竹本昇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

竹本 昇(たけもと のぼる、1965年8月29日[1] - )は、主に特撮テレビドラマ作品を手がける監督演出家兵庫県立星稜高等学校[2]神戸大学卒業。

来歴[編集]

大学在学中の1989年、『高速戦隊ターボレンジャー』の第6、7話(新井清監督の組)よりフォース助監督として参加[注 1]

鳥人戦隊ジェットマン』の第50話・最終話がチーフ助監督デビューとなる。1997年、『激走戦隊カーレンジャー』第44話「不屈のチキチキ激走チェイス!」にて監督デビューを果たした。

その後、『電磁戦隊メガレンジャー』の序盤で戦隊シリーズから離れ、『はみだし刑事情熱系』『火曜サスペンス劇場』といった一般ドラマ、『ボイスラッガー』『鉄甲機ミカヅキ』などの他社特撮作品、PlayStation用のゲーム『ALIVE』実写パートなどで助監督や監督として現場を采配する。『救急戦隊ゴーゴーファイブ』よりスーパー戦隊シリーズに復帰した[1][注 2]

助監督との兼任が長く、なかなか監督ローテーションに定着しなかったが、『特捜戦隊デカレンジャー』(最多演出・最終回担当)以降は、『魔法戦隊マジレンジャー』『炎神戦隊ゴーオンジャー』にて劇場版を演出、『轟轟戦隊ボウケンジャー』では本編の演出以外にミニコーナー「30戦隊大全集」の全ての構成・演出を務めるなど、戦隊シリーズの監督の中枢として活動。2011年度は、『天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピックon銀幕』『ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』の2本の劇場作品を手掛けた。

演出手法としては、分割画面を効果的に使用するなどの特徴が見られる。

エピソード[編集]

  • かつて、「大学の卒業式の日は戦隊のロケ現場である光が丘公園で、ポパイ弁当を食べていた」とコメントを寄せていたことがある[3]。 
  • 同じ年の渡辺勝也とは先輩後輩の間柄だが、それ以上に盟友関係となっている。竹本のスーパー戦隊シリーズ復帰は、渡辺演出の『救急戦隊ゴーゴーファイブ 激突!新たなる超戦士』であった。『獣電戦隊キョウリュウジャー』のチーフプロデューサーである大森敬仁は、両者について考え方が真逆であると評している[4]
  • 渡辺以外にも他の監督や役者陣との現場の外での交流もあり『魔法戦隊マジレンジャー』に出演した別府あゆみのブログによると、別府とともに後輩監督の中澤祥次郎宅を訪れて鍋を囲んだ。その際の竹本は鍋奉行であった[5]
  • 『シンケンジャー』は、すべての担当回に挿入歌をかけるという野望を初めて達成できたシリーズであるという[6]
  • 『特捜戦隊デカレンジャー』から『天装戦隊ゴセイジャー』までの7年連続で第5話・第6話を担当した。この件について本人は「パイロットでもなく、第3・4話でもなく、万年三番手が僕の定められたポジションかもしれませんね」と2011年発売の『宇宙船』[要文献特定詳細情報]インタビューで語っていた。この記録も2011年で途切れたが『獣電戦隊キョウリュウジャー』『烈車戦隊トッキュウジャー』でも第5話・第6話を担当した。竹本は第5話・第6話から作品に参加することについて、パイロット版のオールラッシュを観られることや第3話・第4話の現場を覗くことができることなどから作品の特色を把握した上で撮影に臨めるので「ラク」であると述べている[7]
  • 特命戦隊ゴーバスターズ』から『烈車戦隊トッキュウジャー』では3年連続でクリスマス時期の決戦回を担当しており、こちらについても「宿命になっている」と述べている[7]
  • スーパー戦隊シリーズの最終回でしばしば見られる、素面名乗りには懐疑的の見方をしており、個人的には好きではないと語っている[8][7]。自身が最終話を担当した『烈車戦隊トッキュウジャー』では、変身シーンに素面名乗りを交えるかたちをとっている[7]
  • スーパー戦隊シリーズで助監督を務めた荒川史絵は、竹本は制作担当や助監督と一緒にスケジュール組みを行う珍しいタイプの監督であると評している[9]。また助監督の得意なことを見つけて伸ばし、任せることも多いという[9]
  • ピンク色が好きで、携帯電話・スニーカー・パーカーなどピンクのものを使用している[10]

巨大戦[編集]

