くるみ割り人形 (2009年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
くるみ割り人形
The Nutcracker in 3D
監督 アンドレイ・コンチャロフスキー
脚本 アンドレイ・コンチャロフスキー
クリス・ソリミネ
原作 ピョートル・チャイコフスキー
E.T.A.ホフマン(クレジット無し)
製作 アンドレイ・コンチャロフスキー
ポール・ローウィン
製作総指揮 モリッツ・ボーマン英語版
出演者 エル・ファニング
ジョン・タトゥーロ
ネイサン・レイン
音楽 エドゥアルド・アルテミエフ
作詞
ティム・ライス
撮影 マイク・サウソン
編集 ヘンリー・リチャードソン
配給 アメリカ合衆国の旗 Freestyle Releasing / Cinemarket Films[1]
公開 ドイツの旗 2009年2月5日(ヨーロッパ映画マーケット)
アメリカ合衆国の旗 2010年11月24日
上映時間 110分
製作国 ハンガリーの旗 ハンガリー
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $90,000,000[2]
興行収入 $16,178,959[2]
テンプレートを表示

くるみ割り人形』(The Nutcracker in 3D, DVD題: The Nutcracker: The Untold Story)はチャイコフスキーバレエ音楽くるみ割り人形』および、E.T.A.ホフマンメルヒェン作品『くるみ割り人形とねずみの王様』を原案とする、アンドレイ・コンチャロフスキー監督による2009年の3Dファンタジー映画である。

キャスト[編集]

製作[編集]

構想[編集]

監督のアンドレイ・コンチャロフスキーは、20年以上にわたる自分の「夢のプロジェクト」だと語った[3]。コンチャロフスキーは、「原作の幻想的な性質を上手く伝え、GGIのキャラクターの感情を取り込み、家族の観客に訴えるために有用」であるために3Dでの映画化を決めた[4]。また彼はバレエは映画では上手く働かない」という理由からバレエのシーン無しで映画化する道を選んだ[4]

撮影[編集]

2007年5月に第60回カンヌ国際映画祭で告知され、同年夏にハンガリーのブダペストなどで撮影された[5]

公開[編集]

2009年2月5日にヨーロッパ映画マーケットで初上映された。2010年11月24日にカナダのモントリオールとアメリカ合衆国の一部劇場で公開された。2011年1月1日にはエストニアロシアで公開された。日本では劇場公開されずに2012年11月12日にDVDが発売された[6]

ストーリー[編集]

1920年頃のウィーン、マリーとマックスの姉弟は家でクリスマスの準備をしていた。いたずら好きのマックスは飾りの雪の精の人形のドレスを燃やしてしまい、マリーに叱られる。マリーは人形に銀紙で新しいドレスを作ってあげる。マリーは家族皆で過ごすことを心から楽しみにしていたが、オペラ歌手の母は宮廷舞踏会で歌う仕事のため、アルバート伯父に留守を頼んで、父と共に出かけてしまう。外では怪しいねずみの一群がマリーの家へ集まろうとしていた。

マリーは父母の引き止めに失敗して悲しむ。アルバート伯父はマリーとマックスに大きな人形の家をプレゼントする。家にはチンパンジーの”ゲルガード”、太った道化師の”ティンカー”、若い少女ドラマーの”スティックス”の3人の人形が住んでおり、外のハンドルを回せば灯りが点き、音楽が鳴り、ティンカーやスティックスが陽気に動き出す仕掛けになっていた。マリー達は大喜びする。

アルバートはもう1つのプレゼント、くるみ割り人形の"NC"をプレゼントする。NCは何者かに指名手配されている重要人物だという。マリーは一目でNCを気に入る。マックスはくるみ3個を同時にNCで割ろうとしてNCの顎を壊してしまう。マリーはマックスに怒るが、アルバートは直ぐにNCを治して安心させる。 伯父はマックスに、誰かにとってはくだらないおもちゃでも、誰かにとっては大切な友達であること、想像力の大事さなどを楽しく歌って語り聴かせる。二人はアルバート伯父の愛情に嬉しくなり、心地よく眠りにつく。

マリーが夜中にふと目を覚ますと、NCが急に喋り出して驚く。NCに頼まれて、戸棚の上にNCを立たせると、NCは自ら飛び降りてマリーと同じ程の大きさへと変わり、一人で動き廻れるようになった。NCはマリーに感謝して、人形の家がある応接間に向かおうとする。マリーも強引にそれに付いていく。 応接間では、椅子やピアノ、テーブル、何もかもが巨大になっていた。天井も屋根も無くなって、ツリーの上には星空が広がっていた。NCは人形の家の人形達とねずみの王への反撃について語り始める。

興行収入[編集]

9000万ドルの製作費がかけられたが、全世界での興行収入は1617万8959に終わった[2]

批評家の反応[編集]

Rotten Tomatoesでは29件の批評家レビューで支持率は0%であった[7]。またMetacriticでは18の媒体で18/100となり、さらに同サイトで「2010年最低の限定公開映画」とされた[8][9]

受賞とノミネート[編集]

部門 候補 結果
Metacritic's Best and Worst Films of 2010
Worst Limited Release Film of 2010 『くるみ割り人形』 受賞
ゴールデンラズベリー賞
3Dを誤用した作品賞 『くるみ割り人形』 ノミネート
ヤング・アーティスト賞
若手女優賞 エル・ファニング ノミネート

参考文献[編集]

  1. ^ 3D 'Nutcracker' lands Distributor”. Box Office Mojo (2010年8月30日). 2011年3月19日閲覧。
  2. ^ a b c The Nutcracker in 3D (2010)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年3月19日閲覧。
  3. ^ Seattle: The Nutcracker in 3D”. Seattle Weekly. 2011年3月19日閲覧。
  4. ^ a b “EXCLUSIVE: Andrei Konchalovsky Talks The Nutcracker in 3D”. Movieweb. (2010年11月23日). http://www.movieweb.com/news/NElZVCG5q9Bupm 2010年12月4日閲覧。 
  5. ^ “Filming locations”. http://www.imdb.com/title/tt1041804/locations 2011年4月3日閲覧。 
  6. ^ The Nutcracker in 3D Release Info”. Internet Movie Database. 2011年3月19日閲覧。
  7. ^ Nutcracker in 3D Movie Reviews”. Rotten Tomatoes. 2011年3月19日閲覧。
  8. ^ The Nutcracker in 3D at Metacritic”. CBS Interactive. 2011年3月19日閲覧。
  9. ^ The Best and Worst Movies of 2010”. CBS Interactive (2011年1月7日). 2011年3月19日閲覧。

外部リンク[編集]