18KIN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
18KIN
メンバー 大滝裕一
今泉 稔
結成年 1997年
事務所 ワタナベエンターテインメント
活動時期 1997年 - 2008年
2011年7月5日
出会い 幼稚園時代
現在の活動状況 活動休止中(大滝は構成作家、今泉はピンで活動)
芸種 漫才コント
過去の代表番組 エンタの神様
爆笑オンエアバトル
など
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

18KIN(じゅうはちきん)は、ワタナベエンターテインメント所属のお笑いコンビ1997年結成。

コンビ名には、18歳未満禁止という意味を表す18禁と、自分たちが将来18金のように輝いて売れていきたいという二つの意味が含まれている。2008年7月より活動を休止している。

メンバー[編集]

大滝 裕一(おおたき ゆういち、 (1973-10-19) 1973年10月19日(44歳) - ) 

東京都青梅市出身。
ボケ担当。
血液型A型。
利き酒を得意とする。
活動休止後はハロープロジェクトの舞台構成作家として活動。また安井順平と共にコントライブの開催等も行い、「タキヤス」という漫才コンビを安井と組み、2008年のM-1に参戦した事もある。

今泉 稔(いまいずみ みのる、 (1973-10-15) 1973年10月15日(44歳) - )

東京都府中市出身(本人ブログにて「渋谷ではない」との指摘アリ) 
ツッコミ担当。
血液型AB型。
三味線を得意とする。名取であり、「工藤詩摩菊」という別名を持つ。
活動休止後はピン芸人「18KIN今泉」となり、現在は本名で活動中。ピン芸人としての主な芸には、「酒の力を借りて、一度言ってみたかったカッコいいセリフ」がテーマのネタがあり、落ちは主に自虐ネタで、「言ってみてぇ〜!」が決め台詞である。

出演したTV番組[編集]

舞台[編集]

今泉
  • TAKA-BAN produce.1「〜if〜(ある不思議な運命の物語)」(2011年11月2日-6日、千本桜ホール

エピソード[編集]

  • 主に時事ネタを得意とする。ネタはかなりブラックなものが多い。大滝の毒舌さあふれるボケと今泉の甲高い声のツッコミ(安田大サーカスクロちゃんより高い)が特徴でたいていの場合、今泉の「もうやめて!」または「もういいよ!」の言葉で漫才が終わる。
  • 今泉と大滝は幼稚園からのつきあいであり、かなり仲がよい。
  • カンニングと共に「カンニングと18KINの大人の『』」というイベントを行っている(ロフトプラスワンで不定期開催)。
  • 四番 なかやまTBSラジオ)では笑い屋としてスタジオ内に常駐。事務所の先輩である、パーソナリティの中山秀征にたまにネタにされている。
  • 2002年にあと数年でドラえもんの声優が交代するとネタで話したところ、2005年に本当に声優が交代した。また、テツandトモのなんでだろうに答えを出すCDを作るとネタで話したところ嘉門達夫が「ジ・アンサーソング〜テツ&トモに捧ぐ〜」をリリースした。
  • 2011年7月5日「若手ベテラン会」にて一夜限りの復活。18KINとして漫才をしたのは約3年振り。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ (審査員200人制以降で)総合でも歴代ワースト4位の記録である。

外部リンク[編集]