出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

(たな、英:shelfあるいはrack)とは、板を水平にかけ渡したもので、物をのせる装置[1]

概要[編集]

垂直と水平板を組み合わせた床に置く方式の移動可能な棚や、など家屋などの構成材に直接に水平板を取り付けた(移動不可能な)棚などがある。床に置く方式の(そして移動可能な)棚は「置き棚」といい、家屋の構成材に直接棚を取り付けたものは「造りつけの棚」という。#種類・分類

「置き棚」の長所は必要なら移動できることで、短所は地震の際に(あらかじめ対策をしていない限り)倒れる可能性があり人が下敷きになり人命も危うくなる点である。 「造りつけの棚」の長所は室内造作や装飾と高度に一体感を持たせるよう設計でき、地震の際も倒れず安全だということであり、短所は移動ができないことである。

棚は広く使われており、たとえば次のような場所で、たとえば次のような用途で使われている。

  • 店舗(商品展示棚、(バックヤードの)商品保管棚、資料用棚など)
  • 物流倉庫(流通させる商品を一時的に保管するための棚)
  • 図書館(書棚。来館者が直接見られる開架だけでなく、来館者は直接見れない「閉架」が大量にあることは多い)
  • 博物館(バックヤードの資料保管棚、収蔵品保管棚。来館者に見せるための展示用の棚(ガラスでおおわれていることも多い)。)
  • 住宅、一般家屋(食器棚、食糧保管棚、リネン類を置いておくための棚、本棚、各種道具棚、等々等々)

英語では棚は基本的には「shelf シェルフ」である。 「rack ラック」の方は、元々は物をひっかけたり蓄えるための仕組み(レール状のもの、棒状のもの、フックなど)であり[2]、それに水平の板をひっかけて棚にして用いることも多くなっているので、結果として、棒状の部品と水平板で構成される構成物全体まで「rack ラック」と呼ぶ用法も広まっているのである。

種類・分類[編集]

さまざまな分類法がある。

移動できる棚と移動できない棚に分類する方法がある。 床に「置く」方式の、移動可能な棚を「置き棚」という。置き棚にはたとえば(一部の)戸棚、茶棚書棚などがある[1]。 家屋などの構成材に直接取り付けている棚(移動できない棚)は「造りつけの棚」という。例えば、書院造の「床脇棚」なども「造りつけの棚」の一種である。

置くもの、何を置くための棚なのかで分類する方法もある(想定されている置くものと「棚」の字を組み合わせて「~棚」とよぶ)。 本棚は本を置くための棚。食器棚は食器を置くための棚。 商品棚は、商品の陳列に用いられる棚である(後述)。 商品を(客に見せるために)陳列する棚を(古い言い方では)「みせだな」という。「みせだな」は漢字を充てる場合は「見世棚」も「店棚」もありうる[3]。 「閼伽棚」は仏教の閼伽を置く棚。「神棚」は、神道の神具などを置いておく棚。

戸棚は、特に棚の前面(手前側)に(や)をつけたもの。

歴史[編集]

世界での歴史[編集]


日本での歴史[編集]

大和言葉の「たな」は「た」+「な」という構成の語であり、「た」はの古形であり、「な」は連体助詞であり水平の状態を表す[4]。「たなびく」とか「たな雲」などは同系統で、やはり水平という概念をあらわしている。

古くは『垂仁紀』(4世紀)に「板挙、これをば拕儺(タナ)と云ふ」と記述された(漢字で「板挙」と書いて(大和言葉で)「タナ」と読む、と解説されたということ)。

平安時代

平安貴族の什器=日用家具の一つとして、下段に両開きの扉が付いた棚である「二階厨子(ずし)」があり、上に「唾壺(だこ)」(を吐き入れる器)などを置いた[5]。また「二階棚」も貴族にとって必需品であり、上に「半挿(はんぞう)」(や水を注ぐ器)を置いた。

