CR牙狼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

CR牙狼(シーアールがろ)は、サンセイアールアンドディ2008年11月に発売したデジパチ・羽根モノ混合タイプパチンコ機である。特撮テレビドラマ「牙狼〈GARO〉」のタイアップ機である。

なお本稿では、一連の「牙狼〈GARO〉」タイアップ機についても記述する。

概要[編集]

本機は、デジパチ羽根モノの機能を併せ持つパチンコ機(いわゆる役物連チャン機)である。このジャンルに属する機種としては過去にも「CRアラジンデスティニー」(サミー)など複数の機種があったが、それらの機種が「限られた時間(デジタル5〜10回転)内にVゾーンに遊技球を入れる」ことにより連チャンを実現させていたのに対し、本機では羽根が作動する時間が長く(デジタル99回転)役物の構造も単純であるため、特段の技術介入をせずとも容易にVゾーンに遊技球を入れることが可能である。

ゲーム性としては、デジタルで大当たりを引いた場合に50%の割合で「魔戒チャンス」と呼ばれる時短に突入する。「魔戒チャンス」中は右打ちを行うことで羽根に遊技球を拾わせ、遊技球がVゾーンに入賞すると大当たりとなる。一度「魔戒チャンス」に突入すると大当たり時に82%の割合で「魔戒チャンス」が継続するほか、羽根によるVゾーン入賞での大当たりのため、オーソドックスな1回ループの確率変動を搭載したデジパチタイプの機種と比べても大当たりを引くまでの時間が短いことから、出玉の増加速度が非常に速いのが特徴である。

その一方で、連荘に突入する実質的な確率が約1/800(デジタルでの大当たり確率が約1/400の上、魔戒チャンス突入はその1/2となるため)と非常に低いため、大ハマリに陥ることも珍しくない。

メーカー・タイアップ作品ともにメジャーではない本機だが、この高い出玉性能が評判を呼びメーカーも数度にわたる追加販売を行うほどの大ヒットとなった。また、発売から1年以上が経過してもなお解説本が出るほど根強い人気があった。ただ一方で、今後同様の機種が出る可能性に危機感を強めた警察の動きに呼応するかのように、パチンコメーカーの業界団体・日本遊技機工業組合では2009年4月より自主規制を強化、本機のような「混合機」の場合、時短中の大当たり時の時短継続率を2/3以下とすることとなった[1]。このため、しばらくは同様のシステムを採用した機種が発売できなかったが、2012年4月に自主規制が緩和され、出玉期待値が6400発以内であれば同様のシステムを採用できるようになった[2]。なお、本機は出玉期待値が8000発を超えるため再現できない。

スペック[編集]

CR牙狼XX
  • 大当たり確率:1/397.18
  • 賞球数:3(始動口、右羽根) & 10(普通入賞口) & 14(アタッカー)
  • ラウンド:15ラウンド or 16ラウンド
  • カウント:9カウント
  • 大当たりの内訳
    • (デジタル当選時)
      • 15ラウンド大当たり(時短あり) ⇒ 50%
      • 15ラウンド大当たり(時短なし) ⇒ 50%
    • (時短中のV入賞時[3]
      • 16ラウンド大当たり(時短あり) ⇒ 82%
      • 16ラウンド大当たり(時短なし) ⇒ 18%
  • 時短(=魔戒チャンス):時短ありの大当たり終了後99回転

CR牙狼 〜陰我消滅の日〜[編集]

2010年8月より導入のシリーズ第2弾。『GARO PROJECT 2010』第1弾と題されている。

先述の通り、日本遊技機工業組合の自主規制により前作『CR牙狼』と同様のシステムを採用することが出来ないため、本機は一般的な確率変動を搭載したスペックとなっている。本機の「魔戒チャンス」も前作と同様、突入率50%・継続率82%となっているが、電チューサポート(電サポ)がない時の大当たりにおける突入率と継続率の差分(32%)は潜伏確変であるため、初当たり時に限っては「魔戒チャンス」に突入しなくても早い引き戻しに期待が持てるようになっている。また、「魔戒チャンス」は次の大当たりまで必ず継続するため、前作のように大当たりを得ることがなく「魔戒チャンス」が終了してしまうという心配がない一方、デジタル抽選の仕組み上、前作より大当たりになるまで時間がかかる場合がある。

