ふぉうちゅんドッグす

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ふぉうちゅんドッグす
ジャンル 動物アニメ、動物漫画
アニメ
原作 友野康治、岸原周司
監督 斎藤博
キャラクターデザイン 関修一
音楽 元倉宏、AMAZeus
アニメーション制作 ベガエンタテイメント
製作 テレビ東京
テレビ東京メディアネット
円谷映像
放送局 テレビ東京系列ほか
放送期間 2002年7月4日 - 2003年3月29日
漫画
原作・原案など 友野健太
作画 真伊藤
出版社 講談社
掲載誌 なかよし
なかよしなつやすみランド
なかよしはるやすみランド
発表号 2002年8月号 - 2003年5月号
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト アニメ漫画
ポータル アニメ漫画

ふぉうちゅんドッグす』 (Fortune Dogs) は、テレビ東京系列局 (TXN) ほかで放送されていたテレビアニメ(原作 - 友野康治、岸原周司)、および講談社少女漫画雑誌『なかよし』に連載されていた漫画作品(原作・原案 - 友野健太 / 作画 - 真伊藤)である。

本作に登場する約48種類のは、2001年4月に発売された書籍『いぬ占い』が原点となっている。

あらすじ[編集]

フレンチ・ブルドッグアレックスは、人間の女の子アイちゃんと仲良く暮らしていた。しかし、ある日誤って独りでバスに乗り込んでしまい、アイちゃんから遠く引き離されてしまう。途方に暮れるアレックスだったが、気を取り直し、アイちゃんの住む町を目指して旅に出る決心をする。

長い旅の末、アイちゃんとの再会を果たしたものの、とある事件をきっかけとして「ふぉうちゅんツリー」なるものを探しに再び旅に出ることになる。

一見すると子供向けの毒気のないアニメに見えるが、生きていく事の辛さや、生と死を描く本格的なエピソードも多い。物語終盤はさらに作風が一変し、怒涛の展開となっている。

主な登場キャラクター[編集]

フレディ / アレックス
- 小林由美子
フレンチ・ブルドッグのオス。生まれてすぐにペットショップ「ハッピーケンネル」に連れてこられたため、世の中のことをあまりよく知らない。性格は子供らしく純粋で何事にも積極的。また、危険を感じ取る不思議な力を持つ。
飼い主となったアイちゃんから「アレックス」という名前を貰うが、彼女に語られた御伽話をきっかけに旅の途中で「フレディ」と名乗るようになる。物語終盤では、その「フレディ」という名が重要なテーマを担うことになる。
アイちゃん
声 - たかはし智秋
フレディ(アレックス)の飼い主の女の子。
「ハッピーケンネル」でフレディと出会うが、当初の印象はあまり良くなかったようだった。それでも店主の説得などもあり、考えを改めて大切に育てることを決意。「アレックス」と名づけ、懸命に世話を続けた。だが散歩の最中、ちょっとした手違いでフレディと離れ離れになってしまい、元気を失くしてしまう。
別れる以前に彼女がフレディに何の気なしに語ったお伽話は、本編で重要な役割を果たすことになる。
ドッチ
声 - 水島裕
ダックスフントのオス。初対面の際に、フレディから「おじさん」と言われていた事から、年齢はフレディよりかなり年上だと思われる。気取り屋かつお調子者で、頭を使うことに関してはあまり得意では模様。メスの犬をナンパするなど、だらしないように思われるが、涙もろい一面もある。
かつて飼い主との悲しい別れを経験して以来人間を信用しなくなり、野良犬であることを誇りに生きるようになる。フレディにとっては初めて出来た旅の仲間で、彼のお兄さん的存在になる。人間に対しては一部の例外を除いて、全編通して心を開かない態度が目立ったが、旅の途中でのハーモニカ吹きのおじいさんとの出会いにより……。
マックス
声 - 遠近孝一
ボクサーのオス。フレディとは「ハッピーケンネル」で出会って以来の付き合い。旅の途中で偶然再会した頃、番犬として飼われていたのだが役立たずと見なされ、飼い主に追い出されて旅の仲間となる。おっちょこちょいかつ気弱でかなりの食いしん坊で、常に腹を空かせている。その一方で心優しく、ボクサー犬らしい力強さも持ち合わせている。
冬の寒空の下フレディが体調を大きく崩した際、とある獣医師と出会い、それが彼の転機となる。
コッコ
声 - たかはし智秋
アメリカン・コッカー・スパニエルのメス。フレディが旅の途中で立ち寄った家の飼い犬だったが、その家に赤ちゃんが産まれたことで自分の存在が邪魔になったと感じ、フレディの旅の手助けも兼ねて彼の旅に同行する。
フレディにとってはお姉さん的存在で、恋愛事に興味を示したりと乙女チックな一面もある。非常にしっかり者で、お調子者のドッチとはよく喧嘩になるが、互いを意識しあうといった面も。感情よりも理屈を優先させる強がりな一面がある。
旅の過程で、最終的にかつての我が家にたどり着くのだが。
エージ
声 - 乃村健次
ジャーマン・シェパードのオス。「ハッピーケンネル」の近くに居を構える野良犬。
「ふぉうちゅんツリー」の存在は認識していたようだが、自分の手には負えないものと悟り、フレディに後を託す。
グレース
声 - 堀越真己
のおばさん。エージとは種は違えど良き間柄。
ドン・コロコローネ
声 - 仲野裕
大泥棒である飼い主のために犯罪に加担するコワモテの犬。通称ドンコロ。極悪犬(実在しない犬種)のオス。見た目に反して心根は優しく、フレディの良き友となる。マックス同様、フレディとは「ハッピーケンネル」以来の付き合い。
飼い主への想いは人一倍強く、その想いが強すぎたために彼の歩む道は次第に歪んでいく。
ノッペ
声 - 川村拓央
ブルテリアのオス。ドンコロの子分。お調子者で、後にフレディのことも「兄貴」と呼ぶようになる。
コワルスキー
声 - 樫井笙人
ワイマラナーのオス。ドンコロの子分。