鎌倉時代以降
「違い棚」(画面左側)

鎌倉時代になり武家政権が支配する社会となり[6]書院造が登場し、南北朝から室町期に整えられていく過程で、床の間と共にその脇壁に設置された「違い棚」(「床脇棚」の一つ)が登場した(これも「造りつけの棚」の一種)。江戸期では、客に合わせ、この違い棚にその人が好みそうななどを置いてもてなした[7](古くは、上段と下段では置く物が決められていた)。

草庵の形式のひとつに、部屋の外に設置する「閼伽棚」がある

「見世棚(みせだな)」は、商店において道行く人に品物(売り物)を売るために、道側に造った、品物を載せる陳列台[8]。言葉自体は鎌倉時代末頃より登場し[9]、それは台を高くして「見せる」からで、(漢字では)「見世」を充て、室町期になり(漢字では)「店」を充てるようになった[10]。この見世棚を用いた商法は、当時の中国・朝鮮にはあまり見られず、永享年間(15世紀初めから中頃)に来日した朝鮮通信使の朴瑞生(ぼくずいせい)が京都の町の様子を見聞した際の報告として、「日本の市の人々は店の軒に板を使って壇を設け、物を売るから塵にまみれず、買う人も見やすい。我が朝鮮の市では魚肉などの食物も地面に置いて売っている。日本の風にならって改良したいものだ」と見世棚について感心したことが記述されている[11]。 こうして「たな」という言葉が日本では店舗と同義語のように使われるようになっていった。松尾芭蕉の『薦獅子(すすめじし)』(冬)には次の句がある。「塩鯛の 歯ぐきも寒し 魚(うお)の店(たな)」。

近世江戸期に「神棚」が登場した。(これも「造りつけの棚」の一種)

なお「冠棚(かむりだな)」は冠を置く棚[12]だった。(「冠」は元服時にかぶせられるもの。儒教の四大礼式「冠婚葬祭」の「冠」に当たる。日本では烏帽子が用いられたため、実質上、烏帽子棚であった。)。この冠棚は近代に成人を法的に定義し「元服」の文化がなくなったことで消滅し、この言葉も用いられなくなった。

その他、雑学など[編集]

鉄道車両の荷物置き場の一例
写真はJR北海道721系電車・快速エアポート用uシート改造車で、大型スーツケースに対応した荷物置き場が新設されている。上部には元来の荷物棚も残っている。
棚の上を好むネコ
  • 階段状になったものを棚と表現する事もある。大陸棚棚田など。ただし、雛人形を飾る「雛壇」(これも階段状の棚板)は通俗的には棚と呼称されない。
  • 和美術の分類で棚などに配置する事を目的として作られた作品を「棚物」という。例として、「盆栽棚」がある(盆栽の項に複数棚の画像が見られる)。
  • 棚という語を用いた日本のことわざとして、「棚に上げる」、「棚から牡丹餅」などがある。
  • 棚の用途は融通がきく場合も多い。たとえば、本棚は本来は本を置くためのものであるが、実際には趣味の品を観賞するために並べておくという利用法もある。食器棚は食器を置くのに加えて、主婦がへそくりを隠すために使っている場合もある。
  • よく用いられる家具であることから、へそくり(資金)を隠す場所に選ばれる面がある。類例として、落語の演目『水屋の富』において、当たった富くじの大金をどこに隠すかで、「戸棚や神棚に隠すべきか(泥棒の裏の裏をかいている内にコロコロ変わる)」と悩む語りがあり、近世頃から資金を隠す場所として諸々の棚がポピュラーであったことがわかる。
  • 棚は建物の内外に設置されるものが身近であるが、近代以降の鉄道車両バス船舶旅客機といった乗り物にも座席上部に手荷物用の棚が設置されている。鉄道車両の場合は、板で組まれた棚から、揺れても荷物が落下しない「網棚」に代わり、その後は不燃化の要求で金属製(ステンレス製のパイプや網)となり、さらに意匠性の高い棚板(アルミ強化ガラス製)も現れた。ロングシートと称される座席配置の車両では、車体側面に片持ち式で取り付けられ、スタンションポール(つかみ棒)を経て座席袖に繋がっているのがほとんどである。手摺りを兼ねた脚で支えられているとも言える。
航空機では、扉が無く寸法の小さなものをハットラック、付きの大容量のものをオーバーヘッド・ビン(ズ)(Overhead bins)などと呼ぶこともある。
  • 本棚など大きく重たい棚は、地震の際、人に倒れて凶器となる恐れがあり、地震が多い日本などの国では、地震対策として固定器具といった関連商品が推奨されている。例として、「転倒防止(免震)マット(ゲル)」があり、歴史上、棚が人に倒れてくることが多かったゆえ発展した道具といえる。
  • 蔓棚は、蔓が這って茂ってできる状態を「棚」に見立てたものである。
  • 釣り用語で狙う魚の遊泳層(深さ)を棚(しばしば「タナ」と表記)という。仕掛けを棚に調整することをタナ取り(またはタナ合わせ)という。
日本古代の「棚」と呼ばれた建造物

