水田わさび

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みずた わさび
水田 わさび
プロフィール
本名 非公開
性別 女性
出生地 日本の旗 日本三重県
生年月日 (1974-08-04) 1974年8月4日(42歳)
血液型 O型
身長 158 cm
職業 声優女優
事務所 青二プロダクション
配偶者 あり
活動
活動期間 1996年 -
デビュー作 上岡山大介(『トイレの花子さん』)
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

水田 わさび(みずた わさび、1974年8月4日 - )は、日本声優女優。本名非公開。青二プロダクション所属。

三重県名賀郡青山町(現:伊賀市)出身。血液型O型星座しし座

以前はぷろだくしょんバオバブ賢プロダクションに所属していた。特技は関西弁。既婚。

代表作は『こてんこてんこ』(ねこうもり)、『ドラえもん』(ドラえもん)など[1]

概要[編集]

来歴・人物[編集]

中学生時代から声優になることが夢で、名張桔梗丘高校卒業後に単身で上京、劇団すごろくに入団し、アルバイトをしながら声優を目指す。1996年(平成8年)、21歳で劇場アニメ『トイレの花子さん』の上岡山大介役で声優デビューを果たす。

「わさび」という芸名は実家の庭に自生していた山葵(わさび)が由来で、本名が言い難い(読み辛い)ことから名付けられた。命名したのは所属していた劇団(劇団すごろく)の当時の座長であった緒方賢一[2]。劇団の公演で馬の役をやっていたところを、たまたま見に来ていた当時ジャイアン役のたてかべ和也に発掘されて、声優の仕事をするようになった。

父親が広島出身のため[3]広島東洋カープのファン[4]。『ジョブジョブ』(広島のローカル番組)にゲスト出演した時にそのことをアピールしたことがある。また、「週刊ベースボール2007年(平成19年)4月2日号の「こだわり野球熱伝」のコーナーにも登場し、その熱烈ぶりを語っている。また、2012年(平成24年)10月には広島つながりでJリーグサンフレッチェ広島のファンクラブに入会したことをtwitter上で明らかにした。

BUMP OF CHICKENクリープハイプのファンであると自身のtwitterプロフィールに記している[5]。特にBUMP OF CHICKENは、(ヴォーカリストである藤原基央の名前をもじって)「藤の病」だと書いている[6]

年齢はほとんど公にはしないタイプであり、かつて開設していた個人サイト「わさのプロフ」(現在は閉鎖)にも「歳がばれる」と消極性が現れている。しかし、ドラえもん役が決まった時の記者会見が報道された際には年齢がテロップに出されていた。

舞台役者としては劇団すごろく→演劇部隊チャッターギャングで活動していたが、育児・声優業などに忙殺され休止していた。『武装錬金』で競演した小山剛志との縁でKOYA-MAPの舞台『喝采』で久しぶりに舞台活動を行う。

既婚者で、家族は夫と2人の娘の4人家族。ブログでは、家族のことをわさ夫さん(夫)・子わさ(上の娘)・わさ子(下の娘)と呼んでいる。

2010年(平成22年)に第4回声優アワードキッズファミリー賞を受賞。

また東京声優アカデミーで講師を務め、後輩育成にも力を注いでいる。

ドラえもん関連[編集]

2005年(平成17年)4月15日より、テレビ朝日系列のアニメ『ドラえもん』で、大山のぶ代に代わり主人公のドラえもんの声を担当するという大役を務める。内定の瞬間号泣したという。同年7月の時点で大山とは面識が無いと言っていた。ただし、大山らとは一緒に録ってはいないが、リニューアル前の『ドラえもん』においても「赤ちゃんほんやく機」での赤ちゃん役等、ゲストキャラクターの声を何度か担当しており、作品上での共演はあった。また、水田は大山がドラえもんを演じた26年間で一度も声をあてることのなかった「耳のある黄色いドラえもん」にも声をあてている。