ゲストキャラクター[編集]

シバタ
声 - 渡辺明乃
柴犬のオス。フレディと同じく「ハッピーケンネル」出身。シーナとは大の仲良しで、いつも一緒にいたのだが、別々の飼い主に引き取られ離れ離れになってしまう。その後は劇団として働いている女性・アリスに引き取られ、その手伝いをしていた。後にシーナと再会することになるのだが…。
チビヤマ
声 - 松本美和
チワワのオス。フレディと同じく「ハッピーケンネル」出身で、パピーと仲が良い。
パピー
声 - 谷井あすか
パピヨンのメスで、チビヤマと仲が良い。
シーナ
声 - 福圓美里
シーズーのメスで、頭の緑色のリボンがチャームポイント。フレディと同じく「ハッピーケンネル」出身。シバタとは大の仲良しで、いつも一緒にいたのだが、老夫婦に引き取られ、離れ離れになってしまう。後にシバタと再会することになるのだが…。
アーネスト
声 - 松谷彼哉
アフガン・ハウンドのメス。
マータフ
声 - 永野善一
ドーベルマンのオス。関西弁で話すお調子者の犬。キャミーとは知り合い。
キャミー
声 - 田口宏子中川亜紀子
キャバリア・キングチャールズ・スパニエルのメス。フレディと同じく「ハッピーケンネル」出身。首もとの赤い水玉のリボンがチャームポイント。お金持ちの女性に飼われており、コンテストで何回も優勝している。フォーチュンツリー編でフレディたちと再び会うことになる。
ウエルシー
声 - セリフ無し
ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアのオス。
リョーマ
声 - 鈴木勝美
土佐犬の野良犬でオス。実は年老いた女性の飼い犬だったが、彼女が持病の心臓発作で緊急で病院に運ばれて入院をしたため、自分は捨てられたと思い込み、人間を信用できなくなってしまった。後に飼い主と再会するが…。
フレディに野良犬としての生き方とマーキングを教えた張本人である。
フリーザー
声 - 永野善一
シベリアン・ハスキーのオス。縄張り意識の強い、気性の荒い性格。リョーマと争ったことがある。誰かに飼われていたようだが、フォーチュンツリーによって野良犬となる。
キッチン
声 - 川村拓央
ラフ・コリーのオス。
ダルジャン
声 - 鈴木紀子
ダルメシアンのメス。
ムック
声 - 布目貞雄
オールド・イングリッシュ・シープドッグのオス。牧羊犬であり、ホワイティと共に牧場で羊の世話をしている。しかし、羊が思い通りに動いてくれないため、いつも陰で泣いている。
ホワイティ
声 - 谷井あすか
プードルのメス。ムックと共に、牧場で羊の世話をしている。しっかりとした性格で、泣き虫のムックをなだめている。
エドガー
声 - 樫井笙人
ワイア・フォックス・テリアのオス。
キンタ
声 - 山口勝平
ゴールデン・レトリバーのオスでジャズの息子。大の犬嫌いである町の主・ターナーの息子ボビーとは一番の仲良し。ある日、小屋の中で彼と一緒に遊んでいた時に事故で火事にしてしまった事から、人間(特にターナー)から嫌われてしまう。バーナードンとは知り合い。
ジャズ
声 - すずき紀子
ゴールデン・レトリバーのメスでキンタの母。人間嫌いで人間のことを信用しておらず、息子を連れて町を出ようとしていた。元々はボビーの母マリア(故)の飼い犬だった。子犬の頃、弱っていたところを彼女に拾われ、とても可愛がられながら幸せな日々を送っていた。しかし、マリアの夫であるターナーが大の犬嫌いで、彼女がいない間に彼によって勝手に家から追い出されてしまうその事を知ったマリアはショックを受け、元気を無くしたと同時に病気で段々弱まり、亡くなってしまう。
