエンディング主題歌「HOT MILK」の作編曲を担当した鴨宮諒。歌は吉川ひなのによる。音程をオリジナルから長2度下げ、ハ長調に改めてある。
ウィーン少年合唱団版
2000年に映画『ドラえもん のび太の太陽王伝説』のオープニング主題歌として使用された。編曲は山下康介、編曲監修とピアノ演奏は山下が師事する羽田健太郎による。ウィーン少年合唱団による歌が話題となった。音程をオリジナルから短3度上げ、ヘ長調に改めてある。
東京プリン版
発売元はエイベックス・エンタテインメント。編曲は岩戸崇、歌は東京プリン。番組がデジタル制作へ移行した2002年10月4日から2003年4月11日まで、テレビシリーズのオープニング主題歌として使用された。菊池の手によるアレンジとは印象が全く異なり、調がヘ長調に変更されていて、テンポも速くなっている。
渡辺美里版
発売元はEPICレコードジャパン。編曲は金子隆博、歌は渡辺美里。2003年4月18日から2004年4月23日までテレビシリーズのオープニング主題歌として使用された。『テレビアニメ30周年記念 ドラえもんテレビ主題歌全集』及び渡辺のベストアルバム『25th Anniversary Misato Watanabe Complete Single Collection〜Song is Beautiful〜』に収録されている。音程をオリジナルから半音下げ、変ニ長調に改めてある。
AJI版
発売元はEPICレコードジャパン。AJIによるアカペラ曲で、編曲はAJIのリーダーである橘哲夫。2004年4月30日から2005年3月18日までテレビシリーズのオープニング主題歌として使用された。着うた配信されているが、『テレビアニメ30周年記念 ドラえもんテレビ主題歌全集』に収録されている。変ロ長調に改めてある。
女子十二楽坊版
発売元はプラティア・エンタテインメント女子十二楽坊の演奏によるインストゥルメンタルで、歌はないが歌詞テロップが表示されていた。編曲は西脇辰弥、古楽器編曲は梁剣峰。番組リニューアル後の2005年4月15日から2005年10月21日までオープニング主題歌として使用された。

大山のぶ代の台詞部分のうち、2番が、大杉版から東京プリン版までと、それ以降とで異なっている。テーマになっているひみつ道具が「おもちゃの兵隊」であることから、言葉狩りではないかとみる向きもある。

本曲はテレビシリーズのオープニング主題歌として1979年4月2日から2005年10月21日までの26年半にわたって使用されてきたが、2005年10月28日に主題歌の座を夏川りみの歌う「ハグしちゃお」に引き継いで役目を全うした。映画や挿入歌などでは今後も使用の予定があることが発表された。その後、2006年3月24日放送の「ドラえもん1時間春の特大スペシャル!!」の本編終了後や同年4月21日放送の「新生ドラえもん一周年記念スペシャル!!」などで「ドラえもんのうた」が流された。

シングル[編集]

  • 1979年4月25日、SCS-474、大杉久美子、500円(EP)
B面は「青い空はポケットさ」「ドラえもん・えかきうた
  • 1980年4月1日、EK-638、インストゥルメンタル、600円(EP)
久石譲の編曲により行進曲にアレンジ。B面は「ドラえもん音頭」
  • 1980年6月25日、CH-202、大杉久美子、700円(EP)
ピクチャー盤。B面は「ぼくドラえもん」
  • 1989年3月10日、CK-831、山野さと子、600円(EP)
B面は「ハロー!ドラミちゃん」
  • 1992年10月21日、CODC-111、山野さと子、1068円(CD 8cmシングル)
あしたも♥ともだち」のカップリング
  • 1995年6月21日、CODC-669、山野さと子、1068円(CD 8cmシングル)
カップリングは「ぼくドラえもん2112」
  • 1998年3月4日、PCDA-01040、吉川ひなの、971円(CD 8cmシングル)
「ホットミルク」のカップリング
  • 1998年10月21日、CODZ-3090、山野さと子、1200円(CD 8cmシングル)
CDコロちゃん。カセットテープも同時発売。
  • 2000年3月18日、TOCT-4193、ウィーン少年合唱団、1200円(CD マキシシングル)
カップリングは「この星のどこかで」
  • 2002年3月1日、CODC-2030、山野さと子、1200円(8cmシングル)
「キミに会いたくて」のカップリング
  • 2003年1月8日、AVCD-30412、東京プリン、1050円(CD マキシシングル)
カップリングは「ぼくドラえもん2112」
  • 2003年6月18日、ESCL-2405、渡辺美里、840円(CD マキシシングル)
カップリングは「ドラえもんのうた」のカラオケ

ミニアルバム[編集]

  • 1980年1月1日、CH-97、大杉久美子、700円(ミニアルバム)
テレビまんがアクションシリーズ。B面1曲目に収録
  • 1997年11月21日、COCC-14692、山野さと子、1500円(CD ミニアルバム)
ピクチャー盤。カップリングは「青い空はポケットさ」「ぼくたち地球人」「ぼくドラえもん」
  • 1997年11月21日、COCC-14693、山野さと子、1500円(CD ミニアルバム)
ピクチャー盤。ドラミをフィーチャーしたCDであるが、4曲目に収録。

アルバム[編集]

1979年9月25日発売のLP『ドラえもん』に収録されたのを皮切りに、数多くのドラえもんのアルバムに収録されている。

カバー[編集]

高い知名度を誇る楽曲として、多くのアーティストによってカバーされた。

補足[編集]

  • AJIのバージョンはCD発売なし。女子十二楽坊のバージョンはアルバム「女子十二楽坊 〜THE BEST OF COVERS〜」にのみ収録、シングル発売なし。
  • 2005年8月、iTunes Music Store日本版の開始時に、「ドラえもんのうた」の小曽根真バージョンがトップ10にランクインしていた。
  • 3年B組金八先生(第1シリーズ)」(TBS系)の第9話「数学が好きになる法」で、金八が乾に「ああ、河内音頭でもドラえもんのテーマでもお聞きになればいいですよ!」と吐き捨てるシーンがある。ちなみにその金八を演じた武田鉄矢はこのドラマが放送された年から多数の「ドラえもんのテーマソング」を書き下ろすこととなる。
  • 同じテレビ朝日系列で放送されたテレビドラマ「西部警察」第88話「バスジャック」(1981年7月19日放送)では、犯人が人質に無理矢理「ドラえもんのうた」を歌わせる場面がある。
  • アーケードゲームクレイジー・クライマー国盗り合戦で同曲が使用されている。

脚注[編集]

  1. ^ 『オリコン年鑑 1981年版』、45頁。