ドリパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドリパス
URL http://www.dreampass.jp/
使用言語 日本語
タイプ 映画チケットサイト
運営者 TOHOシネマズ株式会社
設立者 五十嵐壮太郎
スローガン みんなとつながると、夢に届く新サービス!
登録 必要
設立日 2010年7月

ドリパスは、映画館と提携して、ユーザーの観たい映画の劇場チケットを販売するサイト。一定以上の購入数が確保出来れば成立となるギャザリングの仕組みを使って興行のリスクを分散させている。

2010年8月よりサービスが開始され、当初は五十嵐壮太郎によって創業された株式会社ブルームが運営を行っていた。2013年3月に同社の全株式をヤフーが買収し[1]、同年6月1日より運営主体をヤフーに変更。さらに2015年5月1日より、運営主体をTOHOシネマズに再変更した[2]

概要[編集]

同サイトは一定時間内に一定以上の購入者が揃えば企画が成立し、購入者はお気に入り、または興味のある映像作品をスクリーンで観る事ができる。明確な共同購入型クーポンと異なり割引は行わない。

掲載期間が一週間程度である点や購入人数に合わせて上映スクリーンが変わる点では、ギャザリングに近いとも言える。

チケットの価格は企画ごとに異なり、映画館の通常チケット価格からの割引は行われていない。

また、会員登録した利用者はTwitterや専用ウェブサイトから上映作品のリクエストを行う事ができ、同サイト上ではリクエスト数の多い作品タイトルを確認できる。 企画される映画は過去の名作、インディペンデント映画が多い[3]

2010年11月29日時点でのクーポン成立率は7割[4]

Youtube月刊ヤングマガジンと共同で『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』の試写会を企画。[5]。 同企画には約6,000名の応募があった。

東日本大震災の復興支援を目的として『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』の書き下ろしTシャツの販売を開始。収益は日本赤十字社に全額を寄付するとしている。

企画された作品[編集]

企画された監督[編集]

企画された俳優[編集]

企画上映館[編集]

トークショー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ヤフー、映画チケット共同購入「ドリパス」運営のブルームを買収 - Internet Watch(2013年3月11日)
  2. ^ 「ドリパス」運営主体の変更について - TOHOシネマズ(2015年4月13日)
  3. ^ 2011年1月28日日経デジタルマーケティング - [1]
  4. ^ 2010年11月29日日経MJ新聞 家電&ビジネス面
  5. ^ 2011年2月8日ハリウッドチャンネル - [2]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]