この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

蓮佛美沙子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
れんぶつ みさこ
蓮佛 美沙子
本名 蓮佛 美沙子
生年月日 1991年2月27日(25歳)
出生地 日本の旗 日本 鳥取県鳥取市
身長 163cm[1]
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 2006年 -
事務所 ソニー・ミュージックアーティスツ
公式サイト 蓮佛 美沙子official website
主な作品
映画
バッテリー
転校生 -さよなら あなた-
テレビドラマ
七瀬ふたたび
37.5℃の涙
お義父さんと呼ばせて

蓮佛 美沙子[注 1](れんぶつ みさこ、1991年2月27日 - )は、日本女優である。愛称は、蓮ちゃん

鳥取県鳥取市出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。堀越高等学校卒業。白百合女子大学文学部児童文化学科児童文学・文化専攻卒業。

経歴・プロフィール

竹内結子のファンで、ドラマ『ランチの女王』を見て女優を志す。2005年平成17年)に行われた第1回スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックスのグランプリに選ばれて芸能界入り。

2006年(平成18年)に公開された映画『犬神家の一族』でデビュー。同年『転校生 -さよなら あなた-』で映画初主演し、第81回キネマ旬報ベスト・テン日本映画新人女優賞および第22回高崎映画祭最優秀新人女優賞を受賞。また、『ガラスの牙』でテレビドラマ初出演・初主演を果たした。

2007年(平成19年)7月3日に鳥取県より「とっとりふるさと大使」を委嘱された[2]

2008年(平成20年)10月、ドラマ8七瀬ふたたび』で連続ドラマ初出演で初主演を果たした。

2009年(平成21年)2月、堀越高等学校卒業。同級生には俳優の三浦春馬鮎川太陽、女優の福田沙紀、アイドルグループHey!Say!JUMP八乙女光等がいた。同年4月、白百合女子大学入学。

2010年(平成22年)10月、『Q10』で民放の連続ドラマに初出演。

2012年(平成24年)10月、当時の所属事務所・ウエストサイドの吸収合併に伴い、親会社であるソニー・ミュージックアーティスツへ移籍。

2013年(平成25年)3月、白百合女子大学文学部児童文化学科児童文学・文化専攻を卒業[3]

2015年(平成27年)7月、『37.5℃の涙』で民放の連続ドラマに初主演[4]

2016年(平成28年)10月、『べっぴんさん』で、NHK連続テレビ小説初出演。

人物・エピソード

  • 大林宣彦監督から「20年に1人の逸材ですよ」と言われている[5]
  • 趣味はギター、絵本を描くこと。特技はピアノ[1]
  • 大学では児童文学・文化を専攻。卒業論文の代わりに絵本制作に取り組み、携帯電話やメールの普及の陰で存在感が薄れていく郵便ポストを主観的に描いた作品「ポスト」を8ヶ月を費やして制作した。将来絵本作家としてデビューすることが夢である[3]。主演を務めたテレビドラマ『37.5℃の涙』では、蓮佛が表紙を描いた絵本『みなみのしまのゆきだるまん』が小道具として使われた[6]

受賞歴

出演作品

太字は主演

映画

テレビドラマ

WEBドラマ

ラジオドラマ

舞台

CM

広告

PV

連載

  • 月刊シネコンウォーカー(2006年、角川メディアハウス) - 連載コラム「日々、精進です!」[23]
  • 朝日新聞 鳥取版(2011年 - ) - 連載「週刊蓮佛」

テレビ番組

その他

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 新聞などでは「蓮仏美沙子」と記載される事が多い。
  2. ^ 一人二役。
  3. ^ 岐阜発ドラマ。NHK名古屋・NHK岐阜制作。
  4. ^ a b FMシアター作品。
  5. ^ 21st Seasonに出演。朗読劇。
  6. ^ TV-SPOT。
  7. ^ 鳥取県人としてミュージック・ビデオに出演。
  8. ^ インタラクティブMV。アルバム「SUPER VIEW」収録曲。
  9. ^ 出演予定だった回が二度続けて『国会中継』で、放送休止となり、“三度目の正直”で出演が実現した。その番組で、蓮佛が3歳だった1994年NHK鳥取放送局で収録されていた『おかあさんといっしょ』の1コーナー、『ハイ・ポーズ』に出演した映像が紹介された。[26]

