須賀大観

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

須賀 大観(すが たいかん、1968年 - )は、日本の映画監督広告プロデューサー、エンタメビジネス開発プロデューサーである。近年はアイドルプロデュース・アイドルライブ主催も手掛けている。東京都出身。参考:日本の映画監督

学生・広告会社時代[編集]

慶応義塾大学経済学部出身。学生時代に監督を務めた映画作品がぴあフィルムフェスティバルなどで高い評価を獲得し、本格的な映画・映像制作活動を始める。大学卒業後、大手広告会社・博報堂に入社。コマーシャルフィルム(CF)クリエイターとして活動し、マイケル・ジョーダンをメインキャラクターとした「ゲータレード」やホンダの各車種などのCMを担当。その後、エンタテインメント事業開発に携わりながら、国際的カメラマンのクリストファー・ドイルミュージック・ビデオ等の制作を行った。

映画関連[編集]

ガメラ2 レギオン襲来』など数本の映画宣伝プロデューサーを経て、1997年にヒップホップ音楽をテーマにした映画作品『B』(小室ファミリーtaeco/Asami主演)で監督デビュー。監督2作目『ブリスター!』(伊藤英明主演・パトリック・ハーラン助演)ではゆうばり国際ファンタスティック映画祭で『トイ・ストーリー2』を抜き去りファンタランド大賞(観客投票1位)、みちのく国際ミステリー映画祭では新人監督賞を獲得。2006年には小学館350万部突破の超人気漫画原作『最終兵器彼女』(前田亜季主演)を監督し大作として実写化。2007年のSFコメディ『ROBO☆ROCK』(塩谷瞬主演)ではMovie Walker試写ランキングで2位、ぴあ満足度ランキングでも『ミッドナイトイーグル』(大沢たかお主演)に次いで2位を記録した。映画『修羅雪姫』(釈由美子主演)では脚本原案を務め、近年では役所広司が声優として参加した震災ドキュメンタリー映画『ガレキとラジオ』(2013年・プロデューサー)などを制作。『ニュー・シネマ・パラダイス』のジュゼッペ・トルナトーレ監督が日本を舞台に製作する新作映画の日本語版脚本に参加している。

ゲーム・テレビ・ビジネス開発[編集]

現在はフリーの映像作家としても活動、ゲームソフト関連では『三國無双』『戦国無双』『北斗無双』『ガンダム無双3』『ワンピース 海賊無双』などのオープニング映像などを監督。2010年には深夜ドラマ『宇宙犬作戦』(テレビ東京)で原案を務めた。『渡辺謙、アメリカを行く 9・11テロに立ち向かった日系人』(NHK制作)では番組とコラボしたプロモーション映像を監督。 ビジネス開発プロデューサーとしては、現在TOHOシネマズが運営するギャザリングシステムドリパス』の初期の企画プロデューサーとして手腕を発揮し、映画『ゆめのかよいじ』(石橋杏奈主演)などのクラウドファンディング式資金調達を成功させた。

人柄・その他[編集]

メディアではSFマニアとして一部[誰?]に知られており、雑誌やネットで『スタートレック』『バトルスター・ギャラクティカ』などのコメント執筆も行っている。また俳優養成講座や映像学校[どこ?]などで講義もしており、バンタン映画映像学院やクリーク・アンド・リバー社での非常勤講師の経歴がある。現在はアイドルプロデュースも行っている。

監督作品[編集]

宣伝・プロデュース・原案作品[編集]

アイドルプロデュース[編集]

外部リンク[編集]