リニューアル当初(水田がドラえもん役を引き継いだ2005年頃)は視聴者に深く根付いた大山が演じるドラえもんからの急な転換に視聴者が戸惑い、自身へのバッシングを耳にしたことがあったという[7]。また、当時は「(ドラえもん役を)クビになるかも」と思っていたが、水田が演じる映画ドラえもんシリーズ第1作『のび太の恐竜2006』(2006年(平成18年))の制作が決まり「ドラえもんを続けさせてもらえるんだ」と安堵したという[7]。このことから自身の思い出の映画シリーズに『のび太の恐竜2006』をあげている[7]

リニューアルから年月が過ぎるにつれ、少しずつ水田が演じるドラえもんが定着し、現代の子供たちを中心に「ドラえもんの声=水田」となっている[8]2015年(平成27年)にはリニューアル10周年というひとつの区切りをむかえ、現在もドラえもんを演じ続けている。

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
  • たまごっち! ゆめキラドリーム(うわさっち)
  • ポケットモンスター ベストウイッシュ シーズン2・シーズン2 エピソードN・シーズン2 デコロラアドベンチャー(サトシのチャオブー、オババ様、少年時代のバージル 他)
2013年
  • 忍たま乱太郎(ドクたま)
2014年
2015年
  • 新あたしンち(川島)
2016年

劇場アニメ[編集]

1996年
1999年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年

OVA[編集]

1997年
2000年
2004年
2007年
2008年
2011年

Webアニメ[編集]

2009年
2015年

ゲーム[編集]

1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年

特撮[編集]

吹き替え[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

アニメ[編集]

ナレーション[編集]

CM[編集]

  • WeKey TOYAMA
  • ルナルナ(ウサギの声)
下記は全てドラえもんの声で出演

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

CD[編集]

  • ドラマCD JINKI:EXTEND 竜神島レミングス(アルマジロウ)
  • ドラマCD 王子さまLV1 BL盤(子分)
  • 夢をかなえてドラえもん(セリフ部分)
  • 踊れ!どれ・ドラ・ドラえもん音頭
  • 最終神話戦争イデアオペラ シリーズ(もんちゃん)
    • 最終神話戦争イデアオペラ オリジナルドラマCD 第1章 罅割れたミュトス
    • 最終神話戦争イデアオペラ オリジナルドラマCD 第2章 彷徨う冥界の扉
    • 最終神話戦争イデアオペラ オリジナルドラマCD 第3章 輝ける悠遠の女神

その他コンテンツ[編集]

下記は全てドラえもんの声で出演

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Yahoo!人物名鑑によるプロフィールより 2010年8月26日閲覧
  2. ^ 【アニメ・ドラえもん 水田わさび公式】 わさドラブログ | 緒方さん帽子2015年5月3日閲覧
  3. ^ 【わさドラブログへようこそ!】 2008年09月28日
  4. ^ 【わさドラブログへようこそ!】プロフィール
  5. ^ 自身のtwitterアカウント
  6. ^ twitter
  7. ^ a b c ドラえもん旧声優陣からのエールに水田わさびが号泣!(ニュースウォーカー)2015年2月14日
  8. ^ 声優交代から10年…新たに確立した新世代の『ドラえもん』(ORICONSTYLE)2015年2月22日
  9. ^ たこやきマントマン”. ぴえろ公式サイト. 2016年6月8日閲覧。
  10. ^ タイガアドベンチャー”. 日本アニメーション. 2016年6月29日閲覧。
  11. ^ 映画 ドラえもん のび太の恐竜2006”. メディア芸術データベース. 2016年10月24日閲覧。
  12. ^ 映画 Yes!プリキュア5GoGo! お菓子の国のハッピーバースディ♪”. メディア芸術データベース. 2016年11月8日閲覧。
  13. ^ ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史”. メディア芸術データベース. 2016年10月23日閲覧。
  14. ^ 公式サイト”. ドラえもん 新・のび太の大魔境 〜ペコと5人の探検隊〜. 2013年7月24日閲覧。
  15. ^ 『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』公式サイト”. 2015年7月20日閲覧。
  16. ^ 週刊ファミ通』2015年4月9日増刊号、エンターブレイン2015年3月26日
  17. ^ 2016年8月27日の発言
  18. ^ 国民的アニメ『ドラえもん』のアメリカ版がついに日本へ!? 『Doraemon』がディズニー・チャンネルにて初放送!”. アニメイトTV. 2016年1月30日閲覧。

外部リンク[編集]