出典

  1. ^ a b c ウエストサイド プロフィール
  2. ^ とっとりふるさと大使(鳥取県)
  3. ^ a b “蓮佛美沙子、白百合女子大卒業! 夢は絵本作家デビュー”. スポニチ. (2013年3月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/03/16/kiji/K20130316005403930.html 2014年10月9日閲覧。 
  4. ^ “蓮佛美沙子、35センチ髪バッサリ 病児保育士役で民放連ドラ初主演”. ORICON STYLE (オリコン). (2015年6月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2054063/full/ 2015年10月1日閲覧。 
  5. ^ 2006年11月15日日刊スポーツにて
  6. ^ “蓮佛美沙子 主演ドラマで夢叶えた 描いた絵本が小道具に”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2015年7月30日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/07/30/kiji/K20150730010838100.html 2015年10月1日閲覧。 
  7. ^ livedoor NEWS (2013年9月9日). “北村一輝主演・癒しの時代劇「猫侍」来春公開 ドラマ版は10月から”. 2013年11月6日閲覧。
  8. ^ 映画.com (2013年10月30日). “蓮佛美沙子「白ゆき姫殺人事件」で井上真央扮する“疑惑の主人公”の後輩役”. 2013年11月6日閲覧。
  9. ^ “「鋼の錬金術師」実写映画化!山田涼介らキャスト解禁、6月よりイタリアで撮影”. 映画ナタリー. (2016年5月24日). http://natalie.mu/eiga/news/188097 2016年5月24日閲覧。 
  10. ^ サンケイスポーツ (2014年5月15日). “広末涼子ドラマに蓮佛美沙子、田中要次ら個性派俳優ズラリ!”. 2014年5月21日閲覧。
  11. ^ webザテレビジョン (2014年11月6日). “SMAP・中居正広主演「新ナニワ金融道」が'15年放送! 灰原が10年ぶりに帰ってくる!!”. 2014年11月15日閲覧。
  12. ^ 蓮佛美沙子、35センチ髪バッサリ 病児保育士役で民放連ドラ初主演”. ORICON (2015年6月10日). 2015年6月10日閲覧。
  13. ^ “瑛太主演「家族」がテーマのドラマ今秋放送”. ウォーカープラス. (2015年4月14日). http://news.walkerplus.com/article/57652/ 2015年4月17日閲覧。 
  14. ^ “ドラマ「2030かなたの家族」”. NHK. http://www.nhk.or.jp/dsp/2030/index.html 2015年9月18日閲覧。 
  15. ^ 玉山鉄二、現代の平成会社員に!連続ドラマW「誤断」”. シネマカフェ (2015年9月22日). 2015年10月6日閲覧。
  16. ^ 彼氏は遠藤憲一!父は渡部篤郎!蓮佛美沙子“28歳差ヒロイン””. サンケイスポーツ (2015年12月13日). 2015年12月13日閲覧。
  17. ^ 蓮佛美沙子、年上好き明かす 遠藤憲一の28歳差彼女役に「幸せ」”. ORICON (2015年12月13日). 2015年12月17日閲覧。
  18. ^ “沢尻エリカ版「大奥」将軍役に成宮寛貴 1週間で7キロ減量”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2015年12月15日). http://www.cinematoday.jp/page/N0078898 2015年12月17日閲覧。 
  19. ^ “蓮佛美沙子“プライスレス”の涙 いきものがかりCMで話題”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年12月20日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/12/20/kiji/K20121220004814640.html 2015年12月17日閲覧。 
  20. ^ “ライフネット生命保険 新商品のTVCMを放映開始” (プレスリリース), ライフネット生命保険株式会社, (2014年5月2日), http://www.lifenet-seimei.co.jp/newsrelease/2014/5430.html 2015年12月16日閲覧。 
  21. ^ “10月31日(金)より公開!「ネスカフェ」のコンセプトシネマ『踊る大宣伝会議、 或いは私は如何にして 踊るのを止めてゲームの ルールを変えるに至ったか。』” (PDF) (プレスリリース), ネスレ日本株式会社, (2014年10月31日), http://www.nestle.co.jp/media/pressreleases/allpressreleases/documents/20141031_nescafe.pdf 2015年12月16日閲覧。 
  22. ^ “鈴木亮平 蓮佛美沙子が「キュンとした」ハグの方法とは?”. スポニチアネックス. (2016年11月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/16/kiji/K20161116013734920.html 2016年11月16日閲覧。 
  23. ^ a b c ウエストサイド 旧プロフィール
  24. ^ ナタリー (2013年2月13日). “キリンジ「いつも可愛い」フィルムで蓮佛美沙子とデート”. 2013年3月21日閲覧。
  25. ^ ゲストプロフィール 蓮佛美沙子”. スタジオパークからこんにちは. NHK. 2015年12月17日閲覧。
  26. ^ スポーツニッポン (2014年12月16日). “蓮佛美沙子“三度目の正直”に「緊張」高畑淳子「やっと会えた」”. 2015年1月2日閲覧。

外部リンク