プチバンピ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

プチバンピ(Petit-Vampi)とは、2003年フランスで制作・放映されたアニメ作品である。原作はフランスの作家であるジョアン・スファールの絵本。

プチバンピ
ジャンル フランスアニメ
アニメ
原作 ジョアン・スファール
監督 クリスティアン・ショケ, ジル・デリエ
脚本 ジョアン・スファール、サンドリナ・シャルデウ、リアド・サトゥフ、エミール・ブラヴォ、ジャン・レニュー
音楽 ジュー・ディー・クール、アントワーヌ・マシー・ペリエ、ステファン・ル・グヴェロ
製作 フランス・アニメーションtvk(日本語版)
放送局 tvkTOKYO MX
放送期間 2010年10月17日 - 2011年10月16日
話数 全52話
テンプレート - ノート

作品の内容[編集]

学校に行きたがっている主人公の吸血鬼・プチバンピはファントマトと一緒に学校へ行く。しかし真夜中の学校には誰もいず、プチバンピはしょんぼりする。それを見かねた船長は授業を始める。そして、人間の少年・マイケルのノートに宿題の答えを書きこんでしまう。その後、プチバンピとマイケルは交換日記を始めるが、それを知った船長は怒って、プチバンピとファントマトにマイケルを連れてくるように命じる。 こうして幽霊界に迷い込んだマイケルは、幽霊や妖怪たちと毎晩楽しく過ごす。

本作品に登場するキャラクター[編集]

主なキャラクター[編集]

プチバンピ
声 - こおろぎさとみ
この作品の主人公である吸血鬼の少年。太陽に弱く、昼間は行動できないため、昼の世界についていろいろと考えている。初めて学校に行った時、マイケルのノートに書き込んでしまい、マイケルがお化けの世界に来る原因を作った。また、生まれた当時は人間だった。
マイケル
声 - 水田わさび
お化けたちの世界に迷い込むも、そこで出会ったプチバンピと仲良くなった人間の少年。同じクラスのサンドリーナに好意がある。
ファントマト
声 - 沼田祐介
真っ赤な犬の幽霊。劇中ではよくマイケルを乗せて飛ぶ。水泳が得意でマイケルに特訓をしている。
マーガレット
声 - 桜井敏治
フランケンシュタインの怪物のような姿で、赤い目をしている大男。特殊なおならをすることができる。年齢は300歳。
クロード
声 - 斎藤志郎
ワニモンスター。家族が離れたところにいる。耳がないのに音が聞こえるという不思議な体質をしている。
オフタモル
声 - 飛田展男
三つ目のモンスター。理知的な性格だが、周りに理解されていない。
船長
声 -青山穣
プチバンピの父。パンドラの夫でもある。オペラを数百年にわたって作曲し続けている。
パンドラ
声 -永木貴代子
プチバンピの母。美人で完璧に料理と家事をこなす。

学校[編集]

先生
声 -新田万紀子
マイケルのクラスの担任。算数宿題に連立方程式の計算問題を出すこともある。
サンドリーナ
声 - 嶋村侑
マイケルのクラスメートである金髪碧眼の美少女。
ジェフリー
声 -橘U子
マイケルのクラスのいじめっ子だが、実は臆病。将来の夢はピザの配達員。
パトリック
ジェフリーと共に他の子供をいじめている。ジェフリーの仲間。
ラシード
イラク出身の男の子。ジェフリーにいじめられている。
校長
マイケルのクラス担任と恋愛関係にある(32話)。

その他[編集]

マイケルの祖父
声 - 近藤広務
両親を失ったマイケルを育てた、マイケルの祖父。プチバンピの理解者でもある。
シャリア
ラシードの父。怒るとものすごく怖い。
ティーア
ラシードの家でお茶を入れる係をしている。
大蛇
声 -古宮吾一
カプリコン
31話で、プチバンピたちが住む家に住みついている。

サブタイトル[編集]

