鉄甲機ミカヅキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鉄甲機ミカヅキ
ジャンル テレビドラマ
原作 雨宮慶太
脚本 雨宮慶太
井上敏樹
監督 雨宮慶太
出演者 高柳勇太
ナレーター 玄田哲章
製作
制作 小椋事務所
製作 フジテレビジョン
メディアファクトリー
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2000年10月23日 - 2001年3月24日
放送時間不定期
放送分60[注釈 1]
回数6
テンプレートを表示

鉄甲機ミカヅキ』(てっこうきミカヅキ)は、2000年10月23日から2001年3月24日までフジテレビ系で全6話が放送された、メディアファクトリー製作の特撮番組。

内容[編集]

基本的に月1回の放送で、地域によって放送日や放送時間が異なっていた。制作費は10億円で、テレビ作品としては破格の巨費が投入された。

『序夜』は当初映画作品として企画され[1]、総勢500名以上のスタッフが参加し1年かけて製作された[2]

DVDでは5.1chサラウンドで音響設計がなされており、監督の雨宮慶太はこれを「音の特撮」と称している[3]。また画面アスペクト比はテレビ放送ではスタンダードサイズであったが、撮影ではビスタサイズを想定して製作されており、雨宮はビスタサイズで収録されたDVD版が演出の意図した構図であると述べている[3]

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

岩動 風雄いするぎ かぜお
主人公。小学4年生。10歳。言霊をもってミカヅキを操る。
火野アカネひの アカネ
女子高生にして「あけぼの重工」3代目社長。16歳。月光機の操縦者。
二宮 ユキにのみや ユキ
アカネの同級生で、シンゲツの操縦者。実はザメに憑依されていた。
岩動 哲朗いするぎ てつろう
風雄の父。元Z-ONEの中心メンバー。天才的な考古学者で、ウテルスを発見するが行方不明となる。
実はウテルスに取りこまれ、そのままアストラル体として、アストラル界で生きていた。最終回で風雄との再会を果たすが、「本当に会いたいと思うなら、自分の力で会いに来い!」と息子に発破をかけた。
岩動 朋子いするぎ ともこ
風雄の母。34歳。元Z-ONEメンバーで哲郎が行方不明になる直前、風雄の出産のために日本に帰国していた。
麻田ナナあさだ ナナ
風雄の同級生。風雄と交換日記をしている。母子家庭で育っている。
遊佐 亘ゆさ わたる
元Z-ONEメンバーで、日下有希子の婚約者。トルパに心身を乗っ取られて死亡。身体はそのままトルパのものとなった。
その後、ザメに倒された。
ルナ・ティカル
アストラル界の妖精。

AIT[編集]

Annihilate Idea-monste Tacklersの略、読みは「エイト」。イドム殲滅のために組織された。正式発足前は、所在地から「幕張」というコードネームで活動していた。

日下 有希子くさか ゆきこ
AIT 統括官。元Z-ONEメンバー。Z-ONE時代に脚を負傷しており、歩行には杖を使っている。
土肥原 邦夫どいはら くにお
作戦室室長。3等抑佐。パーソナルカラーは黄色。酒飲みで、勤務中でも酒を飲むことがある。噓をつくとき関西弁になる。離婚歴があり、作家をしている元妻の高島勢津子に強い未練がある。非常に女好きでスケベ。
木場 勇きば いさむ
機動班隊長。抑曹長。パーソナルカラーは赤。青汁が好き。
金城 正人かねしろ まさと
機動班隊員。2等抑曹。パーソナルカラーは青。怪獣オタクで、学生時代は「怪獣研究会」に入っていた。「怪獣研究会」はイドムびいきで、ミカヅキを敵扱いしている。月光機については「やられっぷりが良い」と評価されている。アカネに気がある素振りを見せる。
和泉 沙織いずみ さおり
通信課課長。准抑尉。パーソナルカラーは紫。

ガイラの国[編集]

