西村和彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
にしむら かずひこ
西村 和彦
本名 西村 和彦
生年月日 (1966-08-21) 1966年8月21日(52歳)
出生地 日本の旗 日本京都府京都市伏見区
身長 175 cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル テレビ・映画・舞台
活動期間 1987年 -
配偶者 立原麻衣(1996年 - 2005年1月)
國重友美(2006年5月 - 2015年[1]
事務所 ソニー・ミュージックアーティスツ
公式サイト 西村和彦公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
超獣戦隊ライブマン
法医学教室の事件ファイル』シリーズ
同窓会
警視庁鑑識班』シリーズ
牡丹と薔薇
緋の十字架
CM
大正製薬リポビタンD
テンプレートを表示

西村 和彦(にしむら かずひこ、1966年8月21日[2] - )は、日本の俳優京都府出身[2]ソニー・ミュージックアーティスツ所属。身長175cm、体重60kg。血液型O型。特技はハンドボールラグビー空手水泳乗馬体操京都市立日吉ヶ丘高等学校卒業、日本大学藝術学部映画学科中退。

来歴[編集]

実家は伏見稲荷大社の境内(稲荷山山腹)にある、両親と兄が経営する四ツ辻茶屋『仁志むら亭』(高校までは山の上から通学していた)。

中学ではソフトテニス部、高校時代はハンドボール部に所属していた。後年もハンドボールでは40歳以上の選手で結成したマスターズチーム「GHBP ARES」に入ってプレーしている[3]

高校時代に役者になることを志し、大学を中退。夏木陽介が主催する「夏アクターズスタジオ」の一期生となる。

1988年に『超獣戦隊ライブマン』の大原丈(イエローライオン役)で本格デビュー[2]

1991年、「ファイト、一発!」でお馴染みの大正製薬リポビタンD)のCMに起用され、全国に名が知れ渡る[2]

1993年、『同窓会』では同性愛者の青年役を演じきり、世間に強烈なインパクトを残す。

1996年に女優、立原麻衣と結婚するが、2005年1月に離婚。なお、立原との間に子供はいない。

西村と國重友美は2005年夏にテレビ番組の共演で知り合い、國重の個展に西村が訪れるなどして急接近。2006年5月に結婚した。2008年1月24日に第一子(男児・2,915g)、2009年2月20日に第二子(女児・2,355g)が誕生。2015年冬に國重と離婚し、二人の子供の親権は西村が持つことになった。

2008年11月22日午前8時10分頃、目黒区下目黒目黒通りの歩道を自転車で走行中に路地から出てきた自動車と接触し、転倒。軽傷を負った。

人物・エピソード[編集]

芝居に対する姿勢は役柄に合わせて「カメレオンのように変える主義」で、「二枚目・三枚目などの認識はない」と述べている。

バラエティー番組には2000年代後半以降に積極的に出演するようになったが、20代から30代の頃は「役者は素を晒すべきではない」という自身のこだわりを貫いていたため出演がなかった。子供をもうけてから「役者である前に一人の人間だ」と考えを改めた。

リアルスコープ』などで鉄道好きであることを公表している[出典無効]。別番組では鉄道だけでなく、船好きであることも語っている[出典無効]

京都市役所の推進する「京都創生」に提言を寄せている1人。

やしきたかじんの親戚筋にあたる。

『ライブマン』の前年に『仮面ライダーBLACK』の南光太郎(仮面ライダーBLACK役)のオーディションを受けたが落選した[4]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

バラエティ[編集]

情報番組[編集]

語学番組[編集]

広告[編集]

  • 大正製薬リポビタンD(1991年 - 1998年)
  • 「日本に京都があってよかった」キャンペーンポスター(2004年 - 2005年、京都市役所)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 合成画面のイエローライオンも西村自身が着用した[2]

出典[編集]

  1. ^ 西村和彦、書家・國重友美さんと一昨年冬に離婚していた…遠距離生活ですれ違いサンケイスポーツ、2017.12.29
  2. ^ a b c d e 「LEGEND COMMENT_03 西村和彦」『海賊戦隊ゴーカイジャー公式読本 豪快演義』グライドメディア〈グライドメディアムック73〉、2012年6月1日、94頁。ISBN 978-4-8130-8173-9
  3. ^ Q+スポーツ部 生涯夢中! ハンドボール 琉球朝日放送ニュースQプラス
  4. ^ 『仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス』パンフレットインタビューより
  5. ^ “田辺誠一、キレまくるニューヒーローに! フジ系列連ドラ初主演”. ORICON STYLE. (2016年8月29日). http://www.oricon.co.jp/news/2077292/full/ 2016年8月29日閲覧。 

外部リンク[編集]