仁田和伸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
仁田 和伸
本名 仁田 和伸
生年月日 (1979-12-26) 1979年12月26日(38歳)
出身地 大阪府
身長 172cm
言語 日本語
最終学歴 今宮高等学校卒
コンビ名 プラッチック
相方 渡部一丁
立ち位置
事務所 ソニー・ミュージックアーティスツ

仁田 和伸(にった かずのぶ、1979年12月26日[1] - )は日本のお笑い芸人であり、お笑いコンビ『プラッチック』のツッコミ担当。相方は渡部一丁

経歴・人物[編集]

  • 高校卒業後は約6カ月間オーストラリアに留学[2]。帰国後に大阪で高校の同級生と一緒にお笑い養成所に入る。その同級生とのコンビで約6年間活動[2]。大阪時代は松竹芸能に所属していた[3]
  • その後2006年頃に松竹芸能時代から一緒に活動していた高校の同級生の相方と一緒にして上京する[3]。しかし上京してすぐに解散[2]
  • 2006年6月11日に「奥谷まっちゃ」とお笑いコンビ『チキポン』を結成して活動し始める。しかし2007年12月31日で解散[4]
  • 2011年11月に渡部一丁とお笑いコンビ「プラッチック」を結成。
  • コンビで活動する時は本名だが、ピンで活動する時は「ニッタロビンソン」の芸名で活動している。
  • 以前は「ウエンズデー仁田」と言う芸名で活動していた[5]
  • 趣味はパチスロパチンコ、パチスロ関連の仕事も多い。(PmartTVの公式HP、Ustreamニコニコ動画YouTubeで動画が公開されている)[6]

出演番組[編集]

テレビ[編集]

インターネット[編集]

PmartTV[編集]

  • P's RANKIN(2011年11月07日、2012年2月6日)
  • プラッチックのゲチェナッチョ(2012年3月 - 2012年9月)
  • 一撃王 ニッタロビンソン(前編/2012年5月14日、後編/2012年5月28日)
  • 豪腕番付 2012福島場所(2012年6月6日、6月8日)
  • 駅彩闘(2012年6月15日、2012年7月28日、8月24日、9月28日、10月19日、2013年1月25日、2月15日、4月12日、5月17日)
  • コージー冨田のものパチJPN!!(2012年7月27日)
  • ニッタロビンソン実戦取材(2012年8月24日、9月3日) 
  • ヒノマル 名物店員を探せ!! ニッタロビンソン編(2012年9月24日)
  • MONSTER BOX ニッタロビンソン(2012年10月19日)
  • ニッタロビンソンのDashman(2012年10月31日、2013年1月11日 - 2014年12月15日、2015年6月15日、9月25日)※2013年以降は基本的に毎月1回配信
  • 【パチンコプレイス】「LET'sパチデート」(2012年12月7日、2013年2月25日、5月22日)
  • ニッタロビンソンのスロットスタイル(2012年12月24日、2013年3月13日、9月27日、2014年10月16日、12月6日/2つ、2015年2月4日、9月15日、2016年4月16日)
  • 『ジュラクでGO!GO!』(2013年05月29日/2つ、7月12日/2つ、9月13日/2つ、10月15日/2つ)
  • CR牙狼FINAL」「ぱちんこクロユリ団地」で対決!!『チームものパチVSチーム閉店パチンコ王決定戦!!』ものパチJPN!!(2013年7月5日)
  • Yahoo!ロコパチンコ】ザ60ミニッツ(2013年7月5日、7月8日、8月23日/2つ)
  • テレビで放送できなかったあのシーンを公開!ものパチJPN!!(2013年7月12日)
  • IGO ニッタロビンソン(前編/2013年7月15日、後編/2013年7月29日)
  • GOGO!BATTLE!(2013年7月24日、9月3日、9月18日、12月18日、2014年1月15日、2月19日)
  • 決めろビクトリーモンキー(2013年9月19日、2014年7月4日)
  • 【Mr.456がまた行く】in BOAT RACE福岡(2013年10月15日、10月26日)
  • スロレス~回胴野郎の挑戦~(2013年11月22日)
  • 第一回オリジナル番組 出演者オーディション(2013年11月26日/2つ)
  • ものパチJPN!!WEB2014年1月(2013年12月27日/3つ、2014年1月10日/3つ)
  • 秘密の交換日記 ニッタロビンソン編(2014年4月1日)
  • 菜乃花勝負(2014年5月2日 - 5月30日、12月26日、2015年1月9日、5月7日 - 5月22日、2016年1月1日、1月8日、2017年1月13日、1月27日)※毎週1回更新
  • USAスロットクラブ(2014年7月22日、10月20日)
  • ボートレースツアー in 平和島(2014年8月12日)
  • THE戦(2014年9月23日)
  • 新台パチスロ「Dororonえん魔くん メ〜ラめら」を打ってみた。(2014年10月17日)
  • A1GP10thシーズン(2016年2月18日)
  • A1GP16thシーズン(2016年9月21日)
  • つばめがサンキューというので打ちに来た(2017年3月29日)
  • A1GP27thシーズン(2017年8月12日)

ニコニコ生放送[編集]

過去のレギュラー
  • みんなのジャグラー生放送(2013年2月16日 - 2014年3月22日)※コンビで出演。毎月第四土曜日放送。PmartTVの番組
  • 火曜プラッチック劇場(2013年5月7日 - 2014年2月25日) ※毎週火曜日に放送
単発

その他のネット番組[編集]

  • Dashman 目方でドン!(Ustream、2011年10月11日)※PmartTVの番組
  • 伊藤真一のアブナイ話(Ustream、2012年1月27日)※PmartTVの番組
  • ニッタロビンソンのゲチェナッチョ(Ustream、2012年2月14日)※PmartTVの番組
  • RENちゃんZONE(Ustream、2012年3月27日)※PmartTVの番組
  • ニッタロビンソンのアブナイ話(Ustream、2012年7月24日)※PmartTVの番組
  • ハリウッドザコシショウと糞みてえなトークライブ♯38(YouTube、2014年1月12日)※何故かプラスチック仁田という表記になってる

ライブ[編集]

  • SMAトライアウトライブ

単独ライブ[編集]

  • プラッチック単独ライブ「スージャオチュン」(新宿バイタス、2012年9月25日)

雑誌[編集]

  • パチスロ実戦術DVD(2013年3月号~ガイドワークス)
  • パチスロ実戦術DVDメガBB(vol.6~ガイドワークス)
  • パチスロ実戦術DVDRUSH(vol.1~ガイドワークス)
  • パチスロ実戦術DVDプレミアムBOX(vol.2~ガイドワークス)
  • パチスロ実戦術メガMIX(vol.1ガイドワークス)
  • ユニバーサル完全攻略(vol.2ガイドワークス)

脚注[編集]

  1. ^ プラッチック プロフィール”. 2013年10月24日閲覧。
  2. ^ a b c 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(86)】ピンとコンビの活動を両立する、プラッチック(1/2)”. サンケイスポーツ (2016年8月3日). 2016年8月3日閲覧。
  3. ^ a b 軽く自己紹介です。”. 2013年10月24日閲覧。
  4. ^ ありがとうございましたm(__)m”. Team Nitta (2007年12月31日). 2016年8月3日閲覧。
  5. ^ 突然ですが”. 2013年10月24日閲覧。
  6. ^ 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(86)】ピンとコンビの活動を両立する、プラッチック(2/2)”. サンケイスポーツ (2016年8月3日). 2016年8月3日閲覧。

外部リンク[編集]