トルパ
ガイラの国の王。封印されていたが遊佐に憑依して復活した。ユカ王朝復活を目論む。
月影
トルパの従者。
神官ザメ
ガイラの国の神官。かつてトルパの部下だったがトルパに反逆する。二宮ユキに憑依している。

ゲスト[編集]

壬生 海我みぶ かいが
沙織の幼馴染。女性ばかりを狙った連続殺人犯。
実は沙織とのふとした行き違いから裏切られたために、女性への憎悪を爆発させ、復讐のために女性を殺し続けていた。
トルパにその復讐心を見出されてイドムを生み出すもミカヅキに敗れ、その後すぐに射殺命令を受けて追ってきた警察官たちに撃たれて致命傷を負い、沙織に看取られながら不遇な人生を終えた。

登場ロボット[編集]

諸元
ミカヅキ零
身長 60m
体重 3万5千t(推定)
ミカヅキ凱
身長 50m
体重 3万t(推定)
最高飛行速度 マッハ3
ミカヅキ零ミカヅキゼロ
全身がソムニウムという物質で構成された黒き巨人。厳密にはロボットではなくただの巨像であり、なぜ動くのかは謎に包まれている。風雄の言霊によって動き、風雄の命令を全力で実行する。特別な武器はないが、全身を構成するソムニウム自体にイドムの構成物質を中和する作用があるため、パンチやキックなど敵に直接触れる攻撃を行う。ミカヅキ自体のパワーも凄まじく、パンチ一発でビルを砕き、重量数万トンのイドムを軽々と投げ飛ばす。胸の真ん中に三日月の紋章がついている。
空間転移能力により、風雄の生命の危機には即座に現れる。激昂したアカネが風雄を叩いたときは、アカネを踏みつぶそうとするなど、風雄のことは全力で守る。自己修復能力も備え、シンゲツビースト戦で失った右腕を戦闘後に再構成している。
ミカヅキ凱ミカヅキガイ
第三夜で、風雄の「飛べ、ミカヅキ!!」の言葉に応えて発現したミカヅキの第二形態。体色が銀色に変化し全体的にスマートになった他、背中にロケット(漫画版では天使のような羽)のようなものが出現し、飛行能力を得た。従来の拳や蹴りの他に、手刀を振るうことでエネルギーの刃を出す攻撃も行った。
シンゲツ
ミカヅキと対になる巨人。初登場時はミカヅキ零の姿で現れ、殻を破るように中から出てきた。一時はミカヅキ同様AITの管理下に置かれるが、やがて本来の使命を果たすべく動き出す。
胎曲天[4]
シンゲツがミカヅキを取り込み、融合した姿。「ミカヅキ・シンゲツ融合体」とも呼ばれる[5]。現世をリセットすべく、地上に向けて、無数の落雷を放つ。AIT本部をも容易く壊滅させたが、イエイドムから飛び出した風雄がミカヅキの制御を取り戻したことで分離。シンゲツビーストへと変形した。
シンゲツビースト
最終決戦の際、ミカヅキと分離させられ異形化したシンゲツ。その名の通り生物的でグロテスクな外見。胎曲天と同じく電撃を放つ他、自らの周囲に回転刃を展開することが可能。ミカヅキと全月光機の集中攻撃すら寄せ付けず、ミカヅキの右腕をもぎ取るが、風雄やアカネ、AIT隊員たちの言霊によって作られた言霊の剣に刺し貫かれ、消滅した。
月光機げっこうき
あけぼの重工製作の有人ロボット兵器シリーズの名称。ブリキのロボットの玩具のような外見をしている。基本的にやられ役だったが、シンゲツビーストとの最終決戦ではミカヅキと共に奮闘した。
漫画版では丸いデザインのロボットで、いわゆるリアルロボット的な外見になっている。
初号
緑色の外装。身長25.6m、体重1800t、最高速度は80km/h。[要出典]動力はディーゼルエンジン。30mm機関砲2門、105mm砲1門、ソムニウムミサイル4発を搭載。胸部中央に掘削作業用クレーンが収納されている。コックピットは離脱式。トレーラー形態への変形が可能。スイカイドムと二度交戦するも、二度とも敗れる。対スイカイドム戦敗退後、装甲板の一部をリサイクルして“月光鍋”が製造販売された。
弐号
ピンク色の外装。身長40m、体重3000t、最高速度50km/h。[要出典]30mm機関砲2門、ソムニウムビーム砲2門、105mm砲1門を搭載。全身に高圧電流を流すことができる。多機能だった初号から、設計を単純化し戦闘用に特化させた大型機。ドアイドムの扉に飲み込まれかけ、ミカヅキに助けられた。
参号
黄色の外装と二足歩行が特徴。身長24.5m、体重1600t、最高速度70km/h。[要出典]30mm機関砲1門、ソムニウムビーム砲4門、ソムニウムミサイル1門、ピンポイント・バリアーを装備。二足歩行の弱点である安定性の低さをカバーするため、機体背部に大型アーム状の転倒防止装置を装備している。フウリンイドムに敗れるも、今までとは違い機体損傷自体は小破で済んでおり戦闘後も普通に稼働していた。
四号
赤い外装と卵型のボディが特徴。ソムニウム砲2門、ソムニウムシャワー1門を装備。ソムニウム兵器に特化した武装を補うため、背部に大容量ソムニウムタンク2器を装備している。参号の2倍の機動力、攻撃力を誇る。従来機に比べると桁違いの性能を持ち、イドムギリークの頭部を一撃で完全に吹き飛ばしたが、すぐに再生され腕で貫かれて沈黙した。
五号
金色の外装とこれまでの月光機にはない軽快な動作と飛行能力が特徴。ソムニウムバルカン2門を装備。背部に折りたたみ式の翼を持ち、VTOL 能力を有する。

