ケント・モリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ケント モリ
Kento Mori
生年月日 (1985-03-03) 1985年3月3日(33歳)
出生地 日本の旗 日本愛知県
職業 ダンサー振付師
活動期間 2006年 -
事務所 ソニー・ミュージックアーティスツ
公式サイト http://kentomori-dance.com

ケント・モリKento Mori1985年3月3日[1] - )は、日本ダンサーアーティスト振付師愛知県出身[1]

略歴[編集]

英会話教室の講師をしていた母親の影響で[2]幼い頃からマイケル・ジャクソンが大好きになり、マイケル・ジャクソンが亡くなる以前のインタビューでも、「夢は?」という問いに「マイケル・ジャクソンと仕事をすること」と答えていた[3][4]

東京理科大学進学後、ロサンゼルスでダンスを学ぶツアーに参加してから世界への思いが強くなり[2]2006年[1]、「背水の陣で臨みたい」と大学を中退して21歳の時に単身渡米[2]マドンナクリス・ブラウンチャカ・カーンらトップアーティストの専属ダンサーをつとめるなどアメリカを拠点に活動[1]。2008年、アーティストビザを取得し、マドンナのワールドツアー「Sticky & Sweet」の専属ダンサーに抜擢され、世界中でパフォーマンスを行う[1]

2009年、マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」のオーディションに日本人ダンサーとして唯一合格するも[5]、マドンナの専属ダンサー契約期間中であったため自ら辞退する[6]。しかしマイケルの急逝後、マドンナのロンドンO2アリーナ公演でマドンナ本人の指名によって追悼パフォーマンスを披露したことで注目を浴びた[5]

2010年、ダンサーとしてアメリカに永住権を取得[6]。2010年から2013年まではクリス・ブラウンの専属ダンサー、2014年はマイケル・ジャクソンの未発表曲収録アルバム『Xscape(エクスケープ)』のアワードショーやミュージックビデオの専属ダンサー、2014年から2015年アッシャーのワールドツアー「The UR Experience Tour 2014-2015」に専属ダンサーとして参加[1][5]。同時に日本へも活動の場を広げ、SMAP加藤ミリヤらアーティストや宝塚歌劇団への振付、千原ジュニアのお笑いライブ演出・共演、宝くじやTOYOTAのCM振付・演出など様々なジャンルを手掛ける[1]

2015年には、自身初となる映像作品集DVD『1(いち)』がSONY MUSIC INTERNATIONAL JAPANより発売された[5]

2016年奄美大島観光大使に任命される[7]

出演[編集]

ツアー[編集]

  • マドンナ「Sticky & Sweet World Tour」(2008年 - 2009年)[1]
  • 「TRIBUTE TO MICHAEL JACKSON, KING OF POP THE SHOW」(2009年)
  • チャカ・カーン「World Tour」(2010年)
  • クリス・ブラウン
    • 「F.A.M.E World Tour」(2010年 - 2011年)
    • 「CARPE DIEM World Tour」2012年 - 2013年)
  • アッシャー「The UR Experience World Tour」(2014年 - 2015年)[1][5]

ステージ(演出・振り付け)[編集]

  • 東京ガールズコレクション 秋・冬(2010年)
  • VOGUE FASHION'S NIGHT OUT
  • MICHAEL JACKSON TRIBUTE LIVE(2011年12月13日 - 14日)[8]
  • KENTO MORI 1st DANCE LIVE(2012年3月24日・25日、恵比寿・ザ・ガーデン・ホール)
  • BEAT CONNECTION 2013(2013年01月27日、横浜アリーナ)
  • 東京フィルハーモニーオーケストラコンサート(2013年3月2日、東京芸術劇場)[9]
  • 伊勢神宮 奉納の舞(2013年8月1日)
  • 松井珠理奈SKE48)「プラスチックの唇」LIVEパフォーマンス(2013年8月24日、東京ドーム)
  • AKB48 2013 真夏のドームツアー / 篠田麻里子卒業公演「プラスチックの唇」スペシャルステージ出演(2013年7月20・21日)
  • 宝塚歌劇団100周年記念作品 花組 蘭寿とむ主演「TAKARAZUKA ∞ 夢眩」(2014年2月7日 - 3月17日)
  • 千原ジュニア40歳LIVE「千原ジュニア×□」(2014年3月30日、両国国技館)
  • ミュージカル「ifi(イフアイ)」(2014年9月5日 - 9月21日、青山劇場 / 9月26日 - 9月28日、梅田芸術劇場) - 振り付け・演出[9]
  • 山口県宇部市渡辺翁記念会館開館80周年記念事業 「KENTOMORIチャリティーライブ」(2017年7月2日、宇部市渡辺翁記念会館)