本機で追加された演出がある一方、魔戒チャンスにおける右打ちや即大当たりなど前作のスピード感を再現している。特に「魔戒チャンス」における特別図柄の変動時間の短さは、大当たり・ハズレ問わず、確率変動を搭載した機種の中でも最速レベルを誇る[要出典]

スペック[編集]

CR牙狼 〜陰我消滅の日〜ZZ
  • 大当たり確率:(低確率)1/147.93、(高確率)1/19.86
  • 賞球数:3(始動口) & 6(アタッカー) & 10(普通入賞口)
  • ラウンド:9ラウンド
  • カウント:10カウント
  • 大当たりの確変突入率:82%
  • 大当たりの内訳
    • (電サポなし時)
    • (電サポあり(=魔戒チャンス)時)
      • 確変大当たり(電サポあり) ⇒ 82%
      • 通常大当たり ⇒ 18%
  • リミット:なし
  • 時短:なし
  • 特別図柄の保留の数:中央始動口4個+右始動口4個
  • 特別図柄の保留の優先消化:右始動口優先

CR牙狼 〜RED REQUIEM〜[編集]

2010年12月より導入された、映画『牙狼〈GARO〉 〜RED REQUIEM〜』を原案としたシリーズ第3弾。

基本的なゲームフローは『CR牙狼 〜陰我消滅の日〜』とほぼ同じだが、初当たり用と魔戒RUSH(前作までの魔戒チャンスに相当)用とでアタッカーが別々になったことと、魔戒RUSH終了後に99回転の時短(ザルバチャンス)がついた点が異なる。また、ライトミドルのZZではシリーズ初のラウンド振り分けが施され、魔戒RUSH終了後の時短は無くなっている。

演出は従来2機種と異なり、図柄からリーチ演出まで実写を多用しているほか、オールフルカラーLED搭載の専用枠「SOUL METAL」を採用したことに伴い、役物として新たに「FACE OF 牙狼」、魔導火ライター役物などを搭載した。なお、前作までのような連荘時のスピード感は見られなくなっている。

スペック[編集]

CR牙狼 〜RED REQUIEM〜SS
  • 大当たり確率:(低確率)1/358.12、(高確率)1/39.96
  • 賞球数:3(始動口) & 5(下アタッカー) & 10(普通入賞口)& 11(右アタッカー
  • ラウンド:15ラウンド
  • カウント:7カウント
  • 大当たりの確変突入率:82%
  • 大当たりの内訳
    • (電サポなし時)
    • (電サポあり(=魔戒RUSH)時)
      • 確変大当たり(電サポあり) ⇒ 82%
      • 通常大当たり ⇒ 18%
  • リミット:なし
  • 時短:魔戒RUSH終了後99回転
  • 特別図柄の保留の数:中央始動口4個+右始動口4個
  • 特別図柄の保留の優先消化:右始動口優先


CR牙狼 〜RED REQUIEM〜ZZ
  • 大当たり確率:(低確率)1/199.8、(高確率)1/19.98
  • 賞球数:3(始動口) & 7(下アタッカー) & 8(右アタッカー) & 10(普通入賞口)
  • ラウンド:8 or 16ラウンド
  • カウント:10カウント
  • 大当たりの確変突入率:82%
  • 大当たりの内訳
    • (電サポなし時)
      • 16ラウンド確変大当たり(電サポあり) ⇒ 12%
      • 8ラウンド確変大当たり(電サポあり) ⇒ 38%
      • 8ラウンド確変大当たり(電サポなし) ⇒ 32%
      • 8ラウンド通常大当たり ⇒ 18%
    • (電サポあり(=魔戒RUSH)時)
      • 16ラウンド確変大当たり(電サポあり) ⇒ 12%
      • 8ラウンド確変大当たり(電サポあり) ⇒ 70%
      • 8ラウンド通常大当たり(電サポなし) ⇒ 18%
  • リミット:なし
  • 時短:なし
  • 特別図柄の保留の数:中央始動口4個+右始動口4個
  • 特別図柄の保留の優先消化:右始動口優先