AITの装備[編集]

タクティカル・スーツ
対イドム用特殊戦闘防護服。AITジャイロのパイロットスーツとしても機能する。
AITジャイロ
AITの一人乗り戦闘機。
ライノスネイル
98式高機動多目的装甲車。
ウルティマ砲
AIT本部に装備された対イドム用兵器。

用語[編集]

アストラル界
この世に隣接する非物質世界。精神のみが存在する世界。
ガイラの国
太古に存在した謎の王国。思念を物質化することで繁栄を誇ったが、ウテルスを濫用した王トルパにより滅んだ。
ウテルス
人の思念を実体化する存在。
言霊ことだま
想念の実
ソムニウム
人の思念に反応する物質。
Z-ONEゾーン
古代文明の研究機関。エイトの前身となる。
イドム
Idea-Monster(イデア・モンスター)の略。人間に植え付けられた想念の実が熟し、弾けると誕生する。宿主となった人間のトラウマや思い出に影響されて形態や能力が変化する。

キャスト[編集]

参照公式ビジュアルブック 2000, pp. 62–63、公式ビジュアルブック2 2001, pp. 76–77、宇宙船YB 2001, pp. 20–21

スーツアクター[編集]

  • ミカヅキ零、タクティカル・スーツ(木場)、スパルタクスTC - 吉田瑞穂
  • ミカヅキ凱、タクティカル・スーツ(和泉) - 大橋明
  • シンゲツ - 福沢博文
  • タクティカル・スーツ(土肥原) - 森崎えいじ
  • タクティカル・スーツ(金城) - 秋山智彦
  • タクティカル・スーツ(金城) - 林潔
  • タクティカル・スーツ(パイロット)、月光機4号 - 佐々木俊宣
  • 月影 - 渡辺智隆
  • スイカイドム - 枡田充則
  • ドアノイドβ - 三住敦洋
  • フウリンノイド - 高槻祐士
  • ギリーク - 柄沢功

ゲスト[編集]

スタッフ[編集]

放送リスト[編集]