ミュージック・ビデオ[編集]

振付
出演
  • タイラ・ビー「Givin' Me a Rush」(2007年)
  • ビクター・デュプレ「Make a Baby」(2008年)
  • マドンナ「Celebration」(2009年)
  • クリス・ブラウン
    • 「I can Transform ya」(2009年)
    • 「Yeah 3X」(2010年)
    • 「Look At Me Now ft. Lil Wayne,Busta Rhymes」(2011年)
    • 「She Ain't You」(2011年)
    • 「Sweat Love」(2012年)
    • 「Fine China」(2013年)
  • 加藤ミリヤ「SENSATION」(2010年)
  • トニー・ブラクストン「Make my Heart」(2010年)
  • ニーヨ「BEAUTIFUL MONSTER」(2010年)
  • アリーシャ・ディクソン「Drummer Boy」(2010年)
  • キャシディ「Drumma Bass」(2010年)
  • デヴィッド・ゲッタ「I Can Only Imagine feat. Chris Brown, Lil Wayne」(2012年)
  • シアラ「Got Me Good」(2012年)
  • ケツメイシ月と太陽」(2013年) - 振付、出演[13]
  • Pop N Taco & Kento Mori「I can make you dance」(2013年)
  • ニック・キャノン「Looking for a Dream」(2014年)
  • マイケル・ジャクソン「Love Never Felt So Good」(2014年)
  • アッシャー「She Came to Give it to You ft. Nicki Minaj」(2014年)
  • ゆずタッタ」(2017年) - 振付[14]、出演
  • ザ・チェインスモーカーズ「Something Just Like This」(2017年) - ダンス指導[15]

Award出演[編集]

クリス・ブラウン
  • MTV Video Music Award 2011
  • BET Awards 2011
  • American Music Awards 2011
  • GRAMMY AWARD 2012
  • Billboard Award 2012
  • BET Awards 2012
  • Billboard Award 2013
  • BET Awards 2013
マイケル・ジャクソン
  • iHeart Radio Awards 2014
  • Billboard Award 2014[5]
アッシャー
  • iHeart Radio Awards 2014
  • BET Awards 2014

その他出演[編集]

ニーヨ
  • So You Think You Can Dance2010
  • Dancing with the Stars2010
  • America's Got Talent2012
  • NBA ALL STAR 2013
クリス・ブラウン
  • Today's Show 2011
  • Dancing with the Stars2011
  • Saturday Night Live2011
  • Good Morning America2011
  • BET 106 Park2011
  • Hot 97 Summer JamXX 2011
  • Chris Brown Australia Tour 2012 Short Documentary
  • Today's Show 2012
  • Dancing with the Stars2012
  • NBA ALL STAR 2012
  • Hot 97 Summer JamXX 2013
  • Power 106 Summer Jam 2013
コットンマウス・キングス
  • Pakelika Tribute Event
アッシャー
  • The Voice (NBC) 2014

CM・広告[編集]

  • PARCO
    • 2012冬のグランバザール(2012年) - CM、グラフィック
    • 「LOVE HUMAN」(2012年) - 新聞、グラフィック、CM
  • 宝くじ ブランド広告(2012年) - TVCM
  • JSDA(2012年) - CM、グラフィック
  • SONY「Dance Station (ダンスステーション)液晶画面付きCD/DVDプレーヤー」(2014年)
  • TOYOTA「カローラ」(2014)
  • クラシエホームプロダクツナイーブ」(2017年) - ダンス振付[16]