No. フランス語原題 日本版タイトル 本放送日 再放送日
1 プチバンピ学校へ行く 2014年10月4日
2 プール騒動 2014年10月4日
3 ハレル大佐のニワトリ小屋 2014年10月11日
4 意地悪な鏡 2014年10月11日
5 悪魔召喚の儀式 2014年10月18日
6 レッドフィッシュ 2014年10月18日
7 Le destin tragique de Napoléon ナポレオンの悲劇的運命 2014年10月25日
8 収穫の夜 2014年10月25日
9 クロード家にて 2014年11月1日
10 マイケルのカンフー修行 2014年11月1日
11 ワンちゃん保護協会 2014年11月8日
12 ドクター・マルグリート 2014年11月8日
13 マルグリートスープ 2014年11月15日
14 怪しい靴下 2014年11月15日
15 トランシルバニアのテペシおじさん 2014年11月22日
16 深夜の百貨店 2014年11月22日
17 歯を求めて飛べ 2014年11月29日
18 反復症 2014年11月29日
19 目玉気球 2014年12月6日
20 地獄からのコンサート 2014年12月6日
21 放浪するジピカ 2014年12月13日
22 難破した水兵 2014年12月13日
23 船長のオペラ 2014年12月20日
24 屋敷の増築 2014年12月20日
25 グランタック・ケーキ 2014年12月27日
26 腹ぺこのロシア人形 2014年12月27日
27 忘れられたボイラーの謎 2015年1月3日
28 とっても残酷なキャンプ 2015年1月3日
29 流行依存症 2015年1月10日
30 水の精のユーユー 2015年1月10日
31 カプリコン騒動 2015年1月17日
32 先生の恋 2015年1月17日
33 ドラクーラの亡霊テレビ 2015年1月24日
34 マルグリートの誕生日 2015年1月24日
35 ドルイドのフィンバーさん 2015年1月31日
36 幽霊船レース 2015年1月31日
37 キス雲 泥棒雲 2015年2月7日
38 真夜中の宝探し 2015年2月7日
39 十万一夜物語 2015年2月14日
40 この世に安らぎはなし! 2015年2月14日
41 雲の上の女 2015年2月21日
42 オフタモルのカタツムリのペット 2015年2月21日
43 命がけの決闘 2015年2月28日
44 写真機の謎 2015年2月28日
45 クロノスおばあちゃん 2015年3月7日
46 バレンタインデー 2015年3月7日
47 最後のドードー鳥 2015年3月14日
48 幽霊宇宙船 2015年3月14日
49 ワニの歯 2015年3月21日
50 氷の魔人 2015年3月21日
51 おじいちゃんからの贈り物 2015年3月28日
52 マイケルの黙示録 2015年3月28日

日本でのビジネス[編集]

企業・権利関係の動き[編集]

日本では、国際放映の子会社「東京メディアエンタープライズ」が放映権を購入している[1]

関連企画[編集]

2011年
・ワコー発売&マクザムの販売で、DVDが発売される
2014年4月1日2015年2月28日
TBSオンデマンドにて有料インターネット配信を実施

放送時間[編集]

本放送[編集]

2010年10月17日2011年10月16日までtvk[2]において、毎週日曜日午前10時から10時30分まで放送された。

再放送[編集]

現在の再放送はTOKYO MXの第2チャンネルで放送されている。

放送局 放送時間
東京MX 毎週土曜日朝7時30分~朝8時

関連商品[編集]

DVD[編集]

DVD-BOX
発売元はワコー
巻数 発売日 ASIN EAN 再生時間
1 2011年4月28日 B004NIG0O0 4932545986302 220分
2 2011年5月27日 B004NIG0OA 4932545986319 176分
3 2011年6月24日 B004NIG13K 4932545986326 176分

書籍[編集]

絵本・コミック
飛鳥新社が出版している。[3]
第1巻(ISBNは4870316544)発売日は2005年6月11日
日本語版の翻訳は関澄かおる
定価は1080円。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ その後2014年3月1日にて国際放映が東京メディアエンタープライズを吸収合併し、現在は国際放映が直接ライセンスを保有している。
  2. ^ その時には、吹き替えが対応されていなかった。
  3. ^ 現在は品切れで重版未定である。

外部リンク[編集]