話数 放送日
(フジテレビ)
放送時間
(フジテレビ、JST
サブタイトル 登場キャラクター
1 2000年
10月22日
日曜16:00 - 17:25 序夜…謎の巨人 ミカヅキ出現 スイカイドム
2 11月25日 日曜13:00 - 14:00 第二夜…開かない扉 ドアイドム
3 12月23日 土曜13:00 - 14:00 第三夜…飛べミカヅキ 零から凱へ フウリンイドム
4 2001年
1月27日
第四夜…新たなる巨人 シンゲツ起動 イドムギリーク
5 2月24日 第五夜…激闘 ミカヅキVSシンゲツ スパルタクスTC
6 3月24日 第六夜…ミカヅキよ永遠に イエイドム、シンゲツビースト

主題歌[編集]

オープニング曲「Crescent Moon」
作詞・歌 - Don DokkenDokken[6] / 作曲:Hatakeシャ乱Q
エンディング曲「LOST MEMORIES」
作詞・作曲 - 岩川浩二 / 歌 - 原史奈[6]

超空童子 ワンダーセブン[編集]

劇中で放送されているという設定の劇中劇。特撮番組。アカネはこの番組の大ファンで、番組を鑑賞している場面もある。本編ではほんの少ししか映らないが、実は丸々一話製作されており、DVDの特典で観ることができる。顔出しの俳優も声優によって吹き替えられているのが特徴である。

登場人物[編集]

星野 ジュン/超空童子 ワンダーセブン
ワンダー星の第七王子。地球人との交流がしたくて、地球へとやってきた。地球がピンチになると、ワンダーエナジーにより「超空童子 ワンダーセブン」に変身して戦う。
ワンダー星人は食事の時間を「無駄が多い」という理由で廃しており、活動エネルギーはワンダーエナジーの補給で補っている。ただし、経口食ができないわけではない。
七つのしもべ(ワンダースティック、ワンダーブラスター、ワンダージェット、ワンダーバード、ワンダービースト、ワンダースライム、ワンダーキング)を従えている。ただし、ワンダーキングはまだ復活しておらず、呼んでも来ない。しもべはキーボード状のバックルを押すと出てくる。
毎週変わる「ワンダー七つの誓い」を唱えながら戦う。誓いを言うときは、番号の付いた札を出しながら言う。
必殺技はワンダーファイヤー。しかし、この技は大量のワンダーエナジーを消耗し、しもべを呼び出したり、ワンダーセブンに変身したりすることができなくなってしまう。
マユミ
地球人の少女。ジュンと仲がよい。
ジュンいわく「見かけによらぬ大食漢」で、1つの会話の間にフライドチキンおにぎりサンドイッチバナナカップヌードルカレーライスをすべて平らげている。ジュンがキルゴアに叫んだセリフから、ひそかに「意地汚いやつ」と思われているらしい。
ガリゴリン博士
地球制服を狙う悪の博士。アンモナイト型の棒を持ち、普段は秘密基地・ガリゴラボに潜んでいる。ワンダー星を追放された過去がある。
ケチョンパ
ガリゴリン博士の左肩に乗っている魔物。語尾に「~チョンパ!」と付けるのが口癖。
キルゴア
腹ペコ魔人。ガリゴリン博士の求めに応じて復活した。復活したてのときは、戦闘員まで食べてしまった。ワンダーエナジーが大好物で、ワンダーセブンも食べてしまい、ピンチに陥れた。過去には、ワンダー星のあるボルトロイト星雲を火の海にしたことがある。
ガリゴラー
戦闘員。長いスコップのような武器で戦う。
ワンダースティック
ワンダー七つのしもべの1つで、剣。意思を持ち、しゃべる。ワンダーセブンのことは「若」と呼んでいる。ジュンは「じいや」と呼んでいる。落ち着いた物腰。「空間跳躍の術」が使える。
ワンダーブラスター
ワンダー七つのしもべの1つで、光線銃。意思を持ち、しゃべる。ワンダーセブンのことは「兄ィ」と呼んでいる。威勢のいい性格。
ワンダーキング
ワンダー七つのしもべの1つで、巨大ロボット。大量のワンダーエナジーを持ち、最強の力を誇る。
体内には秘密基地・ワンダーベースを備えている。その中でジュンはワンダースリープに入り、ワンダーエナジーを補給することもできる。
キルゴアによってワンダー星が危機に瀕したときも、キルゴアがワンダーキングのワンダーエナジーを食べようとして腹を壊したところを突き、窮地を救った。