バーナードン
声 - 中田雅之
セント・バーナードのオスで、物語の鍵を握る存在。かなりの歳のため、目が見えない。フォーチュンツリーのことをよく知っている人物で、守り石を持っていた。後に飼い主を助けるために彼に会ったドンコロによって奪われてしまう。ドンコロによって負わされた傷が深かったため、フレディ達の前で息を引き取る。
コースケ
声 - 立野香菜子
ノーリッチ・テリアのオス。
ポッチ
声 - 松本梨香
雑種のオス。いつも鼻水を垂らしていてやる気の無い性格。元々いたペットショップでも売れ残っていた。飼い主の家族にも呆れられており、マックスを「サムソン」と呼んで可愛がっていたが、ある事が切っ掛けで信頼関係が生まれる。
レオン
声 - 松本大
ブラッドハウンドのオス。
ブルート
声 - 遠藤純一
ブルドッグのオス。シーナや愛ちゃんにフレディと間違われ、自分の方がいい男だと言っていた。
ユーピー
声 - 小桜エツ子
ロボット犬(実在しない犬種)のオス。ロボットのため、いつも同じ言葉を繰り返す。フレディたちには宇宙人と間違われた。
ゼンジー
声 - 水田わさび
ペキニーズのオス。強くて大人なメス猫の「レイナ」に恋してしまい、猫の鳴き真似をしながら何度も彼女にアタックし続けている。飼い主はいるようだが、フレディ達が滞在していたときには留守中だった(エサはいつでも一人で簡単に食べられるシステム付き)。
トミコ
声 - 雪野五月
シャー・ペイのメス。惚れっぽい性格で、ドッチに恋する。
アイリ
声 - 桐本琢也
アイリッシュ・セッターのオス。
ヒメチン
声 - 釘宮理恵
のメス。勝気な性格で、ドッチをよく思っていない。
ブライト
声 - 平川大輔
サモエドのオス。飼い主が出張中のため、ポロンやマルコと共に動物医師によって預けられている。
ポロン
声 - 岡村明美
ポメラニアンのオス。ある理由により、ブライトやマルコと共に動物医師によって預けられていた。後に病気がひどくなるが、手術によって一命を取り留めた。雪の中を元気に駆け回っていたが、マックスの目の前で亡くなってしまう。
マルコ
声 - 小林けい
マルチーズのメス。下痢が酷くてブライトやポロンと共に動物医師によって預けられている。
ヨーコ
声 - セリフ無し
ヨークシャー・テリアのメス。頭の赤いリボンがチャームポイント。犬を甘やかす中年女性に飼われている。
ジャッキー
声 - 浅野まゆみ
ジャック・ラッセル・テリアのオス。
リキュー
声 - 長島雄一
秋田犬のオス。
ワン
声 - 鈴木紀子
チャウチャウのメス。
シュナエモン
声 - 石井隆夫
ミニチュア・シュナウザーのオス。野良犬で、フレディに餌の摂り方を教える。
サンペー
声 - 高木礼子
ウェルシュ・コーギーのオス。
ラブリー
声 - 檜山修之
ラブラドール・レトリバーのオス。
シェトラン
声 - 永島由子
シェットランド・シープドッグのオス。
パグボー
声 - 伊東みやこ
パグのオスで、いつも鼻水を垂らしている。物事をハッキリと言う性格。絵本のフレディを尊敬している。
ビーチャン
声 - 坂本千夏
ビーグルのオス。
ミニッチ
声 - セリフ無し
ミニチュア・ピンシャーのオス。