当記事の棚とは全然別概念であるが、8世紀の『万葉集』巻10・2029番にも記される「織姫(たなばたつめ=はたおりひめ・おりひめ)」は、「棚機津女」とも記すが、その由来は、水辺に掛け造りした棚の上で、聖なる来訪者=神(孫星)を待ってを織っている婦人からきたという説がある[13]

この「棚」が実際はどのようなものであったかについては諸説ありはっきりしないが、棚状の建物(巨棚)の上で神の嫁となる神聖な女性が神が訪れるのを待つ「水神の祭り」が源流であったとする説もある[14]。『古事記』に記載される足一騰宮(東征以前の神武帝をむかえるために築かれた宮)の構造についても、『古事記伝』の解釈に従うなら、棚に似た形式であり、ウサツヒコがこの宮=巨棚を建てたのは、神を祀る形式ということになる[15]。古代日本では、海・河・池などの水辺に「棚造り」の建物を築いていたと想定される[16]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 広辞苑第六版【棚】
  2. ^ [1]
  3. ^ 精選版日本国語大辞典
  4. ^ 『日本大百科全書』【棚】
  5. ^ 『新訂 総合国語便覧』 第一学習社 ISBN 4-8040-3301-7 p.25.p.24に写真あり。
  6. ^ 特に承久の乱で、天皇勢力が(自分の実力を見誤り過大評価し)武家勢力に対して余計な文句をつけたことが裏目に出て、武力衝突する事態に陥り、天皇側が惨敗・完敗し、「首謀者」後鳥羽上皇は罪人として流罪の刑に処され、その結果、日本全土の人々にあまねく、本当はどちらの勢力が強いか、本当はどちらが実質的な日本の支配者なのかはっきり知られてしまう結果になり、以降、武家政権が日本の支配権を握ることになった。
  7. ^ NHK系列番組 『美の壺』を一部参考
  8. ^ 鈴木旭著 『面白いほどよくわかる 戦国史』 日本文芸社 2004年 p.49.
  9. ^ 同鈴木旭著 p.73
  10. ^ 同鈴木旭著 p.73より。
  11. ^ 鈴木旭著 『面白いほどよくわかる 戦国史』 日本文芸社 2004年 p.73
  12. ^ 『広辞苑 第六版』岩波書店、【冠棚】
  13. ^ 参考・川口謙二著 『続 神々の系図』 東京美術 初版第8刷1996年(1刷1980年) ISBN 4-8087-0062-X p.143.
  14. ^ 倉林正次 『祭りの構造 饗宴と神事』 NHKブックス 1975年 p.29.
  15. ^ 同『祭りの構造』 p.30
  16. ^ 同『祭りの構造』 pp.28 - 29

関連項目[編集]