スーパー戦隊シリーズでは戦隊ロボが登場するシーンは通常は特撮班が撮影を担当しているが、特撮班に代わり竹本率いる本編班で巨大戦の撮影を行うこともある[1]。編集では特撮班が撮影した未使用カットもチェックしており、特撮監督の佛田洋が忘れていたテイクも記憶して流用することもあるという[11]
竹本は本編のおまけになりがちな巨大戦に視聴者を注目させるような要素を盛り込むことを意識している[6]。スーツの一部と既存の映像素材だけで巨大戦を描写することもある[1]
『轟轟戦隊ボウケンジャー』第28話では脚本の都合上ロボやメカが大量に登場するため、プロデューサーの宇都宮は物語が煩雑になる可能性を懸念した。この回は竹本が演出を担当したが、チーフプロデューサーの日笠淳とともに完成作品の試写を見終わった宇都宮は、その纏まった出来に圧倒されたという。また宇都宮に日笠は、「竹本監督だからこういう風に撮れるんだよ」と耳打ちしたという[12]。宇都宮は竹本を「巨大戦の達人」と評し[13]、後にチーフプロデューサーを務めた『侍戦隊シンケンジャー』でも同様のシチュエーションの回を竹本に託した。『シンケンジャー』第43話に登場したサムライハオーが恐竜折神を武装するというアイディアは、竹本が台本作りの際に考案したとのことである[6]
『獣電戦隊キョウリュウジャー』においても、チーフプロデューサーの大森敬仁は竹本に巨大戦中心の回を割り振っている[4]。脚本を担当した三条陸は、すべてのロボットが登場する第41話・第42話の脚本は竹本の力量を当てにしていたと述べており[14]、本来の監督ローテーションでは渡辺勝也が担当するところを順番を崩して竹本が担当した[1]
烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS』では従来と公開時期がずれたことにより特撮班のスケジュールがあわず、竹本率いる本編班が特撮シーンも担当した[7]

俳優との関わり[編集]

  • 炎神戦隊ゴーオンジャー BUNBUN!BANBAN!劇場BANG!!』の撮影の際、主演の古原靖久は監督の竹本が何度OKを出しても自身の演技に納得できず苦悩していたが、そのとき竹本が「監督の俺がオッケーを出しているんだ、俺を信じろ!」と励ましたという。その後は迷いを断ち切り吹っ切ることが出来たとインタビューにて語っている。
  • 激走戦隊カーレンジャー』に主演した岸祐二との仕事の機会が多い。岸とは1年に1度は仕事をする約束を交わしているという[15]
  • 他の監督よりも声優についての知識があることから、怪人役のキャスティングに具体的な要望を出すことが多い[1]
  • 現場では俳優と記念撮影を行うことが多く、ヒロインのコスプレ回は必ず行っているという[16]

主な作品[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 当時、監督は長石多可男東條昭平が中心。助監督は諸田敏がチーフ、渡辺勝也がセカンド。
  2. ^ ただしその間にも、『星獣戦隊ギンガマン スーパービデオ ひみつのちえの実』で監督補として参加している。
  3. ^ a b c d e f 助監督との兼任。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f キョウリュウジャー公式完全読本 2014, pp. 66-69, 「director INTERVIEW02 竹本昇」
  2. ^ http://www.seiryo-dousoukai.com/colum/yuanqinishengkitemasuyo
  3. ^ 宇宙船』号数不明(朝日ソノラマ)[要文献特定詳細情報]
  4. ^ a b キョウリュウジャー公式完全読本 2014, p. 14, 「producer INTERVIEW 大森敬仁
  5. ^ かわゆすかわゆす|別府あゆみのブログ「あゆみのいえ」 powered by アメブロ - (インターネットアーカイブ2007年12月31日分キャッシュ)
  6. ^ a b c 「Shinken Director_03 竹本昇」『侍戦隊シンケンジャー公式読本 真剣勝負!』 グライドメディア〈グライドメディアムック62〉、2010年5月20日、78頁。ISBN 978-4-8130-8062-6
  7. ^ a b c d e トッキュウジャー公式完全読本 2015, pp. 69-71, 取材・構成 豊田朋久「TOQGER MAIN STAFF INTERVIEW_02 竹本昇[監督]」
  8. ^ ゴーカイジャー公式完全読本 2012, pp. 74, 「director INTERVIEW06 竹本昇」.
  9. ^ a b トッキュウジャー公式完全読本 2015, p. 76, 取材 鴬谷五郎 構成 山崎優「TOQGER MAIN STAFF INTERVIEW_05 荒川史絵」
  10. ^ トッキュウジャー公式完全読本 2015, p. 25, 取材・構成 山崎優「TOQGER Main Cast Interview 03 梨里杏」.
  11. ^ キョウリュウジャー公式完全読本 2014, p. 95, 「SFX director INTERVIEW 佛田洋」.
  12. ^ 『轟轟戦隊ボウケンジャー PRECIOUS!』(2006年、朝日ソノラマ)[要ページ番号]
  13. ^ 侍戦隊シンケンジャー 第四十三幕 最後一太刀|東映[テレビ]
  14. ^ キョウリュウジャー公式完全読本 2014, p. 59, 「writer INTERVIEW 三条陸、怒涛の全話解説」.
  15. ^ 特捜戦隊デカレンジャー コンプリート・ブック & 2005年, pp. 70-76, 監督インタビュー PARTⅣ 竹本昇
  16. ^ トッキュウジャー公式完全読本 2015, pp. 25、33.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]