主題歌[編集]

オープニングテーマ
「ワンダフルLife」
作詞 - yoshi / 作曲 - 三原宏之 / 編曲 - F.Z.C、太平太一 / 演奏・歌 - FANTA ZERO COASTER
エンディングテーマ
「チガウ夢」(第1話 - 第30話)
作詞 - 山野英明 / 作曲 - 森英治 / 編曲 - ピカソ / 歌 - 吉沢梅乃
「keep contact」(第31話 - 第39話)
作詞・作曲 - 熊谷尚武 / 編曲 - KUMACHI、原田末秋 / 歌 - KUMACHI

スタッフ[編集]

放送リスト[編集]

放送日はテレビ東京のもの。なお、第13話までと第14話以降とでは放送日時が異なる。

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 放送日
1 運命の出会い 待田堂子 斉藤博 嶋津郁雄 2002年
7月4日
2 突然のさよなら 寺本幸代 はっとりますみ 7月11日
3 2番目の友達、ドッチ 斉藤博 三宅綱太郎 高橋昇 7月18日
4 キャミーの休日 島津奔 安形優篤 柳瀬譲二 7月25日
5 迷子のフレディー 藤本信行 細谷秋夫 白石道太 松崎一 8月1日
6 老犬のプライド 斉藤博 嶋津郁雄 8月8日
7 本当のパートナー 小林三男 三宅綱太郎 はっとりますみ 8月15日
8 マックスと再会 待田堂子 寺本幸代 高橋昇 8月22日
9 がんばれ! ムック! 斉藤博 横田和善 柳瀬譲二 8月29日
10 心の絆 藤本信行 小林三男 嶋津郁雄 9月5日
11 走れ! フレディー! 小林三男 三宅綱太郎 はっとりますみ 9月12日
12 コッコの選んだ道 待田堂子 斉藤博 斉藤博
白石道太
松崎一 9月19日
13 俺はロックじゃない! 藤本信行 寺本幸代 高橋昇 9月26日
14 ドン・コロコローネ参上! 待田堂子 小林三男 嶋津郁雄 10月5日
15 また逢う日まで… 斉藤博 横田和善 柳瀬譲二 10月12日
16 落ちこぼれのポッチ 藤本信行 小林三男 三宅綱太郎 はっとりますみ 10月19日
17 怒ったマックス 斉藤博 高橋昇 10月26日
18 掘ろうぜ、お宝! 神尾麦 前田康成 秦義人 岡迫亘弘 11月2日
19 これがシバタの生きる道!? 寺本幸代 嶋津郁雄 11月9日
20 サヨナラさん、コンニチハ 小林三男 佐久間信計 柳瀬譲二 11月16日
21 ユーピーって誰? 藤本信行 斉藤博 はっとりますみ 11月23日
22 出逢い 小林三男 高橋昇 11月30日
23 最高のパートナー 斉藤博 三宅綱太郎 嶋津郁雄 12月7日
24 ネコに恋したゼンジー 待田堂子 前田康成 前田康成
白石道太
松崎一 12月14日
25 天才犬、ジャッキー 寺本幸代 柳瀬譲二 12月21日
26 私って○○だったの!? 神尾麦 小林三男 秦義人 岡迫亘弘 12月28日
27 コッコの宝物 友野康治 斉藤博 佐久間信計 はっとりますみ 2003年
1月4日
28 駅前のリキュー 藤本信行 小林三男 高橋昇 1月11日
29 サンペーがいてくれるから 神尾麦 斉藤博 嶋津郁雄 1月18日
30 やっと会えたね 友野康治
神尾麦
小林三男 三宅綱太郎 柳瀬譲二 1月25日
31 新たなる旅立ち 前田康成 前田康成
白石道太
松崎一 2月1日
32 立ち上がれ、フレディー! 藤本信行 斉藤博 秦義人 岡迫亘弘 2月8日
33 勇気をくれた友達 小林三男 佐久間信計 嶋津郁雄 2月15日
34 コロコローネの決意 前田康成 三宅綱太郎 柳瀬譲二 2月22日
35 長老の言葉 神尾麦 小林三男 はっとりますみ 3月1日
36 守り石の秘密 待田堂子 前田康成 前田康成
白石道太
松崎一 3月8日
37 伝説の犬・フレディー 藤本信行 斉藤博 秦義人 高橋昇 3月15日
38 ふぉうちゅんツリーを救え! 斉藤博 岡迫亘弘 3月22日
39 おかえり、フレディー 友野康治 寺本幸代 高橋昇 3月29日

