千葉功太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ちば こうたろう
千葉功太郎
生誕 (1974-05-11) 1974年5月11日(45歳)
東京都千代田区
出身校

慶應義塾大学環境情報学部

麻布中学校・高等学校
職業 投資家経営者起業家

千葉 功太郎(ちば こうたろう、1974年5月11日 - )は、日本の実業家個人投資家。Drone Fund[1] 創業者/代表パートナー、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス 特別招聘教授、慶應義塾大学SFC研究所 ドローン社会共創コンソーシアム 上席所員、起業家コミュニティ千葉道場 主宰、The Ryokan Tokyoオーナー、Real Tech Fund クリエイティブマネージャーである。株式会社コロプラ元取締役副社長。

人物[編集]

東京都港区出身。

麻布中学校・高等学校を経て慶應義塾大学環境情報学部1997年に卒業後、株式会社リクルートに入社。

リクルートでは、メディアデザインセンター、電子メディア事業部に在籍し、ポケットイサイズの立ち上げに関わる。2000年株式会社サイバードに転職。エヴァンジェリストとしてモバイルコンテンツの普及を推進した。2001年、ケイ・ラボラトリー(現・KLab)取締役に就任。

2008年、KLab社にて親交のあった馬場功淳コロプラ社を設立[2]。同社副社長として、東証一部上場に導く。

2016年、コロプラ社を退社。役員を退任する。

2016年慶應義塾大学SFC研究所 ドローン社会共創コンソーシアム 上席所員に就任。

2017年ユーグレナリバネスSMBC日興証券の3社が運営する「リアルテックファンド」にクリエイティブマネージャーとして参画することが、「ICCカンファレンス FUKUOKA 2017」にて発表された[3]

2017年、Drone Fund 1号(正式名称:千葉道場ドローン部1号投資事業有限責任組合)設立。

2018年8月1日、Drone Fund 2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)設立。[4]

2018年12月19日、芸能事務所のワタナベエンターテインメントとマネジメント契約を結んだと報じられた。[5]

2018年12月20日、ホンダジェットの国内初購入者と報じられた。[6]

2019年4月、應義塾大学湘南藤沢キャンパス 特別招聘教授 就任。

脚注[編集]

  1. ^ Drone Fund” (日本語). Drone Fund. 2019年9月6日閲覧。
  2. ^ 社長を「採用」した男 千葉功太郎
  3. ^ 【速報】千葉功太郎氏、リアルテックファンドのメンバーとして参画!
  4. ^ Yoshida, Hiro. “ドローン関連スタートアップ支援の「Drone Fund 2号」が52億円調達” (日本語). TechCrunch Japan. 2019年9月6日閲覧。
  5. ^ 千葉功太郎氏が芸能事務所に所属する理由」『日本経済新聞』2018年12月19日
  6. ^ ホンダジェット、日本初納入 著名投資家・千葉氏に」『日本経済新聞』2018年12月20日

外部リンク[編集]