Iターン (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Iターン
著者 福澤徹三
発行日 2010年8月9日
発行元 文藝春秋
ジャンル 経済小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判上製本
ページ数 352
次作 Iターン2
公式サイト bunshun.co.jp
コード ISBN 978-4-16-329460-5
ISBN 978-4-16-783841-6文庫本
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

Iターン』(アイターン)は、作家・福澤徹三による日本小説[1]。この小説を書いた理由として福澤は「悪と正義のどちらを選ぶか、自らを生きる道へと導くか、それとも自らを破滅の道に追い込むのかという、ある意味究極の選択を迫られた時に平凡なサラリーマンはどんな動きをするのだろうかというのに興味を持った」からだと述べている[2]

2019年7月13日からテレビ東京系「ドラマ24」でテレビドラマ化される[1]

ストーリー[編集]

広告代理店に勤務する男性が、ヤクザが行き交う“修羅の街”と呼ばれる場所にある支社において、毎日のように2人の組長に選択を迫られるさまを描く[1]

登場人物[編集]

書誌情報[編集]

テレビドラマ[編集]

Iターン
ジャンル 連続ドラマ
原作 福澤徹三 「Iターン」
脚本 内田英治
監督 内田英治
出演者 ムロツヨシ
古田新太
渡辺大知
鈴木愛理
毎熊克哉
塚原大助
菊池均也
森羅万象
田中圭
音楽 牧戸太郎
オープニング にゃんぞぬデシ
「勘違い心拍数」[3]
エンディング 竹原ピストル
「ON THE ROAD」
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
チーフ・
プロデューサー
阿部真士
プロデューサー 山鹿達也
坂下哲也
木下真梨子
岡宅真由美
編集 小美野昌史
制作 テレビ東京
AX-ON
製作 Iターン製作委員会
放送チャンネル テレビ東京
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2019年7月13日 -
放送時間 土曜 0:12 - 0:52
(金曜深夜)
放送枠 ドラマ24
放送分 40分
公式サイト

Iターン』(アイターン)のタイトルで、2019年7月13日からテレビ東京系「ドラマ24」毎週土曜 0時12分から0時52分(金曜深夜)に放送されている[4]ムロツヨシ古田新太のダブル主演[4]

キャスト[編集]

ゲスト[編集]

第1話

スタッフ[編集]

  • 原作 - 福澤徹三 「Iターン」(文春文庫刊)
  • 監督・脚本 - 内田英治
  • 脚本協力 - 李奈媛敦賀零
  • 音楽 - 牧戸太郎
  • オープニングテーマ - にゃんぞぬデシ「勘違い心拍数」
  • エンディングテーマ - 竹原ピストル「ON THE ROAD」
  • 編集 - 小美野昌史
  • 警察監修 - 石坂隆昌
  • タロット監修 - みさきのゑ
  • スタントコーディネーター - 吉田浩之(ゴールドフィッシュ)
  • ガンエフェクト - 近藤佳徳(アニーガンサービス)
  • CG - 日本エフェクトセンター
  • 技術協力 - IMAGICA
  • チーフ・プロデューサー - 阿部真士(テレビ東京)
  • プロデューサー - 山鹿達也(テレビ東京)、坂下哲也(AX-ON)、木下真梨子(テレビ東京)、岡宅真由美(アバンズゲート)
  • 制作 - テレビ東京AX-ON
  • 製作著作 - Iターン製作委員会

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
第1話 7月13日 内田英治 内田英治
テレビ東京 ドラマ24
前番組 番組名 次番組
きのう何食べた?
(2019年4月6日 - 6月29日)
Iターン
(2019年7月13日 - )
-

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]