放送局[編集]

2002年9月まで[編集]

放送地域 放送局 放送系列 放送日時 遅れ日数
関東広域圏 テレビ東京 テレビ東京系列 木曜 18:30 - 19:00 製作局
北海道 テレビ北海道 同時ネット
愛知県 テレビ愛知
大阪府 テレビ大阪
岡山県・香川県 テレビせとうち
福岡県 TVQ九州放送
岐阜県 岐阜放送 独立UHF局

2002年10月以降[編集]

放送地域 放送局 放送系列 放送日時 備考
関東広域圏 テレビ東京 テレビ東京系列 土曜 09:30 - 10:00 製作局
北海道 テレビ北海道 日曜 07:00 - 07:30 1日遅れ
愛知県 テレビ愛知
大阪府 テレビ大阪
岡山県・香川県 テレビせとうち
福岡県 TVQ九州放送
鳥取県島根県 日本海テレビ 日本テレビ系列 水曜 16:00 - 16:30 2002年10月5日放送開始
山形県 テレビユー山形 TBS系列 水曜 10:55 - 11:25 2002年10月16日放送開始
富山県 チューリップテレビ 土曜 05:30 - 06:00 2002年11月6日放送開始
福島県 福島テレビ フジテレビ系列 金曜 15:30 - 16:00
石川県 石川テレビ 木曜 15:35 - 16:00 2002年10月3日放送開始
沖縄県 琉球朝日放送 テレビ朝日系列 土曜 06:30 - 07:00 2002年10月5日放送開始
岐阜県 岐阜放送 独立UHF局 火曜 19:27 - 19:57
滋賀県 びわ湖放送 金曜 08:00 - 08:30 2002年10月18日放送開始
日本全域 AT-X CS放送 月曜 10:30 - 11:00 リピート放送あり

サウンドトラック[編集]

  • ふぉうちゅんドッグす オリジナル・サウンドトラック(2002年10月2日発売、HiBOOM、IOCD-11026) - 作中で使用されたBGMのほか、オープニングテーマ「ワンダフルLife」とエンディングテーマ「チガウ夢」と第19話の挿入歌「Your Fortune」(歌 - ALLEY:A)も収録。

外部リンク[編集]

テレビ東京系列 木曜18:30枠
前番組 番組名 次番組
Mr.マリック★魔法の時間
(2001年10月4日 - 2002年6月27日)
ふぉうちゅんドッグす
(2002年7月4日 - 2002年9月26日)
NARUTO -ナルト-
(2002年10月3日 - 2003年3月25日)
テレビ東京 土曜9:30枠
トータリー・スパイズ!
(2002年7月6日 - 2002年9月28日)
ふぉうちゅんドッグす
(2002年10月5日 - 2003年3月29日)
魔探偵ロキ RAGNAROK
(2003年4月5日 - 2003年9月26日)