特別審査員[編集]

  • 「閃光ライオット2014」ダンスステージ(2014年8月31日)

映画[編集]

解説[編集]

  • MICHAEL JACKSON'S VISION(2010年)

著書[編集]

DVD[編集]

  • 1(2015年4月22日) - 初の映像作品集[5]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i PROFILE - 日本語”. KENTO MORI OFFICIAL WEBSITE. 2017年4月20日閲覧。
  2. ^ a b c ケント・モリ (2018年1月21日). 〈家族のこと話そう〉遊び心貫く父のように ダンスアーティスト ケント・モリさん. インタビュアー:小中寿美. 東京新聞.. http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201801/CK2018012102000138.html 2018年6月26日閲覧。 
  3. ^ “TDM トウキョウダンスマガジン”. (2009年3月3日). http://www.tokyo-dance-magazine.com/people/kento_sohey/index.html 
  4. ^ “日刊スポーツ「ハリウッド特急便」”. (2009年2月17日). http://www5.nikkansports.com/entertainment/chitose/entry/20090217_75280.html 
  5. ^ a b c d e f g マドンナとマイケルが奪い合ったケント・モリが、アッシャーを直撃。優れたダンサーとは?”. BARKS (2015年4月20日). 2017年4月20日閲覧。
  6. ^ a b c ケント・モリ×西寺郷太 (2010年). ケント・モリ×西寺郷太対談 マイケル一周忌によせて. インタビュアー:染野芳輝. ソニー・ミュージックエンタテインメント.. http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Special/MichaelJackson/special_talk/ 2017年4月20日閲覧。 
  7. ^ “KENTOさん観光大使に”. 奄美新聞 (奄美新聞社). (2016年8月26日). http://amamishimbun.co.jp/index.php?QBlog-20160826-1 2017年4月19日閲覧。 
  8. ^ MICHAEL JACKSON TRIBUTE LIVE〜ドキュメントSPECIAL〜”. MUSIC ON! TV (2011年). 2013年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月20日閲覧。
  9. ^ a b キャスト”. ifi(イフアイ)公式サイト. 梅田芸術劇場 (2014年). 2017年4月20日閲覧。
  10. ^ 山下智久 摩訶不思議な新曲PVでライオンを従えた王様に?”. エンタメOVO. 共同通信社 (2013年3月6日). 2017年4月19日閲覧。
  11. ^ SMAP、壮観1000人とダンス共演 新曲MVでケント・モリが振付”. ORICON NEWS. オリコン (2013年4月26日). 2017年4月19日閲覧。
  12. ^ イカ大王、“紅白出場”へ本気宣言 振付師にケント・モリ起用”. ORICON (2015年7月23日). 2015年7月24日閲覧。
  13. ^ ケツメイシ新曲「月と太陽」MVにケント・モリが出演&ジャケット写真も公開”. Musicman-NET (2013年4月17日). 2016年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月20日閲覧。
  14. ^ ゆず 新曲「タッタ」MV公開、ケント・モリ振付”タッタダンス”を披露”. Musicman-NET (2017年3月21日). 2017年7月4日閲覧。
  15. ^ 小松菜奈、ザ・チェインスモーカーズ日本版MV主演 川村元気、ケント・モリら集結”. ORICON NEWS. オリコン (2017年5月25日). 2018年6月26日閲覧。
  16. ^ 佐藤健、KENTO MORI振付のキレキレダンスを披露!「ナイーブ」新CMオンエア中”. TV LIVE web. 学研プラス (2017年4月3日). 2017年4月19日閲覧。

参考文献[編集]

  • 新しい「マイケル・ジャクソン」の教科書 P294~299 西寺郷太(ビジネス社)
  • 「Dream & Love」ケント・モリ(扶桑社)