CR暗黒騎士呀鎧伝[編集]

CR暗黒騎士呀鎧伝(シーアールあんこくきしきばがいでん)は2011年10月より稼動。それまでの3機種とは違い、映画『呀-KIBA- 〜暗黒騎士鎧伝〜』をベースに、敵役の呀(キバ)が主役となるスピンオフ機である。

内部システムは「CR牙狼 〜RED REQUIEM〜」とほぼ同じだが、連チャンシステムの名称が「魔皇ゾーン」になったり、大当たりの最大獲得玉数が約2000玉に増えるなどの変更点がある。

スペック[編集]

CR暗黒騎士呀鎧伝FF
  • 大当たり確率:(低確率)1/378.8、(高確率)1/45.8
  • 賞球数:3(始動口) & 10(普通入賞口)& 14(下アタッカー) & 15(右アタッカー
  • ラウンド:2 or 8 or 14 or 16ラウンド
  • カウント:9カウント(下アタッカー) or 10カウント(右アタッカー)
  • 大当たりの確変突入率:77%
  • 大当たりの内訳
    • (電サポなし時)
      • 14ラウンド確変大当たり(電サポあり) ⇒ 40%
      • 8ラウンド確変大当たり(電サポあり) ⇒ 10%(確変潜伏中は32%)
      • 8ラウンド確変大当たり(電サポなし) ⇒ 27%(確変潜伏中は5%)
      • 8ラウンド通常大当たり ⇒ 23%
    • (電サポあり時)
      • 16ラウンド確変大当たり ⇒ 51%
      • 8ラウンド確変大当たり ⇒ 21%
      • 2ラウンド確変大当たり ⇒ 5%
      • 2ラウンド通常大当たり ⇒ 23%
  • リミット:なし
  • 時短:魔皇ゾーン終了後20回転
  • 特別図柄の保留の数:中央始動口4個+右始動口4個
  • 特別図柄の保留の優先消化:右始動口優先

CR牙狼魔戒閃騎鋼[編集]

CR牙狼魔戒閃騎鋼(シーアールがろまかいせんきはがね)は、2012年4月より稼働のシリーズ第4弾。

本機には2つのアタッカーがあり、そのうち一方のアタッカー内にあるVゾーンを球が通過することにより確率変動が確定するシステムになっている。そして、通常時の初当たり時の抽選でVゾーンのあるアタッカーを開くかどうか判定することで確変突入を決めている。確変・時短中は右打ちとなる「真魔戒ラッシュ」に突入し、ラッシュ中の大当たりは全て確変突入となる。

ただし、本機の確率変動は回数切り(ST機)であり、従来のシリーズと違う点がいくつかある。従来機ではホラーとのバトルは大当たり中に行われていたが、本機ではリーチ演出として登場する。そして、ホラーを倒せないまま確変・時短の回数を過ぎるとラッシュ終了となってしまうため、ラッシュに突入したにもかかわらずラッシュ中の大当たりなしで終了する可能性も、約23%ある。

スペック[編集]

CR牙狼魔戒閃騎鋼XX
  • 大当たり確率:(低確率)1/399.6、(高確率)1/99.14
  • 賞球数:3(始動口) & 8(普通入賞口)& 15(右アタッカー)
  • ラウンド:16ラウンド(実質13ラウンドの大当たりあり)
  • カウント:9カウント
  • 大当たりの確変突入率:ヘソ当選時 51%、電チュー当選時 100%(いずれも145回転限定)
  • 大当たりの内訳
    • (ヘソ当選時)
      • 16ラウンド確変大当たり ⇒ 51%
      • 16ラウンド(実質13ラウンド)通常大当たり ⇒ 49%
    • (電チュー当選時)
      • 16ラウンド確変大当たり ⇒ 100%
  • リミット:なし
  • 時短:通常大当たり終了後100回転
  • 特別図柄の保留の数:中央始動口4個+右始動口4個
  • 特別図柄の保留の優先消化:右始動口優先

