小椋悟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
おぐら さとる
小椋 悟
出生地 日本の旗 日本 神奈川県川崎市
職業 映画プロデューサー、2017年度京都造形芸術大学客員教授
ジャンル 劇場映画1992年 - )
TV番組1997年 - )
OV1985年 - 1997年
活動期間 1985年 -
主な作品
蟲師
下妻物語
ピストルオペラ
死刑台のエレベーター・ジャパンリメイク
『姑獲鳥の夏』
オペレッタ狸御殿
七瀬ふたたび
TV『NHKドキュメンタリー・映画監督チャンイーモウの世界』

小椋 悟(おぐら さとる、1957年11月20日 - )は、日本の独立系映画プロデューサー。2017年度・京都造形芸術大学客員教授。

株式会社小椋事務所前代表。

人物[編集]

神奈川県川崎市の工業地帯の出身。

初期は映画だけでなく、映像全メディアの制作を行い、80年代は深夜TV番組、ビデオソフト、CM等を製作。マスターテープ&フィルムを500本以上納品したとの事。[要出典]90年代以降劇場映画製作を主軸に活動。

  • 2017年度・京都造形芸術大学に客員教授として就任。
  • 2011年・第8回SKIPシティ国際デジタルシネマ映画祭・長編部門審査委員長。
  • 1990年代後半より十年近くに渡り、映画監督鈴木清順の正式エージェントを務める。
  • 過去、音楽家としても東京シティバレエ団・バレエ音楽作曲、アニメーション音楽担当等で活動。JASRAC作曲家認定。
  • 以前経営していた株式会社小椋事務所は、ジュゼッペ・トルナトーレが監督する2016年WEB配信映画「GEEK(仮題)」のプロデュースを手がけていたが、出資・製作元エイベックス・デジタルとのトラブルで、東京地裁(民事第20課)に於いて2017年6月敗訴。これに不服として現在小椋サイドは高等裁判所に異議申立(抗告)を申請、受理される。

作品[編集]

主なプロデュース作品

劇場映画
2003年ベルリン国際映画祭 NETPAC賞(最優秀アジア映画賞)受賞
2002年釜山国際映画祭、シカゴ国際映画祭、香港映画祭 特別招待作品
オリジナルビデオ
  • 1996年「ブラック・ジャック/シリーズ全3作」(監督:小中和哉、出演:隆大介、香川照之、草刈正雄)
  • 久住昌之の笑えるビデオ「HE-SO」シリーズ全2作
  • 「ギニーピッグ」シリーズ全8作
TVドキュメンタリー
  • 「筒井康隆21600秒」 (1997年)
1997年PerfecTV!企画制作賞 受賞
  • 「映画監督チャンイーモウの世界」
NHK衛星ハイビジョン局長賞受賞
TVドラマ
TVCM
  • 大塚商会
  • バンダイビジュアル「ばっちしV」
CD/音楽制作
  • 舞台/東京シティバレエ団(音楽制作)
  • アニメーションサウンドトラック/CD「孔雀王3 櫻花豊穣」(1991年、音楽制作)
  • 舞台・CD/シティボーイズミックス(ラ・ハッスル・キノコショー)(音楽制作)
  • CD/バーチャル朗読館・全3作「イッセー尾形」「筒井康隆」「飯島愛」(音楽制作)
  • TVCM「大塚商会」(音楽担当)
ゲーム
  • PlayStation 2ゲームソフト/「サイドワインダー」 シリーズ (ゲームシナリオ制作)

脚注[編集]


外部リンク[編集]