内田英治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

内田 英治(うちだ えいじ、1971年[1] - )は、日本映画監督脚本家ソニー・ミュージックアーティスツ所属。

ブラジルリオデジャネイロ出身[1]

略歴[編集]

リオデジャネイロで生まれ、父親の仕事の関係でブラジル国内で引っ越しを繰り返す。10歳のときに日本に帰国し、大分県で少年期を過ごす[2]

天才・たけしの元気が出るテレビ!!』のアシスタント・ディレクターとして、「ダンス甲子園」などを約1年間担当。その後海外放浪生活を経て、『週刊プレイボーイ』のライターとなる[3][4]

1999年、テレビドラマ『教習所物語』で脚本家デビュー。2004年に『ガチャポン!』で映画監督デビュー。2005年でテレビドラマ『劇団演技者。』の「ロンリー・マイルーム」で初演出を手掛ける[3]

『グレイトフルデッド』(2014年11月新宿ミラノ座にて公開)で海外映画祭初出品。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2013、ファンタスティックフェスト(テキサス州US)、レインダンス映画祭(ロンドンUK)、2015年には世界3大ファンタ映画祭のブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭(ベルギー)など多くの国際映画祭で上映されてイギリスのレーベル、サード・ウィンドウ・フィルムズで配給もされた。次作『下衆の愛』(2016年4月公開)はテアトル新宿にてスマッシュヒットを記録。本作は東京国際映画祭、ロッテルダム国際映画祭(オランダ)をはじめ、30以上の海外主要映画祭にて上映。イギリスではDVD販売、ドイツでは10館規模で公開された。海外映画祭サイトTaste of Cinema2016では日本映画祭部門の5位にランクイン。

主な作品[編集]

映画[編集]

注記ない場合は、監督・脚本担当

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]