CR魔戒決戦牙王[編集]

CR魔戒決戦牙王(まかいけっせんがおう)は、2013年1月より稼働のシリーズ第5弾。初代CR牙狼を受け継ぐ第1種+第2種混合タイプ。ストーリーはオリジナルで、シリーズに登場した牙狼以外の魔戒騎士八騎が集結し魔戒決戦トーナメントで頂点を目差す。テーマ曲は影山ヒロノブの「魔戒群狼伝牙王」。

スペック[編集]

CR魔戒決戦牙王RR
  • 大当たり確率:1/240.05
  • 賞球数:3(始動口) & 10(右羽根) & 11(普通入賞口) & 14(アタッカー)
  • ラウンド:3ラウンド or 5ラウンド or 6ラウンド or 9ラウンド or 11ラウンド or 14ラウンド
  • カウント:8カウント
  • 大当たりの内訳
    • (デジタル当選時)
      • 5ラウンド大当たり (時短あり) ⇒ 50%
      • 14ラウンド大当たり(時短なし) ⇒ 50%
    • (時短中のV入賞時[4]
      • 14ラウンド大当たり(時短あり) ⇒ 13.9%
      • 11ラウンド大当たり(時短あり) ⇒ 23.2%
      • 9ラウンド大当たり (時短あり) ⇒ 3.3%
      • 6ラウンド大当たり (時短あり) ⇒ 11.9%
      • 3ラウンド大当たり (時短あり) ⇒ 29.8%
      • 14ラウンド大当たり(時短なし) ⇒ 17.9%
  • 時短(=魔開チャンス):時短ありの大当たり終了後99回転

CR牙狼FINAL[編集]

CR牙狼FINALは、2013年5月より稼動の冴島鋼牙シリーズ最終作。新筐体『V-SAVIOR(ブイセイバー)』を使用し、歴代最多の演出、シリーズ集大成のスペックとなっている。ゲームフローはCR牙狼魔戒閃騎鋼を踏襲しており、同年2月に公開された劇場版「牙狼-GARO- 〜蒼哭ノ魔竜〜のキャラクター、世界観の追加がなされている。

スペック[編集]

CR牙狼FINAL XX
  • 大当たり確率:(低確率)1/399.6、(高確率)1/109.04
  • 賞球数:3(始動口) & 10(普通入賞口)& 15(右アタッカー)
  • ラウンド:16ラウンド(実質13ラウンド、15ラウンドの大当たりあり)
  • カウント:9カウント
  • 大当たりの確変突入率:ヘソ当選時 51%、電チュー当選時 100%(いずれもST160回転限定)
  • 大当たりの内訳
    • (ヘソ当選時)
      • 16ラウンド確変大当たり ⇒ 48.5%
      • 16ラウンド(実質15ラウンド)確変大当たり ⇒ 2.5%
      • 16ラウンド(実質13ラウンド)通常大当たり ⇒ 49%
    • (電チュー当選時)
      • 16ラウンド確変大当たり ⇒ 100%
  • リミット:なし
  • 時短:通常大当たり終了後100回転
  • 特別図柄の保留の数:中央始動口4個+右始動口4個
  • 特別図柄の保留の優先消化:右始動口優先


CR牙狼FINAL ZZI・Y (ライトミドル)
  • 大当たり確率:(低確率)1/199.80、(高確率)1/83.48
  • 賞球数:3(始動口) & 10(普通入賞口)& 13(右アタッカー)
  • ラウンド:16ラウンド確変(15ラウンド確変、13ラウンド通常の大当たりあり)
  • カウント:7カウント
  • 大当たりの確変突入率:ヘソ当選時 51%、電チュー当選時 100%(いずれもST101回転限定)
  • 大当たりの内訳
    • (ヘソ当選時)
      • 16ラウンド確変大当たり ⇒ 48.5%
      • 16ラウンド(実質15ラウンド)確変大当たり ⇒ 2.5%
      • 13ラウンド通常大当たり ⇒ 49%
    • (電チュー当選時)
      • 16ラウンド確変大当たり ⇒ 100%
  • リミット:なし
  • 時短:通常大当たり終了後50回転
  • 特別図柄の保留の数:中央始動口4個+右始動口4個
  • 特別図柄の保留の優先消化:右始動口優先

