BS1スペシャル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

BS1スペシャル』(ビーエスワンスペシャル)は、2012年4月[1]からNHK BS1で放送されている単発特別番組放送枠である。

番組概要[編集]

ニュース・スポーツ専門チャンネルを標榜するBS1の特性を生かし、テレビが伝えた史実や、日本と世界の今の現実、スポーツ選手やイベントなどに密着したものなど、ドキュメンタリーや教養性の強い作品をラインナップした長時間のスペシャル番組を放送しており、総合テレビ「NHKスペシャル」の長尺版が放送される事も少なくない。放送尺は多くの場合、10分間のBSニュース(新聞ラテ欄など番組表には載らない)を挿んだ50分ずつの前後編。内容によっては、NHK東日本大震災プロジェクト未来へ 17アクション#あちこちのすずさんプロジェクトとの連動している。

制作クレジットについては、民放キー局の子会社が制作に参加する場合でも、親会社の名称を省いたブランド名に置き換えず、活字表記ながら「テレビ朝日映像」「TBSスパークル」など正式名で表示している。

放送時間[編集]

特定の放送時間は設定されていない。主に、土曜日日曜日の週末、祝日プライムタイムに新作が放送される。再放送を含む放送時間などの詳細は、公式サイトを参照。

受賞歴[編集]

ここでは、2015年以降にテレビ関連の顕彰を受賞した主な作品について記載する。

放送文化基金
ギャラクシー賞
  • バレエの王子になる!"世界最高峰"ロシア・バレエ学校の青春(第57回テレビ部門選奨、2020年[5]
  • レバノンからのSOS〜コロナ禍 追いつめられるシリア難民〜(第58回テレビ部門選奨、2021年)[6] - 2020年7月の月間賞を受賞している[7]
  • デジタルハンター〜謎のネット調査集団を追う〜[8](同上)[6][9]
文化庁芸術祭
  • ボルトとダシャ〜マンホールチルドレン20年の軌跡〜(令和元年度テレビ・ドキュメンタリー部門大賞、2019年)[10]
  • ボクの自学ノート〜7年間の小さな大冒険〜[11](令和元年度テレビ・ドキュメンタリー部門優秀賞、2019年)[10] - 『BS1スペシャル』放送後、『NHKスペシャル』としても放送された[12]
石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞
  • 封鎖都市武漢〜76日間 市民の記録〜(第20回草の根民主主義部門奨励賞、2021年)[13]

不祥事[編集]

東京五輪ドキュメンタリーで不適切な字幕表示[編集]

  • 2021年12月26日に放送(同月30日に再放送)した「河瀬直美が見つめた東京五輪」(大阪放送局制作)の中で「五輪反対デモに参加している」という男性にインタビューした際に「実はお金をもらって動員されていると打ち明けた」というテロップを表示した。放送後に視聴者から複数の問い合わせがあったことを受けて、NHKが2022年1月に男性に対して、再度取材を行ったが、五輪反対デモに参加した記憶が曖昧であり、事実関係がはっきりしないことが判明した。これらを受けて、NHKは同月9日夜に2分間の訂正放送を行い、謝罪した[14][15][16]
  • その後、東京側専務理事の松坂千尋を責任者とする調査チームを2022年1月24日に立ち上げ、関係者に対してヒアリングを実施した結果、「男性が五輪反対デモに参加したという確証は得られなかった」として、字幕は誤りだったと判断[17][18]。同番組の制作を担当したディレクターチーフ・プロデューサーなど6人を懲戒処分にしたほか、NHK専務理事で大阪放送局長の角英夫もNHK会長の前田晃伸から厳重注意を受けたことを同年2月10日に発表した[19]
  • また、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は2022年2月10日に「放送倫理違反の疑いがあり、放送に至った経緯などについて詳しく検証する必要がある」として審議入りすることを決定した[20]

脚注[編集]

  1. ^ BS1スペシャル「ハーバード 若き知性が見た被災地」”. NHK番組表ヒストリー (2012年4月7日). 2021年8月11日閲覧。
  2. ^ 第45回放送文化基金賞 受賞一覧・記者発表(受賞のことば) - 放送文化基金
  3. ^ 広末涼子、声の演技で放送文化基金賞 “ストリッパー役”高評価の裏に桃井かおりの金言”. ORICON NEWS (2019年7月2日). 2021年8月11日閲覧。
  4. ^ 第47回放送文化基金賞 受賞一覧・記者発表(受賞のことば) - 放送文化基金
  5. ^ 第57回(2019年度)ギャラクシー賞 - 放送批評懇談会
  6. ^ a b 第58回(2020年度)ギャラクシー賞 - 放送批評懇談会
  7. ^ フワちゃん、ギャラクシー賞月間賞で異例の個人受賞「特筆すべき才能」”. マイナビニュース (2020年8月20日). 2021年8月11日閲覧。
  8. ^ 「世界一面白いゲームだ」ネット情報から事件の真相に迫る“デジタルハンター”の素顔とは”. 文春オンライン (2021年6月5日). 2021年8月11日閲覧。
  9. ^ 綾野剛&星野源主演『MIU404』、ギャラクシー賞上期に入選”. ORICON NEWS (2020年11月17日). 2021年8月11日閲覧。
  10. ^ a b 文化庁芸術祭賞受賞一覧 平成28年度(第71回)~令和2年度(第75回) (PDF) - 文化庁
  11. ^ Nスぺも話題に!北九州の高校生が小3から続ける「自学ノート」の中身”. FRaU (2020年7月29日). 2021年8月11日閲覧。
  12. ^ NHKスペシャル ボクの自学ノート〜7年間の小さな大冒険〜
  13. ^ “2020年第20回「石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞」発表” (プレスリリース), 早稲田大学, (2021年2月16日), https://www.waseda.jp/top/news/71585 2021年8月11日閲覧。 
  14. ^ NHKが五輪関連番組で不適切字幕、謝罪”. 産経新聞 (2022年1月9日). 2022年1月10日閲覧。
  15. ^ 「五輪反対デモ参加し現金」確認せず番組で紹介、NHKがおわび放送…「河瀬さんらに責任ない」”. 読売新聞 (2022年1月9日). 2022年1月10日閲覧。
  16. ^ NHK、事実確認せず不適切字幕「金もらって」「五輪反対デモ参加」”. 朝日新聞 (2022年1月9日). 2022年1月10日閲覧。
  17. ^ NHK大阪放送局長が改めて謝罪 「河瀬直美が見つめた東京五輪」後編の字幕一部に不確かな内容”. 日刊スポーツ (2022年2月3日). 2022年2月11日閲覧。
  18. ^ NHK、「字幕は誤り」と報告公表 ディレクターら6人を懲戒―五輪ドキュメンタリー番組で”. 時事通信 (2022年2月10日). 2022年2月11日閲覧。
  19. ^ 「字幕は誤り」五輪関連番組でNHKが陳謝”. 産経新聞 (2022年2月10日). 2022年2月11日閲覧。
  20. ^ NHK字幕問題、BPOが審議入り 「放送倫理違反の疑い」”. 毎日新聞 (2022年2月10日). 2022年2月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]