グッズ展開[編集]

実際に発売されたわけではないが、グッズ展開を意図したCMが制作されている。

ワンダーセブンふりかけ
「七つの栄養、七つのおいしさ」がキャッチコピー。
ワンダーセブンペンダント
光る、計器が回る、蓋が開くという3つのギミックを備えている。鎖は別売り。

キャスト(ワンダーセブン)[編集]

  • ジュン - 斉藤拓実(少年スタア)
  • マユミ - 中田あすみ
  • キルゴア - 小林勇治
  • ワンダーセブン - 大橋明
  • ガリゴリン博士 - 舘正貴
声の出演

漫画版[編集]

コミックボンボン』誌上で津島直人によってコミカライズされた。全6話。テレビ版とは異なり、現代とは違う世界(もしくは未来)が舞台となる。主人公の少年アテカがミカヅキと共にイドムと戦うという内容。イドムではリンゴイドム、タケトンボイドム、王国イドムの三種類が登場した。この作品ではトルパの弟のバゴが実質の黒幕を務め、彼と王国イドムを倒し、前触れも無く現れたシンゲツに戦いを挑むところで完結している。

なお、漫画版連載当時の『コミックボンボン』の特集記事では、漫画版はテレビ版の遠い過去にあった戦いとされ、漫画版での戦い後、ミカヅキは眠りにつき、数万年から数千年後の現代に発掘され、風雄が乗り込み、再びイドムと戦うという年表が掲載された。

漫画版を担当した津島は後に「MIKAZUKI 鉄甲機ミカヅキ」というタイトルの同人誌版を制作している。

商品展開[編集]

映像ソフト[編集]

  • 2001年4月18日から7月18日にかけて、発売メディアファクトリー・販売ポニーキャニオンにより全6巻のVHSが発売された[7]
  • 2001年7月7日に、発売メディアファクトリー・販売クロス・エンタテインメント・ディストリビューションにより全話収録のDVD-BOXが発売された[7]
  • 2010年2月5日にDVD-BOXがメディアファクトリーから発売された。

玩具[編集]

本放送時、ソフトビニール製のフィギュアタカラから発売された[7]

DXリアルミカヅキシリーズ
大型のソフビフィギュア。全2種。
リアルミカヅキシリーズ
中型のソフビフィギュア。全6種。
コレクションミカヅキシリーズ
小型のソフビフィギュア。全10種。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 初回のみ90分。

出典[編集]

  1. ^ 公式ビジュアルブック 2000, p. 54, ヤマダマサミ「日本特撮史における『鉄甲機ミカヅキ』の位置」.
  2. ^ 公式ビジュアルブック 2000, p. 49, 赤松智「プロデューサーからのご挨拶」.
  3. ^ a b 公式ビジュアルブック2 2001, p. 81, 「雨宮慶太、かく語りき」
  4. ^ 公式ビジュアルブック2 2001, p. 37.
  5. ^ 宇宙船YB 2001, p. 21.
  6. ^ a b 「鉄甲機ミカヅキ」オリジナルサウンドトラック - メディアファクトリー公式サイト。2018年12月15日閲覧。
  7. ^ a b c 公式ビジュアルブック2 2001, pp. 82–83, 「『鉄甲機ミカヅキ』関連商品紹介」

参考文献[編集]

  • ミカヅキプロジェクト 『鉄甲機ミカヅキ 公式ビジュアルブック』メディアファクトリー、2000年12月21日。ISBN 4-8401-0203-1 
  • ミカヅキプロジェクト 『鉄甲機ミカヅキ 公式ビジュアルブック2』メディアファクトリー、2001年4月27日。ISBN 4-8401-0279-1 
  • 『宇宙船YEAR BOOK 2001』〈宇宙船別冊〉朝日ソノラマ、2001年4月30日。雑誌コード:01844-04。