CR牙狼外伝 -桃幻の笛-[編集]

CR牙狼外伝 -桃幻の笛-は、2014年2月より稼動。秒数管理型大当たりシステム、TS-MAX(タイムストックマックス)を搭載。

CR牙狼 金色になれ[編集]

CR牙狼 金色になれは、2014年7月より稼動。『牙狼〈GARO〉 〜闇を照らす者〜』をベースにしている。

スペック[編集]

CR牙狼金色になれ XX
  • 大当たり確率:(低確率)1/399.6、(高確率)1/109.6
  • 小当たり確率:1/1092.6(電チュー入賞時のみ)
  • 賞球数:3(始動口) & 10(普通入賞口)& 15(右アタッカー)
  • ラウンド:16ラウンド(実質13ラウンド、15ラウンドの大当たりあり)
  • カウント:9カウント
  • 大当たりの確変突入率:ヘソ当選時 51%、電チュー当選時 100%(いずれもST161回転限定)
  • 大当たりの内訳
    • (ヘソ当選時)
      • 16ラウンド確変大当たり ⇒ 41.0%
      • 16ラウンド(実質15ラウンド)確変大当たり ⇒ 10.0%
      • 16ラウンド(実質13ラウンド)通常大当たり ⇒ 49%
    • (電チュー当選時)
      • 16ラウンド確変大当たり ⇒ 100%
  • リミット:なし
  • 時短:通常大当たり終了後100回転
  • 特別図柄の保留の数:中央始動口4個+右始動口4個
  • 特別図柄の保留の優先消化:右始動口優先

新専用筐体・金狼-KINROH-[編集]

CR牙狼〜RED REQUIEM〜から採用された「SOUL METAL」以来の専用筐体となる。

Perfect Face of GARO
本機最大の目玉演出であり、画面上部から筐体外に牙狼フェイスが飛び出すという前例のない役物演出である。主にリーチ発展時などに可動すれば大チャンスとなり、大当たり時した時の演出としても出現する。この役物の格納スペース故、筐体上部が大きく手前にせり出している。構造上、ほとんどのデータカウンターが見えなくなるため、筐体上部左側に召喚解除ボタンが設置されており、これを押すことで役物を格納することができる。
ゴールドビッグエンブレム
画面を覆う程の巨大なエンブレム役物。可動時以外は画面上部に収納されている。初代のエンブレムシャッター、2代目以降のFace of GAROに相当する役割を持っている。
牙狼剣ギミック
筐体右側から飛び出している牙狼剣をかたどったギミック。牙狼FINALの「震撃アタック」に相当する役割を持っており、剣を握って押し込む操作が可能になっている。
エンブレムPUSH
牙狼の三角形のエンブレムをかたどったチャンスボタン。外側の透明なカプセルとエンブレムの二重構造になっており、中身のエンブレムが激しく振動する様子が目に見えるようになっている。
パララックスバリア式3D液晶
CR牙狼魔戒閃騎鋼で採用されたグラスレス3D液晶が復活。牙狼SPリーチ中の撃破せよ!や、群予告に加えて、鎧召喚時のチャンスボタン表示や魔天使演出、前作のVision of GAROに相当するガロフラッシュ予告など、3Dを使用する演出が多彩になった。魔戒閃騎鋼よりも液晶の解像度が格段に上がっており、個人差はあるがより自然な3D演出を見ることができるようになった。

CR 絶狼 -ZERO-[編集]

CR 絶狼 -ZERO-は、2015年4月より導入。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日工組 内規また改定へ - ネタは手補給・手回収 2009年2月17日。但し、閲覧するには有料会員になる必要がある。
  2. ^ その第1弾が京楽産業の「CRぱちんこAKB48」である。
  3. ^ ラウンド数は始動口入賞時の羽根開放も1ラウンドとして数える。
  4. ^ 複雑さ回避のため、ラウンド数は始動口入賞時の羽根開放を1ラウンドとして数えない表記とする。

外部リンク[編集]