きじまりゅうた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

きじま りゅうた は日本料理研究家。祖母は料理研究家の村上昭子、母は同じく料理研究家の杵島直美。本名:杵島隆太〈読み同じ〉

来歴[編集]

1981年7月12日、生まれ。立教大学観光学部[1]卒業後、アパレルメーカー勤務を経て、料理研究家の道を目指す。母であり料理研究家の杵島直美の元でアシスタントを務めた後、独立。独立後は同世代のリアルな目線で作るアイデア料理を雑誌やサイト、料理番組などで発表している。現在、『きょうの料理』でおかず青年隊としても活躍中。趣味はサーフィンと音楽鑑賞(ブラックミュージックが主流)[2]。なお、NHKアナウンサー中山準之助、教育学者の清水邦彦は中高大学時代の同級生である。中山とは中高時代に同じクラスだったこともあり、「いつか番組で共演したい」と述べたこともある親友である。

出演番組[編集]

著書[編集]

  • 「定食屋さんのごはん」(マイライフシリーズ711特集版)(グラフ社、2008年)(※母である杵島直美と共著)
  • 「弁当男子」(自由国民社、2009年)
  • 「りゅうたのフライパンひとつで男めし」(泉書房、2009年)
  • 「ゼロからはじめる自炊の教科書」(大泉書店、2010年)
  • 「朝からうまっ 1分ごはん」(プレイブックス;P-908)(青春出版社、2010年)
  • 「男子が食べたいもの!」(セブン&アイ出版、2011年)
  • 「すぐウマ料理:ザザッと作っても、絶対ウマイ!」(レタスクラブmook)(角川マガジンズ、2012年)
  • 「朝あ分でできる丼弁当」(家の光協会、2012年)
  • 「おつまみハイボール亭:すぐにおいしい泡の友110」(池田書店、2012年)
  • 「100円でできる 3ステップでおいしい丼」([ブティック・ムック];[no.1107])(ブティック社、2013年)
  • 「テーブルマークの冷凍うどんで毎日食べたいレシピ」料理:市瀬悦子、きじまりゅうた 監修:テーブルマーク株式会社(主婦の友社、2014年)
  • 「今日も、カレー味、カレー粉のおいしい使い方 ちょっとこだわりのカレーとおかず」(誠文堂新光社、2015年)
  • 「ちょい仕込みCOOKING:簡単下ごしらえで夜が超ラク」(ORANGE PAGE BOOKS)(オレンジページ、2017年)
  • 「暑い季節を美味しくすごす 夏つまみ」(池田書店、2017年)
  • 「ぜんぶ簡単どんぶり」(はらぺこスピードレシピ)(世界文化社、2017年)
  • 「ぜんぶもやしレシピ」(はらぺこスピードレシピ)(世界文化社、2017年)
  • 「杵島家のおせち:料理家三代に伝わる、作りやすい!おいしい!」(エイムック;3885.ei cooking)(エイ出版社、2017年)(※母である杵島直美と共著)
  • 「簡単!極上!ヘルシー!わたしにご褒美スープ」講師:きじまりゅうた、鵜飼真妃、友利 新(NHKテキスト、NHK趣味どきっ!)(NHK出版、2017年)
  • 「きじまりゅうたの食材2つでうまいっ!146品」(GAKKEN HIT MOOK.[学研のお料理レシピ])(学研プラス、2018年)
  • 「毎日絶品!「サバ缶」おつまみ」(青春新書PLAY BOOKS;P-1113)(青春出版社、2018年)
  • 「今夜も絶品!「イワシ缶」おつまみ」(青春新書PLAY BOOKS;P-1124)(青春出版社、2018年)
  • 「きょうも明日も炒めもの」(学研プラス、2019年)
  • 「ズドン!とウマいやっこ豆腐」(永岡書店、2019年)
  • 「サバ缶&イワシ缶 5分でうまい!やみつきレシピ:朝食、家飲み、「もう1品」に」レシピ&料理製作:池田陽子、きじまりゅうた、馬田草織、うすいはなこ(日経BP、2019年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 立教と私ー140の未来ー[1]
  2. ^ みんなのきょうの料理[